2018-06

サプリメントの価格メモ

サプリメントの価格メモ

 Amazonと近所のドラッグストアのどちらが安いのかを確認するためのメモ。
 ※Amazonの表示価格は多分税込だと思う


2016年12月 

ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛 90粒
近所のドラッグストア … 税込1026円
Amazon … 通常 税込908円 定期おトク便 税込772円

アサヒグループ食品 ビタミンC 1000mg 120粒 
近所のドラッグストア … 税込610円
Amazon … 通常 税込460円 定期おトク便 税込391円


 今日の時点ではAmazonの方が安い。

筋トレ 【今週の予定】

筋トレ 【今週の予定】


11/21(月) 昼:ハンマーカール
        夜:インフルエンザ予防接種したため休み

11/22(火) 昼:カーフレイズ
        夜:ダンベルベンチプレス他、クランチ

11/23(水) 昼:ワンハンドサイドレイズ他
        夜:イベント参加のため休み

11/24(木) 昼:サイドベント
        夜:チンニング他

11/25(金) 昼:ハンマーカール
        夜:プルオーバー(胸)、クランチ

11/26(土) 昼:休み
        夜:パーシャルワンハンドサイドレイズ他

11/27(日) 昼:休み
        夜:休み


 今日、フレッシュな状態でのハンマーカールを久し振りにやった。10kgでも3セット出来たのが意外だった。その後1.25kg減らして3セット、更に1.25kg減らして1セット(追い込み)。
 2頭筋を全くやらないのはやはり怖いので、背中の日に、1セットだけ腕でやるチンニングを入れよう。


筋トレ、工夫(挑戦)が足りなかったことへの反省

筋トレ、工夫(挑戦)が足りなかったことへの反省


 最近、筋トレに創意工夫がちょっと足りなかった、惰性で筋トレを続けていたことにふと気付いた。
 成果が十分に上がっているのなら、そのままで良いけれど、そうでないならやり方を変えなくてはダメである。筋トレに関しては、半年やってもダメなら、それは更に半年やっても多分ダメである。何かを間違えている。

20161116_1.jpg

20161116_2.jpg

20161116_3.jpg

2016092901.jpg

 肩(三角筋)に関しては、2点も間違えていた。
 まず、週1回じゃダメ。
 そして、昼に肩1種目、夜に胸をやった後で肩1種目じゃダメ。

 だから、肩は週2回(火曜と金曜)鍛える。出来るだけ、火曜と金曜のメニューは変える。
 昼はやらず、夜2種目連続して鍛える。

 実際にやってみたら、翌日の三角筋中央部の「効いている」感が、全然違う。
 とりあえず、この新しいやり方で3月末までやってみる。

 腕に関しては、まだ変えていないけれど、次からは変える。
 上腕二頭筋をメイン鍛えているが、もう1年以上全然肥大していないんだから、そこをダーゲットにして鍛えるのは3月末まで中断する。代わりに、上腕筋をメインにする。

 即ち、腕はハンマーカールのみにして、他はやらない。

 3月末に、ガンダム鉄血のオルフェンズの2期が終了する。それに合わせて、鉄華団一般団員の上半身裸コスをやりたい。いや、やるのだ!
 そのために、上半身を鍛える!
 男にしか出来ないコスプレだから!


50才っていうか51才からの筋トレ

50才っていうか51才からの筋トレ

 最優先するのは胸、その次が肩(三角筋)、その次が背中、その次が大臀筋。
 51才にもなると体の回復が遅くなる。胸・背中・大臀筋といった大きな筋肉は特にそうだ。
だから、月曜=胸、火曜=背中、というように、大きな筋肉を連日で鍛えるのはキツイ。
 そういう条件でスケジュールを組むと、

月 肩 / 胸・肩

水   / 背中

金 臀 / 肩・肩



 次に鍛えたいのは首なのだが、背中の日はシュラッグをやるのでその前後には入れられない。そうすると、

月 肩 / 胸・肩

水   / 背中

金 臀 / 肩・肩
土 - / 首


 あと腕もやろうとすると、背中の日はチンニングをやるのでその前後には入れられない。そうすると、

月 肩 / 胸・肩

水 腕 / 背中

金 臀 / 肩・肩
土 - / 首


 逆転の発想で、腕と背中を同じ日にやる。本当は腕がフレッシュな状態でチンニングをやった方が良いと思うけど、日曜日にガッツリ鍛えるのは嫌だし、昼から夜まで遊びに出ていたら1週間に一度も腕を鍛えないことになるので、水曜の昼に会社でやる。
 あとは、空いている日に何を入れるか。軽いメニューしか入れたくないと言うか入れられないので、

月 肩 / 胸・肩
火 脇腹/ 腹
水 腕 / 背中
木 脇腹/ 腹
金 臀 / 肩・肩
土 - / 首


 昼休みにサイドベント、夜はクランチをやってみる。
 これで一応、目一杯入だと思うので、日曜日は完全休みにして、あと土曜日に余裕があれば腕をやることにする。

月 肩 / 胸・肩
火 脇腹/ 腹
水 腕 / 背中
木 脇腹/ 腹
金 臀 / 肩・肩
土 - / 首(・腕)
日 - / -

 これで完成。繋げて見ると、

月 肩 / 胸・肩
火 脇腹/ 腹
水 腕 / 背中
木 脇腹/ 腹
金 臀 / 肩・肩
土 - / 首(・腕)
日 - / -
月 肩 / 胸・肩
火 脇腹/ 腹
水 腕 / 背中
木 脇腹/ 腹
金 臀 / 肩・肩
土 - / 首(・腕)
日 - / -

 気になるのは、中2日で肩をやる点だ。痛みが出たら、無理せず休もう(金曜日の肩を止める)。

 とりあえず、このスケジュールで、10月の残りと、11月、12月、1月までの3ヶ月+α、やってみます。
 次のアイディアとしては、曜日でメニューを固定しないで、「中4日」というスパンで決める。
 胸のメニューは、アイディアが揃ってきたので、後日まとめておきたい。

筋トレ、プルオーバー始めました

筋トレ、プルオーバー始めました

 今週で、プルオーバーを始めて3回目。今のやり方で大丈夫そうな感じがしてきた。

 プルオーバーは、昔は筋トレの要10種目のうちに入っていたメジャーな種目だったそうだが、今はマイナーな種目になっているようだ。筋トレを取り上げている雑誌でも、ほとんど見かけることがない。
 私も10年前ほどから筋トレをやり始めているが、プルオーバーに注目し出したのは1年ほど前からで、ちゃんと取り組み始めたのは今月になってからである。

 プルオーバーには色々な種類があるが、私がやり始めたのは、胸に効かせるやり方。
 もっと正確に言うと、大胸筋・小胸筋を出来るだけストレッチすることを狙ったやり方。
 このプルオーバーでは筋肥大は余り期待できないが、肩周りのインナーマッスルに刺激を与えたり、関節の柔軟性を高めることで、怪我の予防になると思う。

 また、このプルオーバーでは極端に上体を反らせるため、やり終わった直後にクランチ(腹筋)をやらないとヤバイという気持ちになれる。クランチは、もうここ何年もサボり続けていたのだが、プルオーバーのお陰でやることが出来るようになった。

 今はウォーミングアップは5kg、メインセットは9kgでやっているが、肩か背中に痛みが出るようならウェイトを減らし、何なら5kgのみで4セットに変更する。怪我予防のためにやっている種目で怪我をしたら本末転倒だから。

筋トレの年間スケジュール【腕】

筋トレの年間スケジュール【腕】


 筋トレは、3~4ヶ月周期でやり方を変えた方が良い。何故なら、筋肉がそのトレーニングの刺激に慣れて(適応して)しまい、発達が鈍化するようになってしまうからだ。
 しかし、やり方を変えると言ってもいろいろあるわけで、何をどう変えたら効果があるのかは実際にやってみないと分からない。とろあえず、今までやったことの無いことをやってみるというのも有りだろう。


1月、2月、3月
・ダンベルカールの21レップ法…3セット
・ハンマーカールの21レップ法…2セット

 寒い時期は怪我のリスクが高まるので、基本的には「低負荷×高レップ」。
 ただのカールでは単調すぎるので、21レップ法を用いる。
 スピネイトさせず、左右のダンベルが1本のバーベルのように繋がっているが如く操作する(模擬バーベルカール)。
 シャフトは、中央を把持する。


4月、5月、6月、7月
・ダンベルカール…3セット(インターバル60秒)
・ハンマーカール…3セット(インターバル60秒)

 暖かくなってきたら、「中負荷×中レップ」。暑くなってきたら、「高負荷×低レップ」。
 スピネイトさせる。スタート位置では掌を体側に向け、挙げるに従って手首を回外させる。降ろすときは逆の動きで元に戻す。
 シャフトは、親指側を詰めて把持することで、スピネイトの効果を高める。手首を回外させるときは小指に力を入れることで、二頭筋の収縮を高める。
 負荷とレップは以下の通り(ダンベルカールの値)

4月 8.5kgで12レップ、8レップ、6レップ
5月 10kgで10レップ、8レップ、6レップ
6月 12.5kgで8レップ、6レップ、6レップ
7月 15kgで6レップ、6レップ、6レップ

 レップ数が落ちても(5レップ以下になっても)、負荷とインターバル(60秒)は変えない。負荷をかけることを優先する。これは今までやったことがないので、新しい刺激になるはず。


8月、9月、10月
・ベントオーバー・コンセントレーション・カール(昼)
・ナローグリップ・バーベルカール→ワイドグリップ・バーベルカール(夜)

 ベントオーバー・コンセントレーション・カールは、長頭を狙ったやり方で「中負荷×中レップ」。
 バーベルカールは、「高負荷×低レップ」で2セット、3セット目は「低負荷×高レップ」で追い込む。この時期は年間で最も筋肥大を狙うが、夜はトレーニング時間を出来るだけ短くして疲労を残さないようにする。


11月、12月
・腕で行う懸垂

 年の終わりは、刺激を変えるために自重トレーニング。
 出来れば、フレッシュな状態で、腕で行った場合に何回できるかをチェックしたい。


 本日の二の腕の周囲は左右ともに、伸ばした状態で28cm、力瘤を作った状態で32cm。身長比は、16%、18%となる。身長の20%だと35cmなので、これを目標にして頑張ろう。


前のページ 次のページ

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。