2017-10

えりかと小春がハロプロを卒業する件に関して

えりかと小春がハロプロを卒業する件に関して

 えりか(梅田えりか)が、10月に℃-uteおよびハロプロを卒業する。
 小春(久住小春)が、12月にモー娘。およびハロプロを卒業する。
 私にとって、えりかも小春も推しメンであるが、二人が所属ユニット及びハロプロを卒業することに関しては、歓迎している。もっと正確に言うと、ホッとしている。(関連記事は → こちら と こちら

 一般層からの人気がなくなった時期以降、ハロプロに於いては、「スタイルの良い美人」は人気が出ない。
 過去のモー娘。に於いては、かおりん(飯田圭織)がそうだった。
 現在の℃-uteに於いては、えりかがそれに該当する。
 最近のモー娘。に於いては、小春もその部類に属している。

 ここで言う「スタイルの良い美人」とは、「女性向けファッション雑誌の表紙を飾れそうな美人キャラクター」であり、舞美(矢島舞美)のような一寸野暮ったい面を残している和風美人は除外される。

 「美人アイドル」は人気が出ない。
 中学生のとき「可愛い系キャラ」だったアイドルが、高校生になって「美人系キャラ」になると、人気が落ちる。
 アイドルシーンに於いて伝統的なことなのか否かは良く分からないが、ハロプロ(ただし全盛期を除く)に於いては、この傾向が強い。少なくとも現時点のハロプロシーンを見渡すと、「スタイルの良い美人」のニーズが少ないことは事実である。

 一般的に「スタイルの良い美人」はニーズがある。「スタイルの良い美人」のニーズが少ない場所というのは特殊で狭い場所であり、そういう場所に、えりかや小春が留まる必要は無い。
 えりかや小春は、「スタイルの良い美人」が求められる場所、即ち一般的で広い場所へと移るべきなのだ。

 一般的で広い場所は多くの人から注目されるが、同時に多くの人が目指す場所なので、競争も激しい。ハロプロ内では「スタイルの良い美人」である、えりかや小春と言えども、そう簡単には注目してもらえないだろう。
 しかし二人には、ライブという場数を踏んだことによるパフォーマンス力がある。それを武器にして、頭角を現して欲しい。

 とにかく…
 えりかも、小春も「スタイルの良い美人」なのだ。身のこなしのセンスも良い部類に属する。
 そんな彼女達が、30過ぎのオッサンの群れがオイオイ騒いでいるコンサートや、増してや握手会などに出ている現状は、どう考えても間違っている。

 一般論は、ここまで。
 えりかと小春、それぞれに関しては、別の記事にて。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/999-0314c23b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。