2017-10

冬のボーナスで購入するコス衣装を、もうそろそろ決めておかねば

冬のボーナスで購入するコス衣装を、もうそろそろ決めておかねば

 もぉ~♪ 3ヶ月経てば、おボォゥナスゥ~♪
 12月10日にボーナスが支給される。このボーナスの一部を、オーダーメイドのコスプレ衣装の購入費に充てるのだ。

 仕様書を3社に同時に出し(合い見積もり)、1社に注決するまでに1ヶ月かかるとする。支払いは注決日、これが12月10日であることが理想。
 ということは、11月10日に仕様書を完成させておかないといけない。
 仕様書を作成(推敲含む)するのに1ヶ月かかるとすると、10月10日に仕様書を書き始めないといけない。
 当然、それまでに何の衣装を発注するのか決める必要がある。つまり、もうそろそろなのだ。
 
 現時点で、候補は二つ。
 ・通称「ブラック専務」(正式名称「ブラックピューマ」)
 ・通称「ダーク専務」(正式名称「ダークシュトルム」)
 この、どちらか。
 両方とも、『しゅごキャラ!』の星名専務のキャラなりである(当然ながら捏造)。
 ・ブラック専務…ヨルとのキャラなり
 ・ダーク専務…ダイヤとのキャラなり
という脳内設定なのだ。

 ブラック専務に関しては、既成品のコス衣装と一般の衣装と自作の小道具を組み合わせたコスを、既に行っている(その記事は → こちら
 当初は、このブラック専務の衣装をオーダーメイド化した衣装を発注し、それをゴールデンウィークのコスイベントで初出ししようと考えていた。
 しかし今、そうすることに対して迷いというか躊躇が生じている。

 理由は二つ。
 一つは、腹出しコスなので、コスするためには1ヶ月間のダイエットが必要となること。これは既に一度経験済みなのだが、それなりに大変だった。アレをもう1回やるとなると、正直ちょっと気が滅入る。
 捏造キャラなりなので、腹出し衣装ではないという設定にすることも可能だが、それだと「腹出しから逃げた」ことになる。ヨルとのキャラなりでは、例えどんなキャラでも腹出しは必須だと思っているので、ここは変えられない。ブラック専務をやるからには腹出しコスだ。

 ためらっているもう一つの理由は、ブラック専務がブラックリンクスと似ていること。
 ブラック専務の設定が「基本的にはブラックリンクスの一臣バージョン」なので、これも変えようがない。ライダーに例えると、ブラックリンクスとブラック専務は、仮面ライダー1号と2号のようなものなのだ。
 もちろん全く同じではなく、違いは設けてある。衣装等をパッと見で分かる違いとしては、

・ブラック専務の腕にはアームカバーが無く、その代わりにリストバンドを嵌めている。
・ブラック専務の脚には拘束ベルトが無く、その代わりにシルバーの装飾チェーンが付いている。
・ブラック専務には、猫耳と尻尾が無い。
・ブラック専務の髪の色は黒で、髪型はオールバック。

の4点である。これだけあれば充分だという気もするのだが、

・全体的なデザインとカラーリングが同じ。
・胸に大きな十字架状のペンダントをぶら下げている(十字架のデザインはディティールを変えてあるが、大きな変更ではない)。

という強力な共通点がある。これはヨルの属性なので、変えることが出来ない。
 この「違ってははいるものの、かなり似ている」コスを私のような四十路のオッサンがやることで、ブラックリンクスというキャラに迷惑をかけることになるような気がして、引け目を感じてしまうのだ。

 ブラックリンクスのコスしているレイヤーが、もしイベント会場で私のブラック専務と出くわしたら、どう感じるだろうか?
「何だ、このオッサン? ブラックリンクスみたいな格好してる! 一体どういうつもりだ!?」
と不愉快になることも充分に考えられる。ブラックリンクス以外の『しゅごキャラ!』キャラのレイヤーも、同様だろう。仮に事情を説明したとしても、ブラック専務が「捏造キャラなり」だという時点で、ダメ出しする人もいる筈だ。

 このシチュエーションを想像すると、私自身も相当気まずい。相手から「充分ありだと思いますよ!」とか好意的に見てもらえない限り、
「オッサンが、ブラックリンクスもどきのコスをしちゃってゴメンナサイ」
「捏造キャラなりしちゃってゴメンナサイ」
という気持ちになってしまうだろう。

 一方、ダーク専務は、パッと見では何のコスだか分からない。『しゅごキャラ!』キャラのレイヤーであっても、20人中19人には気付かれない自信がある。何故なら、

・アミュレットダイヤとダークジュエルを足して2で割ったようなデザイン。
・基本色は黒(濃紺)で、要所に黄色が入る。

であるからだ。正直、自分でも先入観ナシでこのキャラのデザイン画を見たら、『しゅごキャラ!』の捏造キャラだとは気付かないと思う。ここがブラック専務とは大きく違う。
 私が、ダーク専務のコスをしてイベント会場を歩いていたとしても、
「あ、オッサンが“アミュレットダイヤとダークジュエルを足して2で割ったような捏造コス”をしている!」
と気付く人は、まずいない。気付かない(スルーされる)のだから、そのことで不愉快になる人もいない。つまり、ダーク専務をイベントで出すことに関しては、特に問題が生じない。

 う~ん、どうしようかな~。
 ダーク専務にしておけば間違いはないのだけれど、ブラック専務も腹出しが出来るうちにやっておきたいんだよな~。出来るとしても、せいぜいあと3年間くらいだろうし。(50才に近付けば全体的に筋肉もたるんでくると思うし、流石に腹出しは無理だろう)

 そういえば、12月のボーナスで大物家電等を買う予定はない。ブルーレイ導入も、2010年の夏以降と決めている。
 つまり、新作オーダーメイド衣装を一気に2着購入することも、予算的には可能なわけだ(年間コスプレ予算の大半を使い切ることになると思うが)。
 とりあえず、2着とも見積もりを出してみようかな…
 おっと、そうすると仕様書の作成を急がねば。10月は3大イベントもあるし、かなり忙しい月になりそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/998-7ea49153

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。