2017-08

「捏造キャラなり」=「星名一臣(専務)とヨルとのキャラなり」をコスしてみた!

「捏造キャラなり」=「星名一臣(専務)とヨルとのキャラなり」をコスしてみた!

 イクト、歌唄、ガーディアンのメンバー、しゅごキャラ達が、絶体絶命の大ピンチ!
 かろうじて脱出できたのは、ヨルだけ。残された仲間を救う方法はただ一つ、それは、ヨルが専務(星名一臣)とキャラなりすること!
「頼むにゃあ!!」ヨルの純粋な叫びに、一臣の贖罪の決意が共鳴する!
20090818c01

 とっくの昔に“少年”ではなくなったにも関わらず、『少年マガジン』を堂々と立ち読みしている(ときどき買っている)私でも、『なかよし』に連載されている『しゅごキャラ!』をリアルタイムで読むことは流石に出来ない。
 よって、『しゅごキャラ!』に関して私が知り得る最新情報は、アニメ最新話とコミックス最新巻(現時点では9巻)のものである。(ネタばれが大嫌いなので、番組HPその他はチェックしていない)
 だから、私があれこれ推測していることは、既に漫画で結論が出てしまっていることも多いだろう。それでも、『しゅごキャラ!』に関する私の空想は止まらない。

 専務(星名一臣)は、9巻の最後でエンブリオを鷲掴みにして持ち去っている。最初は肉眼では全く捉えることが出来なかったエンブリオを、いつの間にか生で目視出来るようになっていたのだ。×たまに関しても、ほぼ間違いなく目視出来ている。
 エンブリオや×たまが見えるようになっているのならば、しゅごキャラも見えるのではないか?

 と言うよりも、一臣は子供の頃、キャラ持ちだったのではないか?
 そうでなければ、大企業の専務ともあろう男性が、自分の目には見えないエンブリオ(コミックス8巻の時点では見えていない)や“こころのたまご”に関する一連の事柄を、あそこまで純粋に信じられるだろうか?
 一臣は、私が知る限り、“こころのたまご”やエンブリオの存在を微塵も疑っていない。
「実際には、“こころのたまご”など存在せず、研究が進めば他の何か科学的な現象として解明できる」という風に考えている様子は全く見られない。一臣は、しゅごキャラに関してもその存在を純粋に信じているのだと思う。その時点で既に、普通の大人よりも遥かにキャラ持ちに近いと言える。

 オッサンである私は、そんな一臣を単なる悪役のオッサンキャラだとは思いたくない。
 ダース・ベイダーみたいな、ワケ有りでダークサイドに堕ちた戦士のようなキャラだと思いたい。
 一臣も二階堂先生のように善なる心を取り戻し、イクトやガーディアン達に対して贖罪するという展開を、私は期待しているのだ。

 更に、平成仮面ライダーでもオッサンキャラがライダーに変身している(『アギト』、『龍騎』、『電王』劇場版)ように、『しゅごキャラ!』でもオッサンキャラにキャラなりして欲しい。
 つまり、現時点では悪役である専務(星名一臣)にも、いつかはキャラなりして欲しいのだ!
 それが公式には在り得ないなら、自分がコスプレで具現化するしかない!

 「私の心、アンロック!」
20090818c02

 一臣の贖罪の決意が、心の解錠を成し得た瞬間!…のつもり。
20090818c03
 シャツの白が上手い具合にハレーションしてくれたことで、一応それっぽく写っているような気がして嬉しい。やっぱり、幾つになっても変身シーンには憧れるなぁ。

 そう言えば(星名専務とヨルのキャラなりというのは別として)、「○○の心、アンロック!」のシーンの真似は、コス画像では意外に見かけない。『しゅごキャラ!』ファンなら、やってみたくなるものだと思うのだが…。
 それとも、女性レイヤーは“変身シーン”に対してさほど魅力を感じないのか? 特撮作品のコスプレでも、男装レイヤーによる変身シーンのコス画像って、ほとんど見ないもんな。男性レイヤーのは、たまに見かけるけれど。

20090818c04
 アニメでは、キャラなり発動シーンは全裸のイメージ。そこで、男性レイヤーにしか出来ない「上半身リアル裸」をやってみようかとも思ったのですが、「上半身裸で髪の色が黒」では星名専務ではなくなってしまうので、やめときました。それに、貧相な身体でやったところで、イメージに合わないし…
 でも、ベンチプレスで自分の体重を挙げられる(セットを組める)ようになったら、やっちゃうかも?

「キャラなり、ブラックピューマ!」
ブラック専務ジョジョ風

 星名一臣とヨルとのキャラなり。
ブラック専務ほぼ正面決定版

 通称“ブラック専務”、正式名称は“ブラックピューマ”。
 ピンチに陥ったイクト達を助けようとするヨルの意思を、一臣が贖罪の決意を以って受け入れることで、心の解錠が発動した。
ブラック専務は闇のヒーロー_2

ブラック専見返り

2009090502

 基本的にはブラックリンクスの一臣バージョンだが、猫耳と尻尾がない等、ディティールは異なる。
 これは、星名一臣の人格がほとんど完成されており、ヨルの非人間的外見要素の発現が抑制されているためである。決して「恥ずかしいから」・「みっともないから」ではない。

 写真を一杯撮ったので、(その2)へ続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/994-89282501

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。