2017-08

『COS-MIX! in 進修館』レポートその3

『COS-MIX! in 進修館』レポートその3

 この日は疲労と暑さのため、私が星名一臣コスをしていたのは1時間程度。それでも襟足に汗疹が出来てしまった(普段は背広を全く着ないので体がビックリした?)のだから、1時間で上がって正解でした。
 よって、撮らせてもらった写真は少しだけ(初めて一眼レフを使ったため操作に戸惑い、シャッターチャンスを逃したことも一因)。
 その少ない中から、『しゅごキャラ!』以外のレイヤーさん達の写真を紹介します。

 狭山機動要塞司令殿による、“統合幕僚長及び海上幕僚長たる海将”のコスです。
海将フルショット

 コスイベでは珍しい、実在する軍属のコスです。即ち、リアル軍服コス!
 私は完コスとかには全然こだわらないタイプなのですが、ここまでビシッと決まっていると、やはり凄いと思います。
 まさに、「男性レイヤーここに在り」、「オッサンレイヤーここに在り」という存在感・説得力を感じさせるコスで、渋さとカッコ良さが共存しています。これぞ、「渋カッコイイ」!
海将フルショット斜め

海将ウエストショット
 実際に袖の辺りを触らせてもらったのですが、サラサラ感はあるものの結構生地が厚かったので驚きました(一般的な冬用の背広よりも、明らかに厚かったと思います)。当日このコスをしているのは相当暑くて大変だったと思うのですが、汗を拭う時でさえ凛とした雰囲気があって、本当に軍人(自衛官)のような佇まいをされていました。
 なお、この軍服は式典用の夏服であり、実務用の夏服は流石に半袖だそうです。


 次は、太刀花ローザさんによる、キンタロスのコスです。
キンタロス_1

 このコスは、もう限界に近い暑さなのではないでしょうか。撮影許可をもらう際、マスク越しに聞こえた声も、相当きつそうな感じでした。
 にもかかわらず、私がカメラを構えると、この通りポーズを決めて下さいました。
キンタロス_2

 ただの格好付けではなく、本当に中で筋肉と骨格にビシッと力が込められているのが、スーツ越しにハッキリと伝わって来ました。だから、このポーズは本物です。
 しかも、完全に一発でこのポーズを決められました。だからこのポーズは力だけではなく、技でもあるのです。実際に体を動かして反復練習をしていなければ、一発でこの完成度の高いポーズを決めることは出来ないと思います。私も見習わないと!

 なお、この日はモモタロスのレイヤーさんもいたのですが、撮らせてもらおうと思ったときには既に姿が見えませんでした。
 ガンキャノンの擬人化コスをされた女性レイヤーさんも見かけたのですが、撮らせてもらう機会を逸してしまいました。
 またの機会に期待します。(ガンキャノン擬人化レイヤーさんは、10月のガンダムコスプレフェスティバルでお目にかかれると良いのですが…)

 滞在時間は過去最短となったイベントでしたが、『しゅごキャラ!』コスも含め、収穫は大きかったです。
 男子更衣室が倉庫ではなく、空調(冷房)の効いた和室だったのも有り難かった。COS-MIX!さんのイベントには、また参加したいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/974-3a9b21b3

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。