2017-08

『COS-MIX! in 進修館』レポートその1(『しゅごキャラ!』編)

『COS-MIX! in 進修館』レポートその1(『しゅごキャラ!』編)

 行くか行くまいか迷っていた7月19日の『COS-MIX! in 進修館』。結局、疲れた体に鞭打って(ちょっと大袈裟)、『しゅごキャラ!』の専務こと星名一臣のコスをしてきました。
 でも、実際の話、ホントに迷った。
 ワンフェスのチケット(公式ガイドブック)を買うことを優先して、キャリーケースを引き摺りながら秋葉原まで行き、お腹が空いたから『とうや』で昼食摂って、東武動物公園駅まで戻って来たら既に13時過ぎていた。空もどんよりして今にも雨が降りそうだし、そのくせ蒸し暑いし、体もダルイ。

 『コスプレイヤーズ アーカイブ』を見て『しゅごキャラ!』の合わせがあることを知り、主催者のあたるさんに写真撮影の許可は貰っていたけれど、合わせに参加するわけはなく(この合わせは女性限定)、カメラマンをやると約束したわけでもない。
 電車の中でBuono!のアルバムを聴いていなかったら、絶対に進修館に向かっていなかったと思う。

 そんなこんなで、初出しとなった『しゅごキャラ!』の専務こと星名一臣のコスがこれだ!(写真は狭山機動要塞司令殿に撮って頂きました。どうも有り難うございました)
一臣・フルショット

 「もうそろそろ、エンブリオが現れるはず…」と空を見上げる星名一臣。
 音叉(アニメ版)を持っていなかったら、ただの背広姿のオッサンなのですが、スーツ・シャツ・ネクタイ・靴、全てこのコスのためについ最近購入したものです。ちなみに、ネクタイは同系色のものを3種類買って、実際に締めた際に一番アニメに近いと思えた色を使っています。
 音叉は手作りで、ダンボールベース。スポンジベースで作った試作品も合わせると、製作時間は5時間以上(図面引いてい時間を含む)かかっています。自分でもアホじゃないかと思うけど、少なくともそれなりにキャラに近づける努力をしているので、“着ただけ”とは言わせませんよ!

 これも狭山機動要塞司令殿に撮って頂いた1枚。背景も含め、とてもイイ感じに撮って貰えて感激です。
一臣・ウェストショット

 この1枚に限って言えば、自分でも割と専務っぽいと思います。特に、額のナチュラルな禿げ上がり具合には自信あり! 一般的なコス用のウィッグでは、このリアリティは出せませんよ、フッフッフ。

 私の実年齢は44歳なのですが、もっといっているように見えるでしょ?
 特に老けメイクはしていない(むしろ不自然に目立つシミはコンシーラで隠している)のですが、朝ヒゲを剃って顔を洗った後、ヒゲを剃った部位以外にローションを塗らなかったことが効果を上げていると思います。(普段は髭剃り&洗顔すると顔の肌が突っ張るので、ヒゲを剃った部位を中心にしつつも顔全体にローションを塗るのですが、そうすると目の周りの細かい皺が、若干ではあるが目立たなくなってしまう)

 しかしそれ以上に、今回は「疲労に優る老けメイクはない」こと実感しました。40代は、疲労が如実に顔に出ると言うか、疲れると明らかに老けて見えるのです。結果的に、今回は最高のコンディションで星名一臣のコスが出来たと思います。

 そんな自己満足は、家に帰って画像を確認してから沸いてきたモノ。
 当日の目当ては飽く迄も『しゅごキャラ!』合わせの撮影にありました。
 というわけで、『しゅごキャラ!』編その2へ続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/971-06a5acb1

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。