2017-08

『しゅごキャラ!』と特撮に関する話

『しゅごキャラ!』と特撮に関する話

 アニメ『しゅごキャラ!』が面白い。
 観始めたのは、アニメのタイトルが『しゅごキャラ!!どきっ』になってから(それも、ラーメン通の少年が登場した回以降)であるが、初期の話が気になってDVD『しゅごキャラ!』の第1巻と2巻を買ってしまった。

 観始めた当初は、“キャラチェン”と“キャラなり”の関係とか、変身ものとして設定が気になっていた。従来の変身ヒロインものと比べると、ちょっと新しい要素(変身そのものの位置付けを含む)が入っているように思えたのだ。つまり、飽く迄も「変身もののバリエーションの一つ」として、その構造やパターンを把握したいという気持ちが強かった。

 現在放送中の『しゅごキャラ!!どきっ』は、玩具メーカーがメインスポンサーではないようだ。少なくとも私が観た範囲では、変身玩具やなりきりグッズといった、男児向け作品では主力商品となっている玩具のCMは流れていないと思う。これは、男児向けの変身ものである戦隊シリーズやライダーシリーズとは大きく、そして決定的に異なる点である。

 このことにより、「変身アイテム等を毎回登場させなければならない」即ち「変身シーンと戦闘シーンを毎回入れなければならない」という作品上の制約が、戦隊シリーズやライダーシリーズと比較すると大きく緩和されているようだ。回によっては、変身(キャラチェン、キャラなり)シーンや戦闘シーンが全く存在せず、純粋な人間ドラマだけで構成されている場合もある。

 変身シーンや戦闘シーンをカットできる回は、その分、人間ドラマを広く、あるいは深く描くことが出来るわけで、当然ながらその内容は充実する。また、変身シーンや戦闘シーンが必要なくても成立するドラマに無理やり変身シーンや戦闘シーンを捻じ込むような不自然さが生じないため、話全体のクオリティが向上するという面もある。
 変身シーンや戦闘シーンが少な過ぎるとなると考えものだが、『しゅごキャラ!』のようなメリハリのある構成は、正直言って羨ましい。男子向け変身ヒーロー番組を見ていると、「ここはもう少し人間ドラマを掘り下げて欲しいなぁ」とか「何故、ここで戦う必要があるんだろう?」と思えるシーンに遭遇することがあるからだ。

 とにかく、『しゅごキャラ!』は、キャラもストーリーも良く出来ている。
 男児向けの変身ヒーロー番組が好きなオッサンが観ても、普通に面白い。
 こんなことなら、最初(『しゅごキャラ!』第1話)からTV視聴しておくべきだったと大いに後悔しているのだ。
 特撮ファンは、今からでも遅くないから、観るべし観るべし!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/945-e30fddd4

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。