2017-11

男装レイヤー必見の画像(PV)発見! やっぱり男装コスに濃いメイクは必要ない!!

男装レイヤー必見の画像(PV)発見! やっぱり男装コスに濃いメイクは必要ない!!

 濃いノーズシャドー、フェイスラインへの濃いシェーディング。
 そんな厚化粧は、男装コスには必要ない(『北斗の拳』のユダのような、厚化粧をしていると思われる男性キャラの場合は除く)。

 それどころか、一般的な女性のメイクのままでも、男装コスが成立する場合すらあるのだ!

 論より証拠。とりあえず、『Dohhh UP!』にupされている『青春バスガイド』のPVを観て頂きたい。       ↓
  『Dohhh UP!』の『青春バスガイド』ビデオクリップ

 私も初めて視聴したときは驚いた。何しろ単に学ランを着ただけで、ベリーズ(Berryz工房)のメンバーが、それなりに男性(美少年)っぽく見えてしまうのだ。
 そう、学ランを“着ただけ”。
 文字通りの、着ただけ。

 コスプレの世界では否定的な意味で使われる言葉の通り、このPVにおけるベリーズメンバーの男装は、髪やメイクは女性のまま、衣装のみ男性のものに替えているだけである。
 それでも、それなりに男性(美少年)っぽく見える。カット割が細いうえ、ネット配信のため画質が低くなっていることも作用しているとは思うが、引いた絵だけではなくバストショットでも男性(美少年)っぽく見えるのだから驚きである。
 何故、こんなことが起こるのか?

 第一に、身体(シルエット)から女性らしいラインを消していることが挙げられる。
 胸を潰し、腰のくびれと臀部の女性的なラインを目立たないような男性衣装を着れば、若い女性(しかも現役アイドル)であっても、男性を装うことが出来るのだ。
(メンバーの中でも友理奈と茉麻は見事なクビレ体形を有しているのだが、男装時にはそれを完全に消し去っている)

 第二に、睫毛の化粧の仕方である。
 このPVで、私が唯一「(男装としては)気持ち悪い」と感じたのは、梨沙子の男装である。
 梨沙子の場合、睫毛を目立たせるメイクをしている(あるいは元々睫毛が長い?)ので、男装として見た場合は気持ち悪くなってしまうのだ。(もちろん、女の子としては普通に可愛い。一度だけ梨沙子と握手したことがあるが、そのときは睫毛のことなど気にならなかった)

 つまり、男装に「女特有の“記号”が入っている」と、パッと見て気持ち悪くなるのだ。
 ちなみに、長い睫毛であっても、化粧が施されていないナチュラルな状態であれば、パッと見て気持ち悪くなることはない。これは、睫毛の長い男性(もちろんノーメイク)と接したことがある人なら分かるはずだ。
 このPVにおいて、梨沙子以外のメンバーも普通に睫毛のメイクをしていると思うが、パッと見て目立つレベル(いわゆる“バサバサした感じ”)ではないので、特に不自然には感じられない。

 第三に、眉毛。
 こればっかりは、やはりキリッとしていた方が、より男性っぽく見える。
 例えば友理奈は、キリッとしているはずの眉が前髪で隠れてしまっている(しかも普段と比べると細眉にしている?)ので、今回のPVではせっかくの“イケメン系美少女”としての特性が発揮されていない。
 一方、女性として普通の眉毛をハッキリ見せている雅の美少年っぷりは、なかなかどうして大したものである。雅はクールな美形ではあるものの、決して男顔ではないと思うのだが…。

 今回改めて分かったこと、それは
「やっぱり、男と女の顔は、そんなに違わない」
ということである。
 だから、男装メイクと称して、余計な濃いメイクをすると、不自然で気持ち悪くなってしまうのだ。

 桃子なんか典型的な女顔だと思っていたのに、着ただけの男装をしても全然変じゃないもんな。
 化粧をナチュラルメイクにして、唇の色が目立たないような“必要最小限の男装メイク”を施せば、桃子も男装レイヤーとして充分通用するだろう。

 最近痩せて、めっきり女っぽくなってきた茉麻も、もともと骨太なだけあって、男装が様になっている。女性にしては太目の眉も、男装映えしている。
 キャプテンの佐紀は、顔自体は優しくて女顔だと思うのだが、眉頭を太めにしていることが効果を挙げている。
 千奈美は、友理奈と並んで、男装のハマリ役だ。今回、友理奈とはまた別の意味で、「男と女の顔は、そんなに違わない」ということを証明してくれている。ちなみに、友理奈は美形に属し、千奈美は愛嬌に属する。


 幸いにして、私が今まで出合った男装レイヤーは、9対4で、ナチュラル系のメイクの方が多い。
 『ガンダム00』の男装レイヤーに関しては、全体でもナチュラル系のメイクの方が多いように思える。

 女性にしては体付きがガッシリしていたり、男っぽい性格と見受けられる男装レイヤーが、濃いノーズシャドーなどの厚化粧をしているのを見ると、心底ガッカリする。

 本当に“男性を装う”意思がある男装レイヤーには、どうかナチュラル系のメイクをして欲しいと切に願う次第である。
 その方が、絶対カッコイイってば。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/944-d42073d8

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。