2017-08

『バットマン ビギンズ』

『バットマン ビギンズ』
  2005年の映画館で観た映画:18本目
  映画を観た日:2005年8月6日(土)


 最初に書いておくが、この映画『バットマン ビギンズ』は、現時点で今年最高の映画である。

 前売り券を買っていたのだが、観るのが遅れに遅れて8月6日。前売り券を買った丸の内ピカデリーでは、既に上映が終わってしまっている。仕方なく向かった劇場は新宿ピカデリー4。座席数が、たった44席しかないミニシアターである。
 ちなみに銀座シネパトス3でも上映しており、こちらは座席数72。本当はそっちの方に行きたかったのだが、前売り券が使えるかどうか分からなかったことと、『亡国のイージス』とハシゴするタイムスケジュールの関係上、新宿ピカデリー4を選択せざるを得なかった。
 何しろ44席しかないから前もって座席指定券を入手せねばなるまいと思い、『亡国のイージス』を観る前にチケットの引き換えに行った。しかし、『バットマン ビギンズ』の整理券(座席指定券ではない)は、15時(映画開始の1時間30分前)からしか発行しないとのこと。
 『亡国のイージス』を観終えて再びテケツに行くと、「17番」の整理券を渡された。
 テケツから上に伸びる階段の壁に、番号が書いてある。整理券をもらったら、その番号の位置に並んで待つことが出来るのだ。しかし、この階段は全く空調が効いていない。冬はガチ寒いだろうし、夏である今はモロ蒸し暑い。もう季節感満点である。(ちなみに、劇場内も入場してしばらくは冷房の効きが悪く感じられたが、上映開始頃にはしっかり冷えていた) 
 暑さに耐えて階段で待つこと15分、劇場内に入る。予想通り、スクリーンは小さい。ミニシアターというよりホームシアターに近いというのが第一印象だった。しかし、思い切って最前列に座って映画を観たら、映像の質は充分に高く(画面の粒子がキメ細かくて緻密)、スクリーンの小ささもそれ程に気にならなかった。最前列でスクリーンがかなり近いため、普段よりも目が疲れたが、それも許容範囲といったところ。もっとも、それも『バットマン ビギンズ』という作品が「当たり」だったからこそ、なのかも知れない。

 私はバットマンには詳しくなく、映画も過去2本を各1回観ただけである。そんな私が、映画の世界にスーッと入っていくことが出来た。タイトルに『ビギンズ』とあるのは伊達ではなかったのだ。
 
 全くのゼロから始まるヒーローというのが、私にとっては新鮮だった。私は平成仮面ライダーシリーズを観ているが、現在の『響鬼』、前作の『剣』はともに「ヒーロー(組織)は既に出来上がっている」ところから物語が開始されている。ヒーローが存在していることが当たり前、存在することが前提の世界なのだ。
 しかし、この映画は違う。ヒーローがいないことが当たり前。ある意味リアルである。リアルと言うよりも、シリアスと言うべきか。私たちの住む現実の世界にも、ヒーローなどいない。
 ヒーローがいなかったら、どうするのか? 
 前々作の平成ライダー『555』でも、最初はヒーローがいなかった。ヒーローは、第三者によって変身装備一式が与えられたことによって出現した。いわば「第三者によって与えられたヒーロー」である。
 この映画のヒーローは、そうではない。ヒーローのいない世界に住む主人公が、自らの意思で自らをヒーローへと仕立て上げていくのだ。「第三者によって与えられたヒーロー」ではなく、装備も、姿(モチーフ)も、戦略も全て自分で造り上げた「自己発生型ヒーロー」なのだ。

 復讐心に突き動かされる自分を嫌悪し、単に犯罪を憎むのではなく犯罪者自身を知るために自ら犯罪者となる。この屈折した、しかし「そうする以外に彼は何をすれば良かったのか?」と思わざるを得ない行動に惹かれてしまう。
 「復讐は正義ではない」という主人公。これは、アメリカの国家としての信条である「報復は正義」を真っ向から否定しているように思える。その意気や好し。
 この映画のヒーローは、「なぜ、蝙蝠をモチーフにした姿を選んだのか」という問いに対して、明確に答えている。これが、「ヒーローのカタチ」に強い説得力を与えている。意味があるものは、強い。意志が込められているものは、強い。だから、この映画に登場する「自らの恐怖対象を形取った暗黒の騎士」の姿には、信念と覚悟、そして存在感が感じられる。

 コミック的な外連味を極力抑えた、リアル(現実)と言うよりも、シリアス(深刻)な世界観も良い。この映画のゴッサムシティは、漫画の国でも御伽の国でもない。シリアス(深刻)な問題を抱えた、私たちの社会の暗黒部の縮図である。私たちの心の縮図である。「復讐は正義ではない」という主人公の信念を、本当にずっと自分の中に飲み込みんでい続けることが出来るのかということも含め、私たちの縮図なのだ。

 是非とも、同じキャスト、スタッフによる続編が見たい。その為にもDVDは“買い”である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/94-295900c5

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。