2017-08

男装コス時のメイクは、素顔に近いナチュラルメイクが理想である ~ ノーズシャドーは、最悪の男装メイクだ ~

男装コス時のメイクは、素顔に近いナチュラルメイクが理想である
        ~ ノーズシャドーは、最悪の男装メイクだ ~

 男装レイヤー(男性キャラのコスプレをしている女性)のほとんどが、胸を潰す処理を施していることから、男装レイヤー側にも「女性らしさを消して、男性に近づける」意識があることは間違いない。男性レイヤーはもちろん、一般の『ガンダム00』視聴者も、“乳房のあるロックオン”など見たくないという人がほとんどだろう。
 この点においては、男装レイヤーと男性レイヤーの意識は一致している。

 その一方、明らかに女性的な化粧(いわゆる厚化粧)をしている男装レイヤーを見て、男装レイヤーと男性レイヤーの意識に隔たりを感じることも少なくない。彼女達は、何故あんな厚化粧をしているのだろうか?
 私が男装コス時のメイクとして理想的だと思うのは、素顔に近いナチュラルメイクである。
 具体的には、『簡単! 熊田的 愛されボディメイク』(著:熊田曜子、発行:ゴマブックス、ISBN978-4-7771-1179-4C0076)の68ページから69ページに掲載されている【ナチュラルメイク】を見て頂きたい。これで、グロスに光沢がなかったら、男装メイクとして正に理想的なのではないか。
 
 該当ページをスキャンしてupしたいのはやまやまだが、流石に著作権法違反になるので、本の表紙だけ紹介しておく。
熊田的 愛されボディメイク

 男装レイヤー必見の一冊だと確信する。
 68ページの【ナチュラルメイク】から続く、【小悪魔メイク】、【お姉さまメイク】、【ロリータメイク】のメイクバリエーションおよび表情の変化も、コスメイクの参考になること請け合いである。

 実際に私が男装レイヤーと合わせをした経験からも、メイクは薄い方が絶対に良いと断言できる。
 もっと正確に言えば、出来るだけスッピンに見える(見せかけた)メイクが、良い男装メイクである。
 基本的には、スッピンに近ければ近いほど、女性は男性に近づくと思う。

 だって、いないもん、「パッと見て化粧をしていることが分かるような男性」なんて。
 地下鉄に乗っていても、街を歩いていても、イケメンだなと思える男性を見かけることはあるけれど、パッと見て化粧をしているとは思えないもん。

 つまり、「男性を装う」ということは、「すっぴんを装う」ということに他ならない。
 「パッと見て化粧をしていることが分かる」イコール「女性」なのだ。(あるいは、オカマ)

 ノーズシャドーやフェイスラインのシェーディングは、男装メイクとしては本当に最悪だと思う。
 もちろん、それがバレないのなら問題はない。
 しかし、彫の浅い人がノーズシャドーを施したら、パッと見てすぐ分かる。
 彫が深い人はバレにくいと思うが、そもそも彫の深い人はノーズシャードーなんかしたって意味無いだろう。舞台メイクじゃあるまいし。

 舞台メイクは、舞台でしているから自然に映るのだ。
 路上で舞台メイクしていたら、チンドン屋である。

 男装コス時にノーズシャドーやフェイスラインのシェーディングをやっている男装レイヤーに、想像してもらいたい。
 普通の男性に、ノーズシャドーやフェイスラインのシェーディングという化粧を施した顔を。
 そのメイクで、男性がより男性的になるのか?
 私の想像では、単に気色悪くなるだけだ。

 余りにも色白だったり、ぷるるんモチ肌の女性は、ファンデーションか何かで顔全体を少し日に焼けた感じにでもした方が、男性っぽくなるとは思う。唇の地肌の色が気になる場合は、それを薄くする処理はした方が良いかもしれない。しかし、それで十分だ。そこにノーズシャドーやフェイスラインのシェーディングを加える必要ない。それをやったら女性に戻るか、あるいはオカマになってしまう。

 女性は、“変身”するときにメイクをしなければならないという先入観があるので、男装コス時にもメイクが必須と錯覚しているのではないだろうか。
 男も女も、すっぴんになったら顔の作り自体は大して変わらないと思う。

 化粧の濃い男装レイヤーでも、実際に会ってみると雰囲気や言動が男っぽくて、好感の持てる場合はある。そんなときは、
「何でこの人、厚化粧なんかしているのかな~、もったいないな~」
と思う。写真には、雰囲気は写りにくいから。
スポンサーサイト

コメント

逆かなぁ。
別にリアルで見て男性だ!って思わせたいわけじゃなくて、コスをして写真に収めて、2Dのアートとして美かったらそれでいいんだけど。
リアルのノーメイク男性で、写真に収めて美しい!ってのは少ないと思う。。。

ノーズシャドウがキツイのは美しくないと思うけど、厚化粧はビジュアル系に通じる美しさがあると思う。

結局は好みかな。

 リアルのノーメイク男性で、パッと見て美しいと思うケースは私も少ないです。
 ただし、TVや映画やポスターで見るイケメン芸能人で「その女みたいな化粧は何だ?」というのも少ないです。

 仮に、女装レイヤーの方が「女性の目から見て、明らかに失敗している厚化粧」をして、傍目には美しくなくなるケースも、本人が

>2Dのアートとして美かったらそれでいい

と思っているのなら、確かに「それでいい」としか言い様がありません。

 まぁでも、それで思考停止するのも面白くないので、こうして文章にしているわけです。

一つの意見として…

初めまして。
綺麗にメイクをされる男装レイヤー好きの意見として、書かせて頂きます。
漫画やアニメなどの男のキャラは、彫りが深く(目と眉毛の距離も近く)、鼻が高い(鼻筋が通っている)キャラが多いんです。
それに対して日本人の女性は、日本人の男性と比べても、平均的に鼻が低いし、彫りも浅く、目と眉毛の距離も有るんです。
ノーズシャドウは、その男性らしい、骨格のしっかりした顔を表現するには欠かせない要素だと思います。
確かに自分から見ても、あまりに濃すぎると『それはちょっと…』と思うことも有ります。
でも、低くて小さい"可愛いらしい鼻"だと、シャープな顔にはなりません。
あと全体的な話をすると、ノーメイクに近いナチュラルな男らしさを出した所で、それはそのキャラではなくオリジナルになってしまう…というところが有るんだと思います。
実は自分も過去、2回くらいレイヤーとしてイベントに参加したことが有るのですが、
自分は普段から男っぽい格好をして、顔もノーメイクですし、仕草も男っぽいらしく、男に間違われることがよくあります。
で、コスをしたときに、震電さんと同じ考えでほぼノーメイクにしたんです。
そしたら、自分で写真を見たとき、全っ然似てなかったんですね;
そこにはちょっとだけいつもと雰囲気が違う『自分』がいたんです。
それから、多少濃いめのメイクをされるレイヤーさんも支持するようになりました。

だいぶ昔の記事に、長文のコメントをしてしまって申し訳ございませんでした。
普段から男らしい女が述べる一つの意見として読んで頂けると嬉しいです。
失礼致します。

顔を女体化させてどうするの?…

 男装レイヤー好きさん、初めまして。

>鼻が低いし、彫りも浅く、目と眉毛の距離も有るんです。

 私は男ですが、正にこの↑通りですよ。
 日本人は極東モンゴロイドですので、男も女も西洋人(アニメキャラっぽい人種)と比較すれば、鼻が低いし、彫りも浅いし、目と眉毛の距離も有ります(もちろん少数の例外は存在します)。
 もっとも、この↓記事で書いているように、眉毛をキリッとさせることで、男性らしさを出す効果はあると思います。
http://sinden.blog6.fc2.com/blog-entry-944.html

>そしたら、自分で写真を見たとき、全っ然似てなかったんですね;

 これは単に、ご自分と似ていないキャラのコスをされただけだと思えます。
 あるいは、表情やポーズで似せる等の、化粧以外の創意工夫が足りなかったとか…
 ちなみに、着ぐるみの仮面ヒーローショーで、女性キャラ(モモレンジャーとか)を女性に演じさせると、ショーが終わった後で客から
「女性キャラを男性に演じさせるな」
というクレームが来ることが多いという話を聞いたことがあります。女性は「私は女性だから」という意識があるので、つい「油断する」ことがあると。仮面ヒーローショーの場合は、意識して女性らしさを強調しないと、女性らしく見えないそうです。
 これはコスプレにも共通する話ではないかと思えます。
 私も、顔と体はナチュラルにオッサンですが、そこで油断するとオッサン“キャラ”にはなれないこともあるでしょう。
 
 あと興味深いのは、男装レイヤー側にも「三次元コスの場合はメイクを薄めにする」という意識があるということです。ちょうど昨日、『コスプレイヤーズアーカイブ』の知恵袋で、三次元コスのメイクに関する質問に返答を寄せたところです。↓
http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=8618

 ヴィジュアル系の男性(三次元)を見て思うのですが、あれはやはり「顔面の女体化」です。少なくとも現在の日本では、化粧で堀を深く見せようとすることは「顔面の女体化」に他なりません。
 せっかく胸を潰しているのに、顔を女体化させてどうするの?…と思います。
 「似ている/似ていない」以前に、「男に見える/男に見えない」という部分をクリアするべきなのではないでしょうか。
 「男に見えること」よりも「キレイに見えること」を優先するのなら、それを「男装(男を装う)」とは呼んで欲しくありません。「男装の麗人」なら、構いませんが。

ありがとうございます。

もしかしてお返事頂けてるかな…と思い再びお邪魔致しました。
お返事ありがとうございます。

一応体つきや雰囲気が合いそうなキャラしかやっていないんですけど…まあ、見え方は人それぞれですけどね;
自分は男らしい(そのキャラっぽい)仕草や表情はそれなりに自信有るのですが…これも客観的に見てどれほどかは分かりませんが。
(なにしろ普段から動きが男だね、といわれますし、自分自身、小さい頃から女の子らしい動きや仕草をした記憶が有りませんし。)

三次元コスのメイクに関しては、自分もほぼノーメイク(軽いファンデーションとか眉とか唇の色消しくらい)にとどめて欲しいと思います。

> 「男に見えること」よりも「キレイに見えること」を優先するのなら、それを「男装(男を装う)」とは呼んで欲しくありません。「男装の麗人」なら、構いませんが。

という部分を拝見して納得致しました。
震電さんは、今までお話ししていた細かい話ではなく、
『男装』という言葉そのものについてのご意見だったんですね。
失礼致しました。

そのことについてなのですが、
コスプレでの『男装』とは、ひとつの『ジャンル分け』ととって頂きたいな、と思います。
所謂『男装』というものではなく、
女性が男のキャラのコスをするジャンル(カテゴリ)名を『男装』、
男性が女のキャラのコスをするジャンル(カテゴリ)名を『女装』、
そうとってあげて欲しいです。

実際、自分の普段の格好というのが、完全な男装ですし、
ボーイッシュとかを通り越していますので、
リアルな話で『男装』と言っているのに、仕草が女の子だったりメイクをしてる人が居たら、自分も「中途半端なことすな!!コラ!!」と思います。

そんな自分でも、コスでの『男装』という表現に違和感や苛立ちは感じません。
リアルな意味ではなく、コスのジャンルの一つだと思っているからです。

そういう見方で見てあげることは出来ませんでしょうか。

男性キャラのイメージを男装コスで壊されるのが嫌なんです

 2度目のコメントありがとうございます。

>自分は男らしい(そのキャラっぽい)仕草や表情はそれなりに自信有るのですが…これも客観
>的に見てどれほどかは分かりませんが。

 高校生男子と女子の精神が入れ替わるという設定のドラマにキャスティングされた女優(身体は女子で精神が男子になる役)が、「自分の“男っぽさ”には自信があったのに、監督に“女っぽさ”をいろいろ注意されてしまい、意外だった」という趣旨の発言をしている記事を読んだことがあります。
「女性にしては男っぽい(時々、男に見間違われることがある)」のと、「純然たる男(日常では絶対に女性に見間違われることはない)」では、基準が全然違うのでは?

>『男装』という言葉そのものについてのご意見だったんですね。

 違います。そういう意味で書いたのではありません。

>三次元コスのメイクに関しては、自分もほぼノーメイク(軽いファンデーションとか眉とか唇の色
>消しくらい)にとどめて欲しいと思います。

 ここが私の分からない(困っている)ところです。
 何故、3次元男性キャラはナチュラルメイク志向なのに、2次元男性キャラだと厚化粧志向になるんでしょうか?
 男性っぽさが同じであっても、2次元だとメイクが濃くなるのは明らかに矛盾していると思います。3次元でも2次元でも、男は男なんですから。

>リアルな話で『男装』と言っているのに、仕草が女の子だったりメイクをしてる人が居たら、自分
>も「中途半端なことすな!!コラ!!」と思います。

 現実の世界で生身の人間がやっている『男装』が、リアルでないワケがない。
 会社の忘年会でウケ狙いでやる男装なら、メイクが女性のまんまの男装や、ヒゲを生やしたままの女装でも良いと思いますが、コスプレとなると別です。

 つまり、ノーズシャドーを使った男装は、ヒゲを生やした女装と同じ。
 こう考えると、宝塚と矢島美容室は、コンセプト的には同種(「男装の麗人」と、「女装のオッサン」)なのかも知れません。
 どちらも、路上でやったらチンドン屋ですし。

>>2次元男性キャラだと厚化粧志向になるんでしょうか?

キャラにできる限り似せるためです。
2次元と3次元の男性では服装も顔も大きく異なります。
2次元の男性キャラはビジュアル系のような容姿、奇抜な格好が多いので、
女らしさだけを消したナチュラルメイクだと
ただそのキャラの衣装を着た男の子のコスになると思います。
ナチュラルメイクでは衣装負けしてしまいますし、写真ではさらに違和感を伴います。

当然ながら…

 デーモン小暮みたいなキャラのコスをするときは、当然ながらデーモン小暮メイクをすることになるでしょう。
 私が言っているのは、そうではない場合です。

 ノーズシャドーやフェイスラインのシェーディングをしているようには見えず、睫の表現もごく控えめなキャラのコスをするとき、何故ノーズシャドーやフェイスラインのシェーディングをして、バサバサの付け睫をせにゃならんのかという、そういう話です。
(もちろん、服装も特に奇抜ではない)

失礼します

なにかとても白熱しているところ、失礼します。

読んでいる限り、男になりきる男装のことでの記事だったのではないかと思いました。
3次元の男性になりきるなら、ナチュラルメイクむしろすっぴんでかまわないと私も思います。
しかし、2次元の男キャラになりきる男装となると、ちがってくるのではないでしょうか?
あくまで、私個人の考えですが。
大好きなキャラクターがいて、そのキャラクターになりきりたいと思った時
自分のなかに、そのキャラクターのイメージというものがあるので、どうしてもそれに近付けたいという気持ちがわいてきます。
つまり、普段の自分とはちがう、そのキャラクターそのものになりたい、その変身願望の結果が化粧であるのです。
だからといって化粧が濃すぎるのは私もなんとも言えません。
でも、やはりなりきりたい気持ちとカッコ良く見せたい気持ちがその化粧として表れているのですから、一方的に良くない、やめたほうがいいというのはどうかとおもいます。
もうすこし柔軟に考えてもいいんじゃないですか?
化粧も表現の自由ではないでしょうか?

ここからは個人的な感情になるのですが、
私はコスプレをするときにすっぴんでしている方の気がしれません。
はっきり言って、手抜きにしか見えないです。
私は気合いの入り具合も、化粧から感じるので、すっぴんのレイヤーさんを見かけたときは、レイヤーさんのそのキャラへの愛が薄いようなきがしてなりません。

結局は好き嫌いの問題なので
気に入らないのであれば、目にしないようにするのが一番いいと思います。
男装をするときに化粧をするのが常識だと思っている方が大多数でしょうから。

Re:失礼します

 特に白熱しているとも思えないのですが…

>普段の自分とはちがう、そのキャラクターそのものになりたい、その変身願望の結果が化粧であるのです。

 女性は普段から化粧している場合が多いので、男装するなら、化粧を薄く(ナチュラルに)することこそ、「普段の自分とは違う」ことになる筈です。

 男装で厚化粧している人の顔は、厚化粧した女性にしか見えないです。
 あるいは、オカマ。
 あるいは、チンドン屋(路上での舞台メイク)

 本屋で立ち読みでも構いませんから、一度、『簡単! 熊田的 愛されボディメイク』68ページの【ナチュラルメイク】をご覧になって下さい。
 目からウロコが落ちること請け合いですよ。

白熱してますね

はじめまして。失礼します。
こちらの記事、とても興味深く拝見させていただきました。


震電さんは男装時の濃いメイクがとてもお嫌いのようですね。

普段のメイクと変わらないようなバサバサつけまつげや胸をつぶさない等
男らしくなる努力に欠けるレイヤーさんについては私は賛同しかねますが
2次元コスをする際、男らしさを出すための濃いメイクは男装には必須だと私は考えます。


>三次元コスのメイクに関しては、自分もほぼノーメイク(軽いファンデーションとか眉とか唇の色 消しくらい)にとどめて欲しいと思います。
とおっしゃった方に対して

>ここが私の分からない(困っている)ところです。
何故、3次元男性キャラはナチュラルメイク志向なのに、2次元男性キャラだと厚化粧志向になるんでしょうか?
 男性っぽさが同じであっても、2次元だとメイクが濃くなるのは明らかに矛盾していると思います。3次元でも2次元でも、男は男なんですから。

とコメントされていますが
2次元コスと3次元コスの違いを理解されていないように感じられました。


3次元の男性には、おっしゃる通りメイクをして生活している方なんて
ビジュアル系の方以外にはいらっしゃいません。
3次元の男性は、女性よりも肌の色は濃く、肌の質感は女性よりもきめ細かさが少ない方が男らしいし、もちろん化粧気などは一切ない。
コスプレっていうのはなりきるもの似せるためのものでしたよね。
ですから、3次元の特定ではない男性そのものになりきるためには
上記のような化粧気のない男らしさを出す必要がありますよね。
ですから軽いファンデーションとか眉とか唇の色 消しくらいに留める必要があるんですよ。だって3次元の男性は普通化粧をしないんですから。


>鼻が低いし、彫りも浅く、目と眉毛の距離も有るんです。

>>私は男ですが、正にこの↑通りですよ。

このようにおっしゃられていますが
3次元コスならそのままの顔でいいと私も思いますよ。
なぜなら、3次元の「男」になることが目的なら、いくらのっぺり顔でも残念な顔でも
男に見えればそれでいいんですから。


では2次元の男性キャラはどうなのか?

2次元の男性にもさまざまなキャラクターがありますが
よくあるパターンの一つとしては、美少年、美青年キャラですよね。

彼らは、陶器のように不透明だが滑らかな肌で、アイラインを入れたかのように目の際が黒々と、くっきりしており、彫が深いというほどでもないのに鼻筋は通り、唇は肌の色と一体化していて、手足にムダ毛の一切もなく、細身でいて、中世的にも見えるが男らしさも持ち合わせている。

このように3次元の男性、人間が持ちえない特徴を多々持っているのです。
つまり、3次元の男性を参考にし、引き合いに出しても全くの無意味であり
3次元の男らしさを追及したところで2次元の男性に近づけるわけではないんですよ。アニメのキャラクターは人間ではありえない容姿なわけですから、メイクを施して少しでも近づく努力をする以外に方法はありません。

>鼻が低いし、彫りも浅く、目と眉毛の距離も有るんです。

>>私は男ですが、正にこの↑通りですよ。

3次元の男そのものになりたいのであれば、そのままの姿でも構いませんが
そもそも人間の容姿から随分と飛躍しているアニメキャラクターのコスプレをするのに、その顔のまま一丁前に衣装だけ着たところで 、コスプレって言えるんですかね?だって、衣装を着た以外に全然なにも変わってないじゃないですか。
それってただ衣装を着た、その人。ですよね?
眉を整えただけでは早々顔って変わりませんよ。
だって骨格レベルで男女の差がある上に、人間にはあり得ない姿のアニメキャラクターになりたいんですよ?
もともと男の人だって、衣装来ただけで、なりたい2次元男性キャラになれるはずがありません。だって顔、体系がそもそも違うんですから。
それではただの着ただけレイヤーですよね。


>女性は普段から化粧している場合が多いので、男装するなら、化粧を薄く(ナチュラルに)することこそ、「普段の自分とは違う」ことになる筈です。

普段の自分と違うからって、似せたいキャラクターに似ているわけではありませんよね。


>これは単に、ご自分と似ていないキャラのコスをされただけだと思えます。

そもそも似ているキャラクターなんてそうそういませんよ。
というか一般的なアニメキャラクターに似ている人間はいませんよね。



震電さんは似ていらっしゃるキャラクターがおありなのでしょうか。

「私はこのキャラクターに似ているからこのコスをしよう」
なんておかしくないですか?コスプレって、好きなキャラクターへの愛情表現でもあるんですよ。そのキャラクターが好きだからコスプレするんです。

似てる、似てないでコスプレするキャラを選ぼうとしたら
コスプレなんてできないですよ。普通似てる訳ないんですから。


長々と書いてしまいましたが、コスプレは趣味であり、お遊びですから
本人が満足であればそれでいいんじゃないですか?

薄いメイクの男装がいい。それはもはや貴方の好みですから。
ノーズシャドー、厚化粧は最悪の男装
そう思うのなら、濃いメイクのレイヤーさんを見ないようにすればいいじゃないですか?

レイヤーさんは皆さん試行錯誤しながらメイクも頑張っています。
薄いメイクでは写真映えしないことも、皆さん試行錯誤のうちで考えたんですよ。
芸能人だって、写真映えするためにメイクを濃くしますよね?
男性芸能人だって、メイクしてるんですよ?


現代のコスプレは、衣装を着て楽しんではい終わり!じゃないんですよ。
写真に残すことが目的でもあるんですよ。
構図にこだわったり、場所にこだわってロケに行ったり、
だいたいは写真に収めること前提でコスプレしているんですよ。
だから、写真写りを気にしたメイクをしているんです。

濃いメイクを批判されるのであれば、
2次元と3次元の違いや、コスプレの主旨について
もう少し理解してからにしていただきたいです。


なんだか白熱した投稿が興味深かったので私も熱く語ってみました。
それでは長々と失礼しました。























Re:白熱してますね

 個人的には全く白熱していない(新しい知見が見出せない)のですが…。

>彼らは、陶器のように不透明だが滑らかな肌で、アイラインを入れたかのように目の際が黒々と、
>くっきりしており、彫が深いというほどでもないのに鼻筋は通り、唇は肌の色と一体化していて、
>手足にムダ毛の一切もなく、細身でいて、中世的にも見えるが男らしさも持ち合わせている。

 とりあえず、

・鼻の穴が無いキャラが多い。
・厚底ブーツを履いていないキャラが多い。

ことを付け加えておきますね。あと、

>というか一般的なアニメキャラクターに似ている人間はいませんよね。

 これに関しては(アニメキャラクターの捉え方が違うので)、厚化粧していないレイヤーさんでも、「キャラに似ている」と思うことが今まで何度もありました。

>震電さんは似ていらっしゃるキャラクターがおありなのでしょうか。

 私に関しては、イアン・ヴァスティ(1期)のコスを、コスプレ誌の「似ているコス」みたいなコーナーに投稿したら採用されたことがあるので、ある程度似ていると思っています。もちろん、鼻の穴は塞ぎませんでしたが。

初めまして 失礼します。

これは好みの問題だと思います。
私個人の意見としては、男装レイヤーさんに激しく同意です。

私はやはり濃いメイクの男装の方が好きです。
アーカイブに入ってるんですが、たくさんの方のお写真を拝見すると
多少濃いメイクの方のほうが映えているように思えます。
たとえ、すっぴんで3次元の男性を表現できても
すっぴんで2次元の男性を表現するのは難しいと思います。
特に乙げーなんかの男性は美しいですから。

厚底ブーツは確かにキャラが履いてるわけではないですが
小さい女性は身長高くしないといけないので仕方ないですよね。
170を超える女性なんてそうそういませんし…
衣装だけ着て小さいままイベントに来られても似てるとは思えません。
キャラに少しでも似せるためには身長も重要なポイントだと思います。

まぁ、メイクは個人の好き嫌いでいいと思います。
震電さんは濃いメイクが嫌い。
私は濃いメイクが好き。…むしろナチュラルメイクだと手抜きに感じて
イライラする。でいいと思いますよ。

口挟んですいませんでした。

好みの話は、どうでもいいですが

 好みの話なんかどうでもいい(「似ていないけど好み」等は、議論の対象外)のですが、

>衣装だけ着て小さいままイベントに来られても似てるとは思えません。
>キャラに少しでも似せるためには身長も重要なポイントだと思います。

厚底ブーツに関して「キャラに近づける」ではなく「キャラに似せる」と書かれたものを読んだのは初めてです。
 これは、新しい知見です。ありがとうございました。

失礼致します。

だいぶ昔の記事にコメントして申し訳ございません。
私も以前似たような事を考えておりましたゆえ、書き込ませていただきます。

やたらに濃いのはあまり好みませんが、このブームはV系から始まったんではないでしょうか。
といいますのも、最近ふと思うのは、CG顔とV系顔の似具合です。
GacktがFinalFantasy8でスコールのモデルとなったりする等、最近のCG顔って比較的V系顔に似てるようです。
最近は「CG肌を目指す」という濃いめのファンデがあります。
私の友人も、バンギャからコスに入り、コスを始める友人にもV系雑誌買ったりする人がおります。
熊田曜子さんの本、お読みしました。
ですが彼女は元々顔がお綺麗です笑(肌の調子も、という意味で)
私もよく青年に間違われる女子大生ですが、2次元のキャラにはニキビはありませんし、必要以外の黒子はなく、ある者の身としてはコス時は少なくともそれは隠したい気持ちになります。キャラに似たいというより、そのもの自身になりたい方はその気持ちも一入でしょう。
そうすると自然と肌のバランスと目のバランスが狂いますので隠した分負けないようV系みたいに目を際立たせたくなりますし、眉も書きます。明暗の凹凸が減るので多少なりともシャドーを入れたくなります。
…という事ではないでしょうか?
つまり、すっぴんに近い男装は元来のコスの方から、濃いメイクはどちらかと言えばV系の流れから来た、別々の潮流なのではないのでしょうか?

長い持論展開失礼致します。
最後に…私はコスもV系も好きです。ここより先は事実考察ではなく私個人の意見です。
コスプレイヤーズアーカイブというコスのためのコミュニティーサイトがあるのをご存知でしょうか。そこの男装閲覧数上位を占める人々は皆少なくともナチュラルではない化粧をしていると思います。つまり、見る人も最近はそのような男装レイヤーさんを好む風潮があるのではないでしょうか。
ちなみに最近は地毛でのコスが嫌われるとか…ウィッグが手に入れ安くなったからこその現代的風潮ですね。

長らく失礼致しました。
ジーケフロイト

Re:失礼致します。

 コメントありがとうございます。

>最近は「CG肌を目指す」という濃いめのファンデがあります。

 いきなり余談になりますが、これは何とも皮肉な感じがします。リアル系CGがまだ進歩の途中にあるから、肌のリアルな質感が出せずに「CG肌」になってしまっているわけで、10年後には毛穴やホクロや微妙な色ムラなどの「生肌」がCGでも再現されていることでしょう。

>2次元のキャラにはニキビはありませんし、必要以外の黒子はなく、ある者の身としてはコス時
>は少なくともそれは隠したい気持ちになります。そうすると自然と肌のバランスと目のバランス
>が狂いますので隠した分負けないようV系みたいに目を際立たせたくなりますし、眉も書きます。

 これは明らかに間違いです。
 私は45才なのでニキビは滅多にできませんが、ホクロは多いのでコス時にはメイクで隠します。しかし、そうすることで肌と目のバランスが崩れるなんてことは一切起こりません。
 女性の場合も、熊田曜子さんのナチュラルメイクの例が証明していますし、肌が綺麗(あるいは肌が綺麗になるメイクをして)で目のメイクが薄い人は沢山いるでしょう。
 私が間近で見た(握手した際)中では、℃-uteの矢島舞美さんとスマイレージの前田憂佳さんが該当します(二人ともかなり色白で美肌に見えるが、目のメイクはごく普通で、かつバランスも取れている)。
 目のメイクが濃いレイヤーは、バランスの問題ではなく、単に目を派手に見せたいという欲でそうしている(レイヤーがよく使う言葉としては「目力を出す」)だけだと思います。

>濃いメイクはどちらかと言えばV系の流れから来た

 これに関しては、同感です。ただ、今日社会全体において女性のメイクが濃くなっている(40年前のメイクと似ている)ので、その影響の方が大きいように思えます。
 100円ショップで手軽に付けまつげとか買えるようになっていることが、一番効いているような気もします。

>コスプレイヤーズアーカイブというコスのためのコミュニティーサイトがあるのをご存知でしょう
>か。そこの男装閲覧数上位を占める人々は皆少なくともナチュラルではない化粧をしている
>と思います。
>つまり、見る人も最近はそのような男装レイヤーさんを好む風潮があるのではないでしょうか。

 アーカイブは私も入っていますが、ご指摘の件は全くの見当違いだと思います。
 思い起こせば『仮面ライダー響鬼』でも、ネットの評判と実際のテレビ視聴率には何の関係もありませんでした(むしろ逆)。
 そもそも、男性キャラをコスするレイヤーの90%が女性であること自体、見る人の好みとは何の関係もありません。「コスプレを見る人」=「コスプレイヤー」ということだったら、どうなのか分かりませんが。

コスの種類にもよると思います。
3次元コスならその理屈は納得がいきますが、2次元の男キャラと3次元の男はちがうでしょうに。

男キャラ自身が2次元なら平面でみたときに立体感が出るようにシェーディングをするのが正解では?
3次元コスでも自分の顔とコスする相手の顔のちがいを少しでも埋めるようなメイクが理想だと思いますが・・・

まあどちらにせよ最後に写真を撮るとなると日本人の顔はナチュラルメイクでは物足りないw

>2次元の男キャラと3次元の男はちがうでしょうに。

 一般的な2次元の男キャラというのは、「想像の中の現実」を作品化した際に2次元の表現方法を採用しただけで、基本的には3次元の男キャラと同じでしょう。
 血も出るし、飯も食べるし、排泄もするし。
 

>男キャラ自身が2次元なら平面でみたときに立体感が出るようにシェーディングをするのが正解では?

 否、そういう考え方なら、平面を立体に起こした「お面」を被るべきでしょう。
 イナズマイレブンの公式コス(着ぐるみ)は、実際にそうしていますし。


>3次元コスでも自分の顔とコスする相手の顔のちがいを少しでも埋めるようなメイクが理想だと思いますが・・・

 差が埋まるどころか、逆に気持ち悪くなって差が広がっている人がいるので、この記事を書きました。

失礼します。

記事に関係ないのにこのようなことを言うのもおかしいとは思いますが、
震電さんは、回答されてらっしゃる方(意見を言っておられる方)の意見を頭ごなしに
否定されているようにしか見えません。

言い方は悪いですが、少なくともこの記事に対する意見に、
個人の自由、もしくは化粧が濃くてもよい、という意見が多いのですから、
少しは受け入れてもよいのでは?と思ってしまいました。
少なくともそいうい方がいらっしゃるのですし、
件数からして、ある程度多数なわけですから。

意見を曲げろ、というわけではありませんが・・・。

本題ですが、
私はどちらでもよいと思うんです。
震電さんが、ナチュラルメイクでも似ている人がいた、とおっしゃられるように
私も、ナチュラルメイクで似ている方を見たことがあります。
逆に、濃いメイクをしていても、似ている人を見たことがあります。

結局は、コスプレをしている人次第だと思うんです。
元の顔に個人差があるわけですから、
ナチュラルメイクでも男性キャラに見えるような方もいれば、
顔つきが女性なため男装用のメイクをしないと
女性キャラにしか見えない方もいます。

もちろん、ナチュラルメイクで男性に見えるならその方がいいと思いますが、
見えないなら、メイクをしたくなるのも当然な気がします。

以前、完全に女性顔の外国の方が男装をしてらっしゃる動画を見たのですが、
メイクするたびに男性の顔に近づいていき、感動してしまいました(笑)

結局はその方も元々堀が深いなど、日本人の女性とは顔立ちが違ったわけですが。。。

それまでは、メイクをすると女性らしくなるのでは?と私も思っていたので
あの辺りから、メイクってすごいんだな・・・。と思った記憶があります。

この記事のコメントを読んだ限りだと、震電さんはナチュラルメイクでも
男装キャラが出来る顔立ちのようなので純粋にうらやましいです。

では、乱文失礼いたしました。

私は男ですが…

>この記事のコメントを読んだ限りだと、震電さんはナチュラルメイクでも
>男装キャラが出来る顔立ちのようなので純粋にうらやましいです。

 4個めのコメントで書いた通り、私は男です。
 しかし、男装レイヤーが
「女は男とは違って女顔だから」
という条件をほぼ満たしています。

http://blog-imgs-24.fc2.com/s/i/n/sinden/200905142326245ab.jpg

 男装レイヤーが言うところの「女顔」の筈です。
 上の写真は、ノーズシャドーやフェースラインのシェーディングはしていませんが、女には見えないと思います。実際、このコスで男装レイヤーに見間違えられたことはありません。

 こんな私が濃いメイクした顔。
 それが、濃いメイクをした男装レイヤーの顔。
 どう考えても逆効果であり、濃いメイクは不必要です。
 
 必要なのは、表情作りやポージング=キャラの雰囲気作り。
 恥ずかしがらずに、成り切ること。
 衣装を工夫して欠点をカバーする。
 写真のアングルや、照明を最適化する(影が偶然最適化できた例 ↓)

http://blog-imgs-37.fc2.com/s/i/n/sinden/20100116115330abc.jpg

 ちなみに、色白の人が顔全体を色黒にするような感じのメイクは、男女問わず有効だと思います。そういう濃いメイクは否定していませんので、念のため。

レイヤーの常識として

レイヤーです、
まず常識として男装コスをする場合はある程度のメイクはします。
もちろんノーズシャドウなども。

メイクもせずにそのキャラクターの服を着ただけというのは、
まわりのレイヤーからはあまりいい目でみられません。

そもそも男装コスは2次元の男の子をやるわけですから、
ほかの方がおっしゃっているようにメイクをしなければ大抵の人が
衣装負けしてしまいます。

まあ元々男らしいというか凛々しい顔をした女の子ならいけそうですがね
でも男装コスのとき少し濃いめのメイクは当たり前ですよ

つけたし

いちどYouTubeなどで男装コスの動画など見てみればほとんどの方が濃いめのメイクしてますよ

低質なコメントの典型として

 男装レイヤーですがさんのコメントは、低質なコメントの典型として、敢えて削除しませんでした。
 今後、こういうタイプのコメントは削除しますので、悪しからずご了承下さい。
 また、このコメント欄にて既出の内容のものについても同様とします。

二度目の書きこみ失礼します。

男性の方だったんですね。
勘違い、申し訳ありませんでした。

写真を拝見しましたが、
震電さんは、いくら女性顔だったとしても
やっぱり男性だから、男性キャラをしても違和感がないのだと思います。
震電さんが、普段から女性に間違えられてしまう程なら別ですが・・・。

でも、女性の方で女性顔場合は、少し条件が違うように思います。

ですので、震電さんが濃いメイクをされた顔が
男装レイヤーの濃いメイクをした顔、というのは少し違うように思いました・・・。

二枚目の写真ですが、
影の入り方など、素晴らしいと思います。
ただ、しつこいようですが震電さんは男性です。
女性は少しのメイクや雰囲気だけでは、きりっとした女性にはなれても、
男装するのってやっぱり難しいと思うんです。

ポージングや雰囲気作りなど、
震電さんがあげていらっしゃる項目も確かに大事だと思います。
それらだけで男装出来るのであればするべきだと思います。

ただ、その中に濃いメイクがあっても私はよいと思うのです。
もちろん、ベタベタと塗っただけのような方や、
あまりうまくない方もいらっしゃいますので、その方々は何とも言えませんが
濃い目のメイクでもかっこいいな、と思うような方はいらっしゃいます。

震電さんは、濃いメイクをほとんど受け入れられないようなので
それを覆そうなどとは思いませんが、
それを好きでやっていたり、見ていたりする方もいらっしゃるので
あまり否定なさらないでほしいな、と思いました。

では、失礼しました。

イケメンでオトメンな男性が濃い男装メイクをしたら、オカマ化して逆効果では?

 ろぐさんに質問です。

>女性は少しのメイクや雰囲気だけでは、きりっとした女性にはなれても、
>男装するのってやっぱり難しいと思うんです。

 具体的には、どこが難しいのでしょうか?
 このコメント欄にも「女性は目と眉の間が離れているから」という具体例が挙げられていますが、それは男である私にも言えます。私はそこをノーメイクでも男に見えるらしいのは、何故でしょうか?

 また、私は
「イケメンでオトメンな男性が濃い男装メイクをしたら、オカマ化して逆効果となる」
と考えているのですが、これは正しいのでしょうか? 正しくないとすると、
「イケメンでオトメンな男性が2次元の男装コスをする際は、濃い男装メイクをしないと男性に見えない」
となりそうですが、これは正しいのでしょうか?

 ろぐさん以外の方でも、分かる方はコメントをお願いします。

はじめまして。

はじめまして、突然すみません。
たまたまコスプレのメイクについて検索していてこちらの記事が目に留まりましたのでコメントさせていただきます。
私も女性ですが、身長や体格の理由などから普段男性キャラのコスばかりしています。
私は逆に普段は一切メイクをせずすっぴんで過ごしており、意識してどうこうと言うよりは洒落っ気のなさから男性に間違われることも少なくないですが、コスプレの時のみメイクをするようにしています。
あまりに女性らしさ可愛さを押し出したような濃いメイクで男装をされている方を見るとつい首を傾げてしまいますが、ある程度の濃いメイクであれば理解も出来ますし、自分に技術が追いついていない分憧れもあります。

私は根っからのコスプレイヤーというよりは、2次元オタクが高じてコスプレをはじめた者ですので、震電さんや他の皆様とは少し考え方が違うかもしれませんが、

私が濃くてもきちんとメイクをしてコスプレをしたい、と思うのは単純にキャラクターを理想化しているからです。

私の目には、2次元のキャラクター達はそこらを歩く3次元の男性、女性とはまったく別のものとして、極めて美しく映っています。
その美しさを思い、自分のえらが張った輪郭に嫌気が差しシェーディングをし、低く潰れた団子鼻に絶望してノーズシャドーを使います。
もし私がお名前が挙げられている芸能人の方のように美しい輪郭・鼻筋の通った鼻、ぱっちりとした二重の目等々を持った美形であれば、コスプレの時のメイクも必要最低限、足りないものを足すことだけしかしないと思いますが…。

魅せるためと言うよりは、隠すため、あれこれと化粧品を用いている現状です。

例えコスプレするキャラクターに「美形」という設定がついていなくても、好きなキャラクターですから欲目が入ります。普段の自分とそう変わらない顔貌ではやはり「違う!こんなんじゃない!」と厚化粧であるとき以上に強く思ってしまうわけですね。
美形でないならコスプレなんてしなければいい、と言われてしまえばそれまでですが、憧れに近づいた気分になれる楽しい趣味としてなかなか思い切ってやめることができない…。と。
好みは人それぞれとは言え、そんな心情もあるのだと知っていただけると嬉しいです。

最後になりますが、
>「イケメンでオトメンな男性が濃い男装メイクをしたら、オカマ化して逆効果となる」
というのは、正しいと思いますよ。
イケメンでもオトメンでもフツメンでも、やはり男性キャラをやって本当にカッコイイのは男性だと私は思っていますし。
あまりにも可憐な顔立ちで、逆に精悍なイメージのキャラクターをやるというのならそれなりにイメージが変わる程度のメイクは必要かな、とは思いますが。

自分で言っておいて申し訳ないのですが、
具体的には私にもよくわかりません;
ただ、ぱっと見てほとんどの方が男性、女性、どちらなのか
普段生活していて分かりますよね?
ということは、やはりどこかしら作りが違うのだと思います。

詳しいことは分かりませんが、
少し調べてみると、骨格・・・などでしょうか?
パーツも少しずつ違うようです。
個人差はあると思うので、この個人差で
女性らしい顔、男性らしい顔が決まってくるのではないでしょうか。
推測なので分かりませんが・・・。

普段から生活していて性別を何度も間違えられてしまうような方は、
濃いメイクをしなくても男装、女装、出来ると思います。

>「イケメンでオトメンな男性が濃い男装メイクをしたら、オカマ化して逆効果となる」
>と考えているのですが、これは正しいのでしょうか? 正しくないとすると、
> 「イケメンでオトメンな男性が2次元の男装コスをする際は、濃い男装メイクをしないと男性に見えない」
>となりそうですが、これは正しいのでしょうか?

何度も同じようなことを言うようで申し訳ないですが、
その男性が、普段何もしていない状況で男性に見られるか、
女性に見られるかで変わってくると思います。
イケメン、ということはやはりどこかしら男性に見える・・・のでしょうか?
でしたら、濃いメイクはする必要がないと思います。
女性にしか見えないくらいなら、メイクも考えた方がよいと思いますが、
女性にしか見えない男性って・・・なかなかいないですよね;

いまさらですが、私は濃いメイク自体が好きなわけではないので
失敗するくらいならやらない方がいいですけどね・・・。
何度も練習して、男性に見えるならやる、くらいがいいように思います。
うまいひとがやることには賛成だし、
やらないと男性に見えない方もいる、と思っているだけですので。

では、失礼しました。

  6さん、コメントありがとうございます。
 6さんのコメントを読むと、
「美形ではない男性が美形の男性キャラのコスをする場合は、濃い男装メイクをすることでキャラに近づく満足感が得られる」
ということになると思えます。
 『ガンダム00』のラッセや『ボトムズ』のキリコは美形キャラだと思うのですが、それを私(当然ながら美形ではない)がコスした際に濃いメイクをしたら、誰が見ても気持ち悪く映る筈です。

 男装レイヤーの間ではそれが許容されているということは、やはり「女性は厚化粧することが許される」という一般的な前提があるからだと思えます。

 もっとも、男性レイヤーも濃いメイクをすることが当たり前になれば、濃いメイクに対する印象自体が変わるのかも知れませんが。

 ろぐさん、質問に答えて頂きありがとうございます。

 すっぴんでのパーツ単体に関しては、私は男女差はないと認識しています。ヒゲや毛穴などの、体毛関連で男女差が出ているだけのような気がします。男性が女装するとき、必ず言われるのが体毛の件ですし。

 男女の顔の違いに関しては、どこかちゃんとした所で研究されているように思いますが、個人的にアレコレ考えていきたいです。

たまたま見掛けたので横から失礼します。
男装メイクについて意見がぶつかり合っているようですが。

説明下手なのでわかりにくい点多々あるかもしれませんが、ご容赦ください;;

そもそも求めているものが違うのではないですか??

震電さんの写真も拝見しました。
わたしはコスプレイヤーではないので、
写真を撮る上での細かいコツや技術なんかはわかりませんが、
影の入り方や表情・ポーズなどで非常に凛々しくカッコいい写真が撮れていて素敵だなと思います。

同時に、すごくリアルに近いな。と思いました。
映画に出てきそう!と。

この間上映されていた宇宙戦艦ヤマトも、衣装は当然漫画原作のものですから、
あれも一種のコスプレに入るじゃないですか。
でも当然のことながら役者さんたちはいっさい奇抜なメイクなんかしてません。
完全にナチュラルメイクです。
だからこそ見ていて、身近に、リアルだなと思えるし、
人間味をすごく感じます。
逆に濃いメイクだったらおかしいじゃないですかww

わたしが見た震電さんのイメージはそちらに近いです。
だから、映画に出てきそうだ!と思いました。

当然ですが、逆に濃いメイクの男装コスプレイヤーさんを見て映画に出てきそうだなんて微塵も思いませんw

でもわたしは濃いメイクのコスプレイヤーさん(というかその写真?)を見ても、
うわぁカッコいい!素敵だな!と思うと思います。
というかおもってますw

それはたぶんコスプレイヤーさんが撮る写真にリアルを求めてないからです。
現実にいないようなキャラクターだったり、2次元的な美だったり。
当然現実味を感じさせないものを求めているわけですから、
もしそこでたとえばヤマトに出ている役者さん達があの姿で写っていたとしたら、
たぶんわたしは違和感というか、物足りない感を覚えますね。

アニメや漫画の特に奇抜な衣装の場合は、
顔も衣装も全体のバランスが取れていて衣装負けしていない、
かつリアルを感じない!

コスプレイヤーさんの写真に関しては、
わたし一個人は、
2次元に近いものを求めているので、そこでリアルを感じると違うなぁって思っちゃいます。

当人じゃないので断言は出来ませんが、
たぶん濃いメイクの男装をしている女の子は、
リアルの意味での男性の理想の顔を目指してるわけじゃないと思うので、

震電さんとは求めてるものが違うのでは?
と思った次第であります。

求めてるものが違えば当然方法も異なってくると思うので。

あと、顔の男女差の話も途中からされていますが、
パーツの前にそもそも男女では骨格が違いますよ!
ここ最近は差が小さくなってきてるみたいですが、それでも違うことに変わりありません。

長くなってしまってすみませんでした;
失礼します。

 トレモロさん、コメントありがとうございます。

>アニメや漫画の特に奇抜な衣装の場合は、

 前のほうのコメントにも書いたと思いますが、私が言っているのは特に奇抜ではない衣装のキャラのことです。(奇抜な…でも、程度に拠ると思いますが)

 例えば、ガンダム00の1期のキャラは普段着が多いです。TシャツにGパンとか、釣りに行くような感じの服とか。目もむしろ細くて睫毛の強調表現もない。
 それをどうして濃いメイクで表現するのかな?と。
 衣装が普通で顔だけ濃いメイクだと、不自然にしか見えません。
 変身前のデビルマンとかだったら、アイメイクが濃くなるのは分かりますが。

>かつリアルを感じない!

 私は濃い化粧を見た途端に、男装レイヤーの中に「女性というリアル」を強烈に感じてしまいます。「ああ、やっぱり女なんだ」と…。 

返信ありがとうございます!

あまり奇抜でない衣装に関しては、確かにわたしも濃すぎるメイクはおかしいと思っています。
けいおんみたいな制服だったり、本当に普段着に近い衣装だったり。
そんな衣装で濃すぎるメイクは全体のバランスがおかしくなるので、当然バランスが取れていなければわたし的にはNGですw
その点に関しては、メイクをしているしていないということよりも、バランスが取れてるかどうかの問題ですね。

震電さんが感じる「リアル」の意味はわたしとちょっと違うかもしれません。
(同じだったらごめんなさい;;)
わたしは「日常」という意味でリアルを感じたくないです。
非日常を求めているのに、そこに日常を感じたら当然萎えます。

あとはやっぱり一番最初のコメントでもついていますが、
基本的に2Dアートとして捉えている方がほとんだと思うので、
その中で美しい作品が出来ているならわたし的にも満足かなと思います。

「男に見えること」よりも「綺麗に見えること」を優先するなら男装と呼んでほしくない!と震電さんはおっしゃられていますが、
そこはおそらく男装に求めているものと捉え方がその人達とは違うんだと思います。

震電さんは「男に見えること」を求めていますが、
その濃いメイクをしているコスプレイヤーさんたちは「綺麗に見えること」を求めているわけですから。

男装に対する捉え方が、途中のコメントでもついてるように、
「男性キャラクターを女性がやる」っていう本当に単純にそれだけの意味で捉えているんだと思います。

物事の捉え方は人さまざまですからね。男性女性違うだけでも大きく変わりますし。
じゃなきゃ意見ぶつからねぇよって話ですねすみません;;

まとめると、衣装が奇抜なものであっても平凡なものであっても、
2Dアートとして全体のバランスがしっかり取れていて、そこに日常を感じない!
っていうのがわたしのコスプレ写真に対する見方ですね。

ですからメイクに関しては濃いのが絶対!とか薄いのが絶対!とかではなく、
作品としてバランスよく成り立っているメイクならば濃くてもいいと思います。

すみません、追加です;;

コスプレイヤーの友達から聞いた話も混ざるのですが、
その細い目だったりしっかり通った鼻筋だったり、男女差の骨格的な問題や二重一重の問題で、
どうしてもメイクをしないと不格好になってしまうケースが非常に多いです。

二重の丸い目を、一重の細くカッコいい目にするメイク方法だったり、
タレ目をツリ目の切れ長に見せるメイク方法があるらしいです。

あとはウィッグとのバランスが一番大きいと思います。
アニメや漫画キャラの特徴的なウィッグはそのまま被ると非常にバランスが悪いです;;
よほどの美形か、理想的な骨格でない限り、メイクなしでは厳しいものがあります;;
それは正直写真を見て思いました。

あと睫毛強調に関しては他の方も男装でやりすぎているのはおかしいという意見なので、そこは同意で終わる話かなと思います。

2回に分かれてしまって申し訳ないです;
失礼しました!

 トレモロさんへ… 

>その細い目だったりしっかり通った鼻筋だったり、男女差の骨格的な問題や二重一重の問題
>で、どうしてもメイクをしないと不格好になってしまうケースが非常に多いです。

 私は男女の顔に関しては骨格差は無いと認識しています(医者などのプロが見れば認識できるが、素人には認識できないという意味)。実際、昨日スーパーのレジ打ちの女性(すっぴん)を男性と見間違えました(男性だろうと思ってそのレジに接近したら女性だった)。
 だからトレモロさんや6さんのこういうコメントを読むと、男も「どうしてもメイクをしないと不格好になってしまうケースが非常に多い」ということになってしまいます。

 現実の男性が、女性に比べて

>その細い目だったりしっかり通った鼻筋だったり、
>二重一重の問題

をクリアしているとは思えません。

 私自身がコスプレしているイアン・ヴァスティも、顔の造形そのものはマイスターとほとんど変わらないので、濃いメイクが必要という話になってしまう。でも、それをやったら、確実に気持ち悪くなるでしょう。

 「男女の顔の骨格差」というのは、男装レイヤー側が無意識についている嘘だと思えてなりません。

返信ありがとうございます!

コスプレをする以上、そのキャラクターに少しでも似せることを目指すのは皆さん同じだと思います。

キャラクターにしろ現実の人にしろ、双子でもない限りまったく同じ顔の人なんか当然いないです。
双子だって実際は見分けつきますしね。

なら当然のごとく、
そのキャラクターの衣装を着て、ウィッグを被ればハイ完成!
どこからどう見てもそのキャラクターにしか見えません♪
なんてありえないです。

わたしはそれを不格好だと思うんです。
全然似てないじゃんwwて思っちゃいます。

それをメイクでそのキャラクターに似せるようにするんです。
それは男装だろうと女装だろうと同じ性別コスだろうと同じだと思います。

男の人が男のキャラクターの衣装を着てウィッグを被ってばっちりコスプレをしていても、
顔が似てなければそれはどう見たって不格好です。
コスプレの意味無いですよね。
もともと顔の造りが似ていて立ってるだけでもそう見えたりするって人なら別ですが。
それはごくごく僅かですよね。

似せるメイクは、極端な例をあげるとテレビでやってるものまね芸人さんがいい例だと思います。
あれはウケを狙ってるのでかなりオーバーですけど、たぶんパッと見はみんな似てるって思いますよね。
あれだけ極端でオーバーなメイクでも、似てるーwって思うんです。
それはちゃんとその人の顔の特徴を捉えてそれを強調してるからです。

似てると感じるってことは似せるメイクとしては当然成立してるってことです。
コスプレでもそれは同じ似せるメイクですから繋がるものはあると思います。
ものまねではウケの方に向けてオーバーに表現するところが、
コスプレでは写真映え・綺麗さに向いているだけだと思います。

そのコスプレを見て、「うわー似てる!」って思わせたいっていうのも本来のコスプレイヤーさんの想いだと思うので、
その上での濃いメイクなら断然ありだと思います。

「男に見えること」ではなく、「そのキャラクターに似せる」ことが目的ですよね。

失礼しました!

>あれだけ極端でオーバーなメイクでも、似てるーwって思うんです。

 「あれだけ極端でオーバーなメイク」をして、漸く「似てるかな?」と思えるのであって、「そこまで極端ではないメイク」では、ただの濃い化粧です。似ているというレベルには到底届かないと思います。


>「男に見えること」ではなく、「そのキャラクターに似せる」ことが目的ですよね。

「女に見えること」ではなく、「そのキャラクターに似せる」ことが目的ですよね。
 ↑「何を言っているんでしょう?」とか思いませんか?

お断り

「女に見えること」ではなく、「そのキャラクターに似せる」ことが目的ですよね。

↑これに対して特に違和感を覚えない方のコメントは、参考にならないのでここには投稿しないで下さい。

違和感を覚えましたので投稿します。
(私はレイヤーではまったくありませんので、あしからず)

「キャラに似せる」とは必然的にそのキャラの「性別」にすることと同じだと思いますよ。つまり「女性」に見える男性キャラのコスプレ、男性に見える「女性キャラ」のコスプレはOUTです。だって性別違ったらそのキャラじゃないですもんね。
震電さんのいう「濃い化粧は女にしか見えない」ってのはあながち間違ってはいないかと。

で、上記のやり取りを読んでいて震電さんにいくつか質問したいのですが。
①キャラににせるというのは性別を近づけることのみではありませんが、顔に関しては震電さんの言うナチュラルメイクでどうしても似てない人はキャラ変更をすべきですか?(しぐさやポーズなどはすべてクリアしているとします。)
②男性と女性の顔の骨格の違いは確かにあります。頬骨や前頭骨、鼻筋、肉のつき方など。これをクリアしていると現に性別を間違われる頻度が高くなりますが、これは性別が近くなるとはいわないのですか?
③個人の意見としてこのブログを書いているわけではなく、他に意見を求めていると考えていいですか?(あまりにも一方通行な会話にみえたので。)

②に関して。震電さんが間違えたレジの女性はすっぴんで、世の「女性らしさといわれるものを際立たせてくれえる」象徴である化粧をしていなかったわけですが、確実に何かしらの男性らしさをいわれる要素を顔に持っています。すっぴんでもおもいっきり女性に見えるひとだってごまんといますので。男性も女性らしい顔立ちというものをしていればもちろん女性に見えます。(体格の違いを除いて)余談ですが某V系歌手は整形時に顔の男性らしさを演出するところを除去することで中性的な顔立ちにしたようです。
医学的ではなく、私たちが普段暮らしていて当然感じる顔の性別の差です。なので「差はない」ではなく、「差がある」としてご意見ください。

質問など生意気にすいません。
震電さんが意見をもめていらっしゃるならぜひ加わりたいとおもいましたので参加しました。ご了承ください。

 丸数字は機種依存文字だと聞いたことがあるので、(1)とかに変えてお答えします。

(1) ナチュラルメイクでどうしても似てない人はキャラ変更をすべきですか?
 私だったら最初からやる気になりません。例えば、『TIGER&BUNNY』で一番お気に入りのキャラはエンジニアの斎藤さんなのですが、外見が私とは全く似ていないのでやろうとは思いません。
 一般論としては、「ナチュラルメイクでどうしても似てない」場合は止めておいた方が良いと思いますが、どうしても出したい場合はそのままで出すしかないでしょう。「ナチュラルメイクでどうしても似てない」のに、濃いメイクをして似るわけが無いからです。奇抜な顔になって、笑いを取りに行くなら話は別ですが。

(2) 男性と女性の顔の骨格の違いに関しては、具体的に条件を説明されないと判断できません。
 骨格以外では、「眉毛と目の間隔を狭くする」とか言われますが、ハリウッド映画の女優さんはそういう人も多いですけど、男性っぽいとは思いませんし。ただ、眉毛をキリッとさせると男でも男っぽさがupしますので、「キリッとさせる」が目の幅や長さに対して何対何の範囲にするとかはあると思います。
 中性的な顔に関しては、とりあえずのっぺりとした顔(無特徴化)になれば中性的にはなると思います。逆にゴツゴツさせれば男性っぽくなりますが、この辺りを数値化したモデルを見てみたいです。
 ただ、男性でも明らかにゴツゴツした人は例外的存在なので、日常レベルでは男女の顔の骨格に差はないと思っています。例えば、私の顔のどこが男性的なんでしょうか?

(3)この記事を書いた理由は、レイヤーに濃い化粧をやめて欲しいからです。
 この記事を読んで、「今までノーズシャドーをガッツリ入れていたけど、次回は少し薄めにしておこうか」とか思ってもらえたら嬉しいです。
 特に「他に意見を求めている」わけではありませんが、「眉毛と目の間隔を狭くすると男性っぽくなる」といった具体的な情報は教えて頂きたいです。

ご返答ありがとうございました。意見を求めている・・・というわけではないようですのであまり出すぎたことはかかないように・・・・・・・っと注意しながら震電さんの返答の中にあった骨格の差について。

震電さんのいうように、男女の差として明確な差自体はありません。性別を間違われる方は除きます。ではどのように男女差を感じているかというと、分かりやすいのは額の高さです。これは鼻の高さ(ほりの深さ)、眉毛と目の感覚に関連してきますが、男性は女性に比べ眉上部の額が高いのです。実際震電さんの写真を見てもらうと分かりますが、おでこ下部・眉の上が盛り上がっているのが分かると思います。これがレイヤーさんたちと言う鼻の高さをほりの深さ、眉と目の感覚につながります。男性のほうがいかつい顔の印象だったり、二次元でも眉が目と近めに描かれるのは、意識しているかしていないかこの違いが顔の男女差に(ある程度大きな)一役を買うからです。
まああとは縦長の顔と横長の顔だったりしますが、太っている人に当てはまりませんので置いておきます。

無意識に私たちが感じている顔の男女差はここだと思います。これをクリアする方は、男性的・いかつい印象を与える女性だったり、逆にやさしい・女性的印象を与える男性だったりします。もちろん顔だけをみているわけではないので普段の生活では服や髪型も加味されてきますが。

つまり、レイヤーさんたちがするノーズシャドウは間違ったものではありません。ただ、あまりにも明確にいれすぎると震電さんのおっしゃるチンドン屋になりかけませんので、写真だけを意識したものだったらまだしも、生でみるのには「あれぇ?」と思いかねませんね。
最近のレイヤーさんの濃いめの化粧はすでに”男性”というより「きれいな男性寄りな”女性”」を目指している、またはそのほうが「うけがいい」のではないのかという憶測なのですがどうでしょうねかねぇ。それこそV系流行にのっとり。

(1)に関して。この差もありますよね多分。無理に似せようとするといろんな顔への工作をする羽目に。それが逆に作られまくった顔として違和感なのかと。ここに関しては私がレイヤーではなくその世界や考えが分かりませんのでいいのか悪いのかまったくわかりません。「似せたい」を追求してあえて性別として違和感が出てもそれをすべきなのか、あきらめて他のをすべきなのか・・・ここまでくると趣味のレベルを超えている気がしますが。いや、実際すでに超えたジャンルなのでしょうか。

乱文多謝。

続けてすみません。

気になったのでいろいろ調べてみましたところ、某巨大掲示板では「メイクをしてない男装」「ほぼすっぴんな男装」をしているレイヤーがつるし上げられてました。
ということは、メイクの濃さがどうこうよりすでにレイヤー業界では「メイクをなるべくしないコス」はOUTな方向性なのかしらん・・・と思いましたのですがこの辺どうでしょう?

「このキャラが三次元で存在していたら・・・」というより、「”二次元”の再現」がかなり強いのでしょうか。だから極端な話画面からそのままでてきたら・・みたいな感じかなと。鼻の穴はふさぎませんがね。
濃いメイクの賛否は上記の前者か後者かでわかれるのかなという推測です。これまたコスプレとは・・・というなんたる深い上に解決しない個人差のある話になってしまいそうなのでこれ以上はやめておきます。

 zunさん、具体的な情報どうも有難うございます。

>男性は女性に比べ眉上部の額が高いのです。
>実際震電さんの写真を見てもらうと分かりますが、
>おでこ下部・眉の上が盛り上がっているのが分かると思います。

http://blog-imgs-37.fc2.com/s/i/n/sinden/20100116115330abc.jpg

 確かに、眉頭のすぐ上の部分(眉毛が生えていない部分)に、僅かではありますが盛り上がりがあります。そして、顔のゴツイ人(ゴリラ顔?)は、この部分がより明確に盛り上がっている筈です。目と眉の間隔が広くても、眉の上が盛り上がっていると男性っぽくなるというのは有ると思えます。

 これは、私にとって新しい知見です。
 頬骨が高いとかは女性でも普通にあるし、男っぽさとは関係ないよなぁ…とか思っていたので、この情報はまさに膝を打つという感じです。

 ただ、これを化粧で再現するとなると、アイホール?にシャドウ?を入れるという、女性の一般的(成人女性向け?)がそれになると思えます。
 眉の下の部分に影があるように見せかける…眉の部分を高く見せる…ということで、男性っぽくなる筈ですが、実際にはそうはなりません。

 あ…今、「彫が深い=鼻梁および眉のラインが高く、目が奥にある」女性で、「眉の上の額のラインが平坦で、全く盛り上がっていない」女性(℃-uteにいた当時の梅田えりかさん)を間近で見たことを思い出しました。外人っぽい美人で、ボーイイッシュなところが全くない女性でした。
 「ラインが高くても、フラットで盛り上がりがない」ことがポイントなのかも知れません。

>メイクの濃さがどうこうよりすでにレイヤー業界では「メイクをなるべくしないコス」は
>OUTな方向性なのかしらん・・・と思いましたのですがこの辺どうでしょう?

 そんなことはないと思います。
 例えば、この記事でも挙げているように、熊田曜子さんがナチュラルメイクで男装しても、誰も文句言わないと思います。

 端的に言って、
「ブスのくせにイケメンのコスをするな」
「不細工はコスプレするな」
という、メイク以前の話を、メイクの話題にすり替えているだけです。

 そしてこれは、典型的な同属嫌悪です。
 美人は、わざわざブスを探して文句を付けたりしませんから。

はじめまして

過去の記事に反応するのも今更かと思いましたが、
コメント欄を拝見して気になった点がありましたので
ひとつの個人的な考えとしてコメントを残させて頂きます。

まず、男性と女性の骨格の違いによる女顔・男顔についてですが
所謂骨が浮き出る程に痩せている、という方以外は
特に違いは解らないかと思います。
眉上の盛り上がりについてのみであれば、その部分を前髪や装飾で
隠せるキャラクターなら、どちらの顔形でも関係ないと思います。

ですが、骨格以外にもう一点。男性と女性の違いがあると思います。
全体的フォルムの丸みです。
体のラインは勿論ですが、頬自体のふっくらとした丸みや
血色の良い厚い唇は男性にはあまり見受けられない物ではないでしょうか。
(ふくよかな方は除きます)

また、男女の違いは年齢にもよるかと思われます。
最近は男のスキンケアなど女性らしい男の子も増えてきたので、
20代前半くらい迄は男女の顔の差は大きくは無い気がします。
スッピンなら首から上だけで判断するのも難しいかもしれません。
(まぁ年を重ねれば重ねる程差は広がりまた縮まっていくのですが……)

それなら何故男性キャラのコスプレをする為に厚化粧をする人が居るのか?
という事ですが、一番は

『写真を通して見た際、どれだけ"美しい"2次元キャラに近づけるか(そう見えるか)』

だと思います。
謙遜社会なのか、コスプレをしている御本人自ら美しさ目指してますなど
言う方は中々いらっしゃいませんが、フワフワキラキラとしたぼかし効果や
彩度と明度を目一杯上げたオシャレ美肌偽造写真が多く、写真として
映える綺麗さが前提のメイクなのだと感じました。

また、他の方のコメントでもありましたが、コスプレをされている方自身の
男性キャライメージが脳内で大幅に改変され、睫毛ビシバシ
眼力最強舞台顔になっている可能性もあります。
ワンピースがベルバラになるようなものですが、ここ迄来ると
腐要素や宝塚要素などのコスプレを見せる対象についても
話が広がりそうなのでこの話題については切り上げたいと思います。

やりようによっては綺麗な男性による女性キャラクターのコスプレも
とかく凄惨なものがありますが、綺麗の基準も男装の定義も
何故そのコスプレをしたいかも各々違っているので
これに関しては統一というか解決しようのない事なのかなぁとも思います。

最近では完コス主義という言葉もあるようで、既製品などが出て
コスプレ用品を入手し易くなった反面、ジャンルによっては敷居が
とても高くなったと感じております。

私もコスプレする機会があったらこちらで拝見した
皆さんの意見を参考にしたいですね。

ちなみに、女性の通常(一般的?)メイク方法としても
彫りが深く鼻筋が通ったメイクをするには、アイホールにシャドウではなく
眉から鼻筋に沿った部分にシャドウになりますね。
眉上と眉間から鼻先にハイライトとして白を入れるとより効果的とされています。

それでは、長文失礼致しました。

眉上の盛り上がりに関してですが、

>眉上の盛り上がりについてのみであれば、その部分を前髪や装飾で隠せるキャラクターなら

 ご指摘の通り、この部分を隠せば顔の性差は小さくなると思います。
 例えば、一直線パッツン前髪等でで眉上を隠した髪型のキャラならば、女装(男性による)が成功し易いのでは。


>血色の良い厚い唇は男性にはあまり見受けられない物ではないでしょうか。
>(ふくよかな方は除きます)

 これに関しては、私のような「痩せているがタラコ唇系」

http://blog-imgs-15.fc2.com/s/i/n/sinden/2009090502.jpg

の男性が特に珍しくないことから、的を射ていないと思います。


>最近では完コス主義という言葉もあるようで、

 最近では完コスという言葉は余り使われなくなっています。
 「完コス」と「KY(空気読めない)」は、言葉としての流行り廃れの時期が同じであるように感じています。


>眉から鼻筋に沿った部分にシャドウになりますね。

 正にコレです。宝塚系ではない男性キャラのコスで、こういうメイクを見ると、本当にガックリします。
 遠目でキャラを確認して写真を撮らせてもらおうと思い、近寄ったらこのメイクであることに気付き、ピタッと静止してしまったことも2度ほどあります。

ご返答ありがとうございます。

>これに関しては、私のような「痩せているがタラコ唇系」

http://blog-imgs-15.fc2.com/s/i/n/sinden/2009090502.jpg

>の男性が特に珍しくないことから、的を射ていないと思います。

これは失礼致しました。私の記憶の限りでは
厚さ・色共に薄い、若しくは色がくすんでいる男性が
多かったので断定した形になってしまい申し訳ありません。

確かに震電さんの唇はこちら

http://blog-imgs-24.fc2.com/s/i/n/sinden/200905142326245ab.jpg

を拝見させて頂いても他の男性的な部分を調整すれば
女装も出来そうなタラコ唇具合ですね。

震電さんや参考にした様々な男性の写真を眺めていて思ったのですが
『頬の痩け』は十分な男性的部分のような気がしました。
確かに頬が痩せているハリウッド系美女もいらっしゃいますが
頬が痩けていると何と言うか、加齢を感じると言いますか。。

私だけが感じているものかもしれませんが、少年キャラなら
女性の平坦でも丸い顔が若さと可愛らしさを強調して独特の
中性的な雰囲気を出す事が出来ますが、青年(青年に見える)キャラ
となりますと、丸さが仇となるので一様に皆必死で
(面長に…彫り深く…シャープに…)とシャドーとアイメイクを
これでもかと塗重ねているのでは無いでしょうか。

前回のコメントもこれらも私自身の憶測に過ぎませんが、
男装メイクのいろは的なコスプレサイト・雑誌などでも
シャドウを入れる事を推奨している様ですので、それらが
意見を変えるか、全員ナチュラルにシャドウを入れられる
技術を身に付けるしか無いようですね。


>遠目でキャラを確認して写真を撮らせてもらおうと思い、近寄ったらこのメイクであることに気付き、ピタッと静止してしまったことも2度ほどあります。

こういったお話を聞くと、メイクの仕方によっては
本当に舞台メイクになってしまうんだなぁと感じました(笑)

震電さんにとっては笑い事では無いかと思いますが、
コスプレを一つのアート作品として眺めさせて頂いてる身としては
レイヤーさん自身に似合って着こなしていて。尚且つしっかりと
雰囲気を持ってキャラになりきれていればどんな格好でも
気にしませんよ という所が本音だったりします^^;

こちらの記事を拝見して、また新しい世界を一つ見る事が出来
良い勉強になりました。
今後はナチュラルメイクレイヤーさんも増えると良いですね。

それでは、ここ迄読んで下さってありがとうございました。
失礼致します。

 まゆともさん、新しい知見をありがとうございます。

>『頬の痩け』は十分な男性的部分のような気がしました。
>確かに頬が痩せているハリウッド系美女もいらっしゃいますが

>青年(青年に見える)キャラとなりますと、丸さが仇となるので
>一様に皆必死で面長に…彫り深く…シャープに…)とシャドーとアイメイクを
>これでもかと塗重ねているのでは無いでしょうか。

 まゆともさんの結論とは異なるので恐縮ですが、私は上記の内容から

(1)『頬の痩け』は、ハリウッド系美女に見られる特徴の一つである。
(2)『頬の痩け』は、青年以上の男性に見られる特徴の一つである。
(3)男装レイヤーの中には、『頬の痩け』がない女性も存在する。
(4)『頬の痩け』がない女性が『頬の痩け』のあるハリウッド系美女のコスをする
   場合は、シャドー等の濃いメイクを施す。
(5)『頬の痩け』がない女性が『頬の痩け』のある青年キャラのコスをする
   場合は、シャドー等の濃いメイクを施す。

つまり、

(6)女性キャラだろうが男性キャラだろうが、『頬の痩け』のあるキャラのコスをする
   場合は、シャドー等の濃いメイクを施す。

という現状(の一部)の背景だと見なしました。これは、

(6-2)女性キャラだろうが男性キャラだろうが、背の高いキャラのコスをする
   場合は、厚底ブーツを履く。

という女性レイヤー(の一部)の動向と非常に良く似ています。ここから私は、

「男装レイヤーに見られる不自然さは、男性と女性の共通要素において発生する」
ということに気付きました。
 女性にも一般的に存在する要素だから、女性のやり方でやってしまうわけです。
 それが、男性の目には「女性らしさを強調している」としか映らないとしても。


>震電さんにとっては笑い事では無いかと思いますが、
>コスプレを一つのアート作品として眺めさせて頂いてる身としては

 現場で近寄って見たら生々しくって、アート云々言ってられません。
 宝塚女優も、舞台メイクでディナーショーをやったりしないでしょう。
 男装レイヤーの中には、それをやっている人がいるから笑い事ではないのです。

コメントされる方へ

 本文とコメントの全てをキチンと読んでからコメントして下さい。
 明らかに内容を読み間違えているコメントや、既出のコメントとほとんど同じ内容のコメントは削除しますので、予めご了承下さい。

「まだ誰も言っていないけれど、こういう見方・意見もあるよ」
というコメントをお願いします。
 特に、
「スッピンの男性の顔とスッピンの女性の顔の、具体的な差はどこにあるのか(その差を埋めるために、こういうメイクが必要となる)」
に関する新しい情報をお待ちしております。

とても古い記事にとうとつに入り失礼します。

簡単な考え方として提案のみさせていただこうかと。
明確な差を探すのであれば、(女顔であるとご自分でおっしゃられている)震電さんが
“日常で見掛けるような女性に見える”または“男に見えない”<span style="background-color:#FFFF00;">メイク</span>をすれば
(少なくとも震電さんに)顔の差はないと言う所で解決します。
濃い<span style="background-color:#FFFF00;">メイク</span>をする<span style="background-color:#FFFF00;">男装</span>レイヤーさんも理論的反論は難しくなるでしょう。

顔が合わないキャラになるのではないので、震電さんの主張の上で可能な論のはずです。女装は嫌と言われるとそこで話は終わりですが……

逆に震電さんが濃い<span style="background-color:#FFFF00;">メイク</span>をして男にしか見えない顔になっても逆に論破となり解決出来ますが、変な顔になることが多いかと。


まあ、私から言わせてもらうと震電さんの顔も<span style="background-color:#FFFF00;">男装</span>レイヤーさんの顔もそれぞれの性別には見えていますよ。震電さんの顔は女に見えませんし。
<span style="background-color:#FFFF00;">男装</span>とはあくまで男服を着て装った人(主に女性に向けて使われる言葉)で、男に見えることと同列ではありませんから

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/930-aedc58a8

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。