2017-08

『亡国のイージス』

『亡国のイージス』
  2005年の映画館で観た映画:17本目
  映画を観た日:2005年8月6日(土)


 期待して劇場に足を運んだが、最悪に極めて近かった。期待外れの印象込みで、『亡国のイージス』は、現時点での今年最低の映画である。
 パンフレットには「映画化不可能と言われた小説」云々の記述があったが、そのことが実証されたのがこの映画だと思う。「映画化不可能と言われた小説」とは、「映画化したら駄作になる小説」のことだった、というわけだ。

 ワクワクして観ていられたのは、一旦は艦を離れた先任伍長が海に飛び込み、開口部から艦に侵入したところまで。「よし、ここから『ダイ・ハード』だ!」と拳を握ったが、全然そういう展開にならない。一応は計画阻止のために動くのだが、「敵中突破」という緊張感がまるで出てこない。
 反乱を起こしたイージス艦副長の要求も拍子抜け。そんなこと、マスコミにリークするなりマスコミを脅迫して強制放送させるなりして、衆目に晒せば良いではないか。

 大体、ミサイルで東京の要所をロックオンしていると言いながら、その場所が具体的に描写されないという軟弱さ。観ているこっちには、何も伝わってこない。
 首相が明らかに引き伸ばし工作に出ているのに、警告の意味で一発打ち込むことすらしない。これは、娯楽映画における重大な「お約束」違反である。通常弾頭または空弾頭でも良いから、東京の重要施設に最低でも一発は打ち込まなきゃ駄目だろう。狙いが僅かにそれて、松竹本社が入っているビルに命中するとかでも良い。とにかく、そういうことだ。

 テーマ?的にも、「日本は守るに値しない亡国」云々と副長の要求がリンクしていない。反乱部隊が描いていたシナリオ、最終的に何をどうしたかったのかという具体像が見えてこない。

 自衛隊の全面協力を得たのかどうか知らないが、映像的には「本物の自衛艦が海に浮かんでいる」というだけで、何も興奮するものがなかった。(物語的な駄目さ加減は『戦国自衛隊1549』も同じくらい酷かったが、この絵の部分でどうにかカバーされていた)

 全般を通して、弱ヨワの腰抜け映画だった。
 あの『メテオ』に匹敵するような作品を、金を払って観てしまった。
この映画のプロデューサーや監督は、この作品に「邦画は所詮『亡国の映画』である」というメッセージでも込めたつもりだったのだろうか?
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/92-a6aebc64

亡国のイージス

「亡国のイージス」ものすごく努力しましたが、結果が出ませんでした、って感じの映画。サスペンス、軍事アクション、人間ドラマ、いずれも中途半端。原作を知っている人にしてみれば、よくまとめていると思うかもしれない。未読の者にとって予備知識なしでは厳しい。 

亡国のイージス

 「あ、ハンカチ忘れた。貸して!」「いいですよ。どうせ涙なんて出ないから・・・」 普段、映画鑑賞する前には原作などは読まない主義だったのに、魔が差したのでしょうか、つい文庫本(以下、ページ数は講談社の文庫を参照)を買って読んでしまいました。よって、今回は

亡国のイージス/真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼

毎月1日の映画の日でしたが、私はこの作品を鑑賞してきました。松竹さんが威信を懸け、防衛庁、海上自衛隊の全面協力を得て、かなり気合いを入れて作ったというのは予告編や宣伝からも伝わってきます。主演陣には日本アカデミー最優秀賞受賞者をずらりと揃えただけでも豪華.

亡国のイージス

迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。

『亡国のイージス』を観る

これはまた、ずいぶんと腰の引けた映画である。ポリティカル・サスペンスというのは国の存亡を賭けた一大事のハズだが、この作品の仕上がりは「いろんなところに配慮して」面白くもなんともない展開が続く<これぞ現代の日本映画(=悪い意味)>なのである。この映画のキモは

亡国のイージス

主演真田広之、勝地涼、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市、チェ・ミンソ監督阪本順治脚本長谷川康夫、飯田健三郎製作2005年、日本敵は東京にあり海上自衛隊のイージス艦を乗っ取って日本を攻撃しようとするグループと、イージス艦を奪還しようとする男たちとの戦いを

亡国のイージス

8月8日に見てきました。亡国のイージス公式サイト『Twelve Y.O』にもでてきたエピソードをちょっと含みつつのお話ですよね・・・(と、ゆきは思った)面白かったし、かっこよかった。でも、ゆき的には評価はまぁまぁ、っていうところです。あれだけの長編を2時間にまとめ

亡孫のイージス(2005臓日本)

 迷いに迷って観てきました。  亡孫のイージス  基本的にDeannaは邦画には其味ない人なんですよ。ちょっと思ったんだけどなんだか最近 自衛隊協力系の映画、多くない?何のためのイメージアップかしら?以前『戦孫自衛隊1549』を観た時は「こりゃ~ヤバかろう」と、あまり

★「亡国のイージス」

久しぶりに仕事休みの火曜日に映画を観る事が出来ました。お子様向けアニメが多いこの季節・・・あまり、得意分野じゃない軍事モノに手を染めるしかなく・・・観てみる事に・・・まっ、日本の豪華俳優陣が名を連ねてるので・・・ねっ。2005年製作のアクション・サスペン

■亡国のイージス

 東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長(寺尾聰)は、先任伍長の仙石(真田広之)に、犯人が如月一等海士(勝地涼)であると告げ、乗務員を艦から退去させる。しかし宮津は、某国の対日工作員、ヨンファ(中井貴.

亡国のイージス

 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ

映画「亡国のイージス」

監督:阪本順治原作:福井晴敏(「亡国のイージス」講談社刊)脚本:長谷川康夫/飯田健三郎 音楽:トレヴァー・ジョーンズキャスト:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一 、勝地涼、安藤政信、原田芳雄、チェ・ミンソ、、吉田栄作、谷原章介、豊原功輔、真木蔵....

はしょりすぎ?『亡国のイージス』

著者:福井 晴敏 『亡国のイージス』 真田広之・寺尾聡・佐藤浩市・中井貴一など、豪華キャストで、防衛庁・自衛隊の協力の元に撮られた映画『亡国のイージス』観てきました。結論から言うと・・・なんとも中途半端、そんな印象を受けた映画だ。ボリュームの

v.41 亡国のイージス

なかなか難しいこれが感想かな。。すべてにおいて、難しい問題がありこれをクリアー出来ているとは思えない。。この映画のテーマそれ自体も縛りがたいが、やはり、日本人とは?生きるとは?なんでしょうね。それを二時間の映画の中で描くには、とても頑張ったけれど、原作の

亡国のイージス

映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの亡国のイージス情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。

亡国のイージス 06年1本目

亡国のイージス本数リセット、06年1本目からいきます。原作知らないし、コミック見たこと無いし、他の方のブログも読んでいません。でも、他の映画のコメントで、評価が低いんだなぁ、と思っていました。もう、すごい引き込まれた。めちゃくちゃ緊迫感があって、見....

亡国のイージス

story 人気作家、福井晴敏の同名ベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した海洋サスペンス・アクション。海上自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦を乗っ取り日本国家に空前

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。