2017-08

3.20晴海&3.28としまえん ガンダム00コス大型合わせの感想(その2)

3.20晴海&3.28としまえん
       ガンダム00コス大型合わせの感想(その2)

 いちおう、 前記事 からの続きです。

 3月20日の『コスプレ館in晴海 ~卒業おめでとうSP~』における“ガンダム00 2期CB合わせ”では、8人中7人が若い女性で男性は私1人。しかも私と他のメンバーの皆さんとの間には、親子ほどの極端な年齢差がありました。
 劇中のイアン(2期)は56才なので、マイスター最年長のロックオン(29才)から見ても親の世代と言えるのですが、実際にコスの現場でオッサンが自分一人だけという状況は、やはり「お邪魔させてもらっている」以外の何物でもありませんでした。

 一方、3月28日の『JCF in としまえん』における“俺達がガンダム00馬鹿だ!合わせIN豊島園”では、約50人中約10人が男性レイヤーでした。残り約40人は女性であり、男性が圧倒的少数派であることには変わりがないのですが、それでも男性が約10人いると気分が落ち着きます。「ああ、俺はここにいてもいいんだな」と思えるのです。

 豊島園では、わたあめさん(男性レイヤー)と待ち合わせをして、ある程度行動を共に出来たことも大きかった。単独で参加するよりも、わたあめさんと一緒に参加することで気持ちに余裕が持てたと思います。実際の行動面でも、互いに互いのカメラを使用してソロショットを撮り合うといったことを、早い段階で済ませることが出来ました。

 私は昨年末に男装レイヤーの存在を知った際、彼女達が男装コスをする際に濃いメイクをすることや厚底ブーツを履くことに対して、嫌悪感を抱きました。
 事実上初めてのコスプレイベント参加となった2月のガンダムコスプレフェスティバルでは、自分から男装レイヤーや、男装レイヤーと一緒にいる女性レイヤーに近づくことは一切しませんでした。「避けられるものなら、ずっと避け続けるべき」だと思ったからです。また、男装レイヤーにとっても、体格面で整合性の取れない男性レイヤーは避けるべき存在であろうと思えました。

 しかし、ガンダムコスプレフェスティバルのようなオッサンレイヤーが集まりやすいコスプレイベントなど、そう滅多にありません。コスプレイベントの現場の男女比が1対9または0.5対9.5であることを考えると、端から男装レイヤーを完全に避けて通るという考えは余り現実的ではないのです。

 とりあえず、現在のコスプレシーンの現実、男装レイヤーを実際に近くで観てみようと思い、ガンダム00の合わせを探したところ、幸いにして「男性OK、ミレイナ参加」という私(イアンのレイヤー)にとって最高の条件の合わせ募集がありました。それが、3月20日の『コスプレ館in晴海 ~卒業おめでとうSP~』における“ガンダム00 2期CB合わせ”でした。
 冒頭に書いた通り、合わせメンバーとの間に余りにも年齢差があったので、そこに自分がいることに対して「授業参観か何かに代理で来ている町内会のオジサン…といったところか」と思えたことを憶えています。

 そこで初めて接することになった男装レイヤーの方々は、想像していたよりも遥に印象が良い存在でした。
 確かに身長は私より明らかに低く、彼女達の体格面に関しては大いに不満がありました。鳴海さん(刹那)以外のマイスターは厚底またはピンヒールを履いており、それが視界に入るたびにガックリきたことも確かです(出来るだけ見ないように気をつけてはいましたが)。
 しかし、キャラクターの雰囲気としては、かなり一致度が高かったのです。予想外に良かったと言っては失礼になりますが、これは本当に嬉しかった。

 キャラクターの一致度というのは3種類あります。
 先ずは、ルックスそのもの。
 次に、普通にしているときの雰囲気。
 そして、撮影時(被写体になっているとき)の雰囲気。

 合わせ主催の舞姫さん(ティエリア)は、顔も体付きも確かにティエリアに似ているのですが、いかんせん小柄で、しかも普通にしているときは本当に女の子女の子していて、最初は正直「この娘、ティエリアで大丈夫かな?」と思えたものです。
 それが、撮影が始まると雰囲気が一変してキリリと引き締まり、小さな体ながらティエリアのキャラを見事に引き出されていたので驚きました。

 プロの役者であっても、撮影の合間まで役になりきっているわけではないでしょう。増してやアマチュアのコスプレイヤーに対して、撮影以外の時間も役になりきっていろとは言えません。
 もっとも、セーラームーンが喫煙する等の明らかにキャラのイメージを壊す行為は禁忌ですし、ガンダムマイスターが女の子座りをするとかも謹んで欲しいとは思いますが。

 鳴海さん(刹那)はその点、偶然チラッと見た範囲では胡坐をかいて座っておられましたし、普通にしているときの雰囲気からして男性キャラっぽかったです。

※ちょっと長くなってきたので、一旦ここで区切ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/917-0290bf3e

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。