2017-08

『コスプレ館in晴海 ~卒業おめでとうSP~』 ミレイナ編

『コスプレ館in晴海 ~卒業おめでとうSP~』
 ミレイナ編

 『コスプレ館in晴海 ~卒業おめでとうSP~』における“ガンダム00 2期CB合わせ”の画像up、第2弾は藤宮奏歌さんのミレイナ・ヴァスティです。
 私(イアン・ヴァスティ)との2ショットは、舞姫さんが私のカメラで撮って下さいました。どうもありがとうございました。なお、画像には、トリミングと縮小以外の加工は一切施していません。

 今回、リアルにオッサンである私が、若い女性ばかりの合わせにお邪魔させてもらう決意が出来たのは、藤宮さんがミレイナのコスをされていたからです。
 主催の舞姫さんの呼びかけに共感を覚えたというのが参加の動機ではありますが(その記事は → こちら)、藤宮さんがミレイナのコスをされていなかったら、その動機が決意に繋がることはなかったと断言できます。その意味で、藤宮さんには非常に感謝しています。

 初めてお会いしたときの印象は、やはり「若い!」でした。お肌ピチピチという感じで、化粧はかなり薄かったように見えました。イアンのコスをしている私(43才)との間には、リアルに親子の年齢差があったように思います。
ミレイナ_1

 惜しむらくは、私が合わせに合流した直後(11時30分頃)に藤宮さんのソロショットの撮影が始まっていたことです。私は合わせの撮影なんか始めてだから要領が掴めないうちに撮影が終わってしまい、良い写真が撮れませんでした。
 「しゃがんで前に出れば良い」ということすら、最初のうちは出来ないものなんです。何しろ、私は周囲の女性達とは身長というか体格が全然違います。子供の中に大の大人が一人だけ混じっているようなものですから、何かもう最初のうちは「私がここにいるだけで邪魔になっている」という罪悪感が強くて体が固まっていた感じでした。

 下の1枚は、14時頃になって、改めてソロショットをお願いしたときのものです。
 このときは一人で何枚か撮らせてもらったのですが、実はここでも上手く撮れていませんでした。何故なら、このとき私は昼飯抜きによる空腹でヘロヘロになっており、集中力が極度に低下していたからです。残念無念…。
ミレイナ_2
 それでも憶えていることは、私が「見返りで1枚」とだけ注文したら、パッとこのポーズをとってもらえたことです。普通の人に「見返りで1枚」とだけ告げても、即応できないでしょ? 藤宮さんの動きを見て、「ああ、撮影慣れしている女性だなぁ」と思いました。「自分でポーズをちゃんと作れるモデルさん」という感じがしました。
 また、お気に入りのキャラのコスをしているレイヤーさんを見つけたとき、キャピキャピしながら駆けて行かれるところなんかは、素でミレイナのような感じがして微笑ましかったです。

 ここからの4枚は、前述したように舞姫さんに撮って頂いたものです。
 ヴァスティ親子合わせです!
ミレイナ&イワン_1

 「娘よ、あれが父さんの造ったガンダムだぞ」…なんちゃって。
ミレイナ&イワン_2

 親子で設定画ポーズ。藤宮さんの“ドリル”(ツインテール)が見事です。
ミレイナ&イワン_3

 親子でピース。劇中でも、こんなほのぼのとしたカットが欲しかったですね。ヴァスティ親子の描写は少な過ぎると思います。せっかく親子という設定なのに、活かせていませんよ、プンプン!
ミレイナ&イワン_4

 フェルトのコスをされていた牧野ひつじさんとの2ショット。しかもボレロをパージしているレアバージョン!
 藤宮さんの「上着をパージしているから手袋もなしでいい」という意見で手袋もパージ(と言うか、その状態のときに私が撮影をお願いをしました)。
 空の青さから分かるように、14時頃に撮影したものです。牧野さんが若干疲れた表情をされているのは、私同様お腹が減っていたせいでしょうか。藤宮さんは、14時過ぎてもまだまだ元気だった印象があります。これが若さか!?
 既に書きましたけれど、写している私のほうは腹ペコでヘロヘロ、大袈裟に言えば最後の気力を振り絞っている状態でした。
ミレイナ&フェルト_1

 藤宮さんのミレイナのシャツは素晴らしいです。もし私が『ガンダム00』を実写映画化するとしたら、シャツは絶対こういうタイプにします。身体にフィットしていることでアニメっぽい感じが残りますし、未来的な雰囲気も出ていると思います。
ミレイナ&フェルト_2


 以上です。藤宮さん、今回は本当にどうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/900-7dda7c6a

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。