2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガンダムOO』に関して、コスプレイベントで訊いてみたいこと

『ガンダム00』に関して、コスプレイベントで訊いてみたいこと

 身近に『ガンダム00』の視聴者がいないので、普段は面と向って作品に関する話をする機会がない。
 ネットには、常にネタばれと出くわす危険が潜んでいるので、作品内容に関する情報には近寄りたくない。
 だから、今週金曜の『コスプレ館in晴海』に参加することが出来た場合、「ネタばれ情報は出さない」ことを前提に、合わせのレイヤーさんの考え(想い)を聞けたらいいなと思っている。


(1)マリーの人格は、本当にソーマに戻ってしまっているのか?
 それとも、人格はマリーのままで、あたかもソーマに戻ったように振舞っているだけなのか?

(2)マリーがソーマとしてツンツンしているのは、アレルヤがいる場だけなのか? 例えば女性クルーしかいない場では、普通にマリーに戻って仲良くしているのか?
 それとも、女性クルーしかいない場でもソーマとして振舞っており、会話も必要最少限…みたいな感じなのか?

(3)アニューは、トレミーのクルーを最初から意図的に騙し続けていたのか?(アニューのイノベイターとしての人格と記憶は“作戦実行”以前も封印されていなかったという意味)
 それとも、アニューのイノベイターとしての人格と記憶は“作戦実行”までは封印されており、その間はアニュー自身、自分がイノベイターであるという自覚が全くなかったのか?

(4)自分が想い入れ有りでコスしているキャラは、「例え背景キャラと化しても最後まで生き残って欲しい」と願うか?(例…私の場合だとイアン。マイスターの中だとアレルヤか?)
 それとも、「背景キャラと化して生き残るよりは、大きな見せ場を与えられて散っていく」方を望むか?(例…アニューのコスをしているレイヤーさんの気持ちは?)

(5)『00』は、「話数に比べてキャラ数が多過ぎる」と思うがどうだろうか?
 終盤は、製作者側にとって「要らなくなったキャラ」が人員整理されるが如く、次々と消されていったように感じるのは私だけか?

(6)1期のロックオン(ニール)の最期に関して、彼の行動を支持できるか?
   以下の見解があることを前提としても、なお支持できるか?
       ↓
 戦争とは「復讐すなわち報復の連鎖である」とも言える。だから、CB(ソレスタルビーイング)のメンバーが、戦いに個人的な復讐を持ち込むというのは、CBの理念に反している。
 増してやニールはガンダムを任されたマイスターの一人。CBの理念を守り抜く責任は重大である。
 最後の戦いでは、ガンダムやトレミーが全滅の危機に瀕していた。それなのに彼は、家族の敵(かたき)と刺し違える、即ちニールとして死ぬことを選んでしまった。あの場では、私怨(しおん=私的な恨み)を捨て、最期の最期までロックオンとして生き続ける道を選ぶべきではなかったのか?
 初代ロックオンは「志半ばで散っていった」のではなく、「志を捨てて死んでしまった」のだ。私には、それが残念でならない。
(「ニールが死んでしまって悲しかった」、「ニールの最期は感動的だった」という感情論以外の何かが聞きたい)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/898-38982fcf

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。