2017-08

TRANTRIP製の連邦軍男子制服の衣装でブライトのコスプレをしてみた

TRANTRIP製の連邦軍男子制服の衣装でブライトのコスプレをしてみた

スタンバれ!
「スタンバれ!」
なんちゃってー。イアン・ヴァスティの衣装が届く前に、連邦軍男子制服の衣装(TRANTRIP製、コスパ経由で購入)でブライトのコスプレをしてみました。
 これは、イアンのコスの準備の一環です。第一目的は、十数年振りに買った整髪剤を試すこと。次に、コンシーラーを使ったシミ・ホクロ隠しの練習です。

戦況を分析中
 これを見ると、むしろ“黒髪のワッケイン司令”という気が自分でもするんですけどね。ブライトの特徴的な前髪を一応再現したので、ブライトということで。
 ちなみに、まだ髪を染めていないので実際には白髪だらけなんですけれど、この写真ではほとんど分かりませんね。写真ってコワイな~。

戦況が気になる
 戦況報告に耳を傾けるブライト…。
 自分では、この写真が比較的ブライトっぽいと思います。ちなみに、シミの隠し忘れが2つほどあるのですが、それよりもヒゲの剃り跡の方が目立ってますね。
 整髪剤は、小さな丸いケースに入ったペースト状のものを使ったのですが、私にとっては使いづらくてダメでした。一番安かったから買ったのですが…。ブライトの3本前髪のような、本当にピンポイントを固める用途にしか使えそうにありません。
 今日にでも、普通の泡スプレータイプのものを買ってこようと思います。

左舷、弾幕が薄いぞ
「左舷、弾幕が薄いぞ!」

修理にはどれくらいかかりそうだ?
「…それで、修理はどれ位かかりそうなんだ?」

 上の2枚の写真のポイントは、袖口の角度。ベストな角度になるよう、意図的に調整しています。この衣装は袖口がかなり広いので、角度によっては見栄えが悪くなってしまうのです。技術のある人は、手直しした方が良いでしょう。

ベルト長過ぎます
 シャアの衣装同様、ベルトは長すぎます。しょうがないので、このようにクリップで留めて撮影しました。

普通に留めるとこうなっちゃう
 ベルトはベロクロ(マジックテープ)で留める作りになっているのですが、それで留めると、こんな風になってしまいます。いったい、どんだけメタボな体形を想定しているんだか。

 以前紹介したシャアの衣装(その記事は → こちら)と比べると、値段が安い分、目をみはるような作りにはなっていません。3枚目の写真で分かるように、胸の飾りポケット(?)も、ちょっと中途半端な感じです。(いっそ全部縫い付けてしまった方が良いのでは?)
 しかし、裏を返せば、とにかく安い。制帽とブーツカバーも入っていて、税抜き9800円なんですから。また、シャアの衣装同様、著作権もクリアしています。

 ブライトはイケメンキャラではないので、私のようなフツーのオッサンでも気楽にコスプレ出来ます。
 『コスプレイヤーズ アーカイブ』と『Cure』に画像をupした後、他人のブライトコス画像を見ようとして検索したら…、ないんですよ、これが。1枚もない。
 余り規模が大きくなさそうな『コスプレイヤーズ アーカイブ』はともかく、『Cure』はコスプレSNSでも最大手クラスだと聞きます。それが、私以外に、誰一人としてブライトのコス画像をupしていないなんて…。ブライトの知名度は、ガンダムシリーズのかなり高い方だと思うので、ちょっとショックでした。

 ファーストガンダム(『機動戦士ガンダム』)リアルタイム世代の同士達よ!
 今年はガンダム30周年なんですから、記念に一度、ガンダムのコスプレをしてみましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/855-ef30c788

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。