2017-08

眉毛の処理をどうするか?

眉毛の処理をどうするか?


 髪、ヒゲときて、最後は眉毛である。
 自分で眉毛の手入れをしたことなど、我が人生に於いてただの一度も無い。床屋さんで散髪してもらう際に、眉毛の手入れ(眉間や瞼の上などに生えている部分を剃る)も一緒にやってもらっており、それが全てである。

 しかし、今回は普段よりも髪を伸ばした状態でコスプレをする。本来なら床屋へ行っている時期なのに床屋へは行かず、コスプレをするのだ。
 となると、伸びているのは頭髪だけではない。眉毛も当然伸びている。眉間や瞼の上にも無駄な眉毛が生えている筈だ。

 う~ん、どうしよう、これ。
 髭剃りで剃れるような気もするが、眉間はともかく、瞼の上は怖くて自分では剃れない。
 しかし、床屋さんで「眉毛周りだけ処理して下さい」とは頼み難いよなぁ…

…と思って鏡を見たら…
 あらら! 眉毛の長さ、左右で違っているやんか!(左の方が短い)
 床屋のオバチャン、間違えて左の眉毛の端っこ、ジョリッて剃っちゃったのか?!
 それとも、私は生まれつきこういう眉毛だったのだろうか?

 もし床屋のオバチャンが間違えて剃っちゃったとしたら、私は約2週間、そのことに気付かなかったことになる。
 もし私が生まれつきこういう眉毛だったとしたら、私は約43年間、そこことに気付かなかったことになる。
 いずれにせよ、要観察だな、これは…。

 ま、左右のバランスの件は置いておこう。問題は、眉毛の無駄毛の件である。
 ネットで調べたら、手入れをする専用の道具が一式セットで売られているようである。値段が安ければ、買ってみて試してみようと思う。

 いや~、それにしても、この私が眉毛の手入れのことを考えたりするなんて、自分でもビックリだわ。人間、40年以上生きていると、こういうこともあるんですなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/830-a6368c7e

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。