2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガンダム00』の、ここがダメだからこう変えろ(その2)

『ガンダム00』の、ここがダメだからこう変えろ
(その2)

 この記事は、 『ガンダム00』の、ここがダメだからこう変えろ の続きである。
 前回に引き続き、『ガンダム00』のどこがダメで、そのダメな点をどう変えておくべきだったのかを書き連ねてみる。
 私が変えるべきだと考えるのは、不自然であったり、リアリティがない部分である。

ダメな点(3)…『ガンダム00』は、トレミーの人員が少な過ぎるからダメ。

こう変える(3)…トレミーには、イアン・バスティが率いるエンジニア達が12名(内訳は、ガンダム整備担当8名、砲手を兼ねたトレミー整備担当4名)おり、折に触れてその仕事ぶりが描かれる。
 また、それ以外にも、食料担当や医療担当や補給を含めた雑務担当(兼務あり)がいて、トレミーの活動を支えていることが描かれる。

 『ガンダム00』の何が一番嘘っぽいかと言えば、まぁ美形ばっかりで不自然だというのもあるけれど、それ以前にトレミーに人が少な過ぎるのが嘘っぽいということが挙げられる。
 名前のあるメインキャラの後ろで、その何倍もの名も無きサブキャラが動いていることが感じられて、初めてその空間に存在感が生まれる。そういう描写を見ることで、視聴者は臨場感を得るのだ。トレミーには、そういう演出が決定的に欠けている。

 例えば、ガンダムの整備を、イアンとハロだけでやっているように思える描写があったが、全然説得力がなかった。
 そういう設定だとしても、それに説得力が感じられるか?
 そういう設定が実際に映像になったとき、作品のテーマと一致するか?
 答えは否である。

 ハロは、マスコットとして描かれるから自然なのだし、情報端末として描かれる程度までなら説得力がある。しかし、ハロが寄って集ってガンダムの修理や整備をしている映像に、リアリティや説得力があるか? ギャグマンガじゃあるまいし、馬鹿馬鹿しいったらありゃしない。
 整備をサポートするロボットがいても良いが、それは自ずとハロとは異なる形になるはずだ。
 整備という実務作業は、愛らしさとは無関係な、無骨で汚れを伴う作業なのだ。
 それがリアリティというものである。

 戦争で大切なものを失った人間達が、戦争を根絶するために共に行動を起こす。
 戦争を根絶するための兵器、それがガンダム。
 ガンダムに乗り込む者達が、戦争で大切なものを失った人間であるならば…
 ガンダムを整備する者達もまた、戦争で大切なものを失った人間でなければならない。
 それが、テーマというものである。

 逆に言えば、ガンダムを操縦する“ガンダムマイスター”が全員ハロであるならば、ガンダムの整備もハロがメインで行うことが相応しい。これはある意味、作品における文法のようなものなのかも知れない。

 “苺の載ったショートケーキ”で例えるなら、マイスターなどのメインキャラは苺に相当する。
 苺がそこにいられるのは、その下にクリームやスポンジ、更には敷き紙や皿があるからである。
 ところが『ガンダム00』は、苺ばかりでクリームやスポンジといったケーキの本体が無い。
 それは当然、ケーキとは呼べない。ただの苺の寄せ集め(苺の皿盛り)である。
 それをウマイウマイと言って食べている人は、ショートケーキの美味しさを知らない人なのだろう。

 もちろん、“苺の皿盛り”も悪くはない。
 しかし、それが『ガンダム』を名乗ることは間違っている。
 『ガンダム』を名乗るからには、“苺の皿盛り”ではなく、“苺の載ったショートケーキ”でなければならないのだ。

 とりあえず、今日はここまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/818-7bf728d0

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。