2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レスキューフォース』のコスプレは諦めました

『レスキューフォース』のコスプレは諦めました


 『レスキューフォース』の隊員の制服(半袖の衣装)は、少々ダサい。
 しかし、私のようなオッサンには、そのダサさが愛おしくもある。
 “お腹冷え性”である私にとっては、レスキューフォースの隊員の着こなしが“シャツイン”であるところも魅力的だ。

 ところが、コスプレをする際には、半袖であることがネックとなる。
 私がコスプレをする予定の、しょこたん(中川翔子)のコンサートは3月から始まる。半袖では、間違いなく寒い。せっかく上下の衣装を揃えるんだから、開場待ちの時点(つまり屋外)で着ていたい。そうなると、半袖では厳しい。

 『レスキューフォース』の新オープニング映像では、隊員が隊長同様に上着を着ている姿が確認できるのだが、劇中では全くと言って良いほど登場していない。もう「現場で半袖」は不自然な季節(放映日として)になっているのに、なぜ隊員の上着姿が登場しないのか?
 それは、「レスキューフォースの隊員は現場(屋外)では変身しない」からである。MAX着装を除くと、着装は専用設備の内部(レスキューフェニックス内の専用ブースまたはダーエンの基地内にあった専用カプセル)でしか行えない。隊員が制服姿のままで災害現場に立つということは、原則として起こり得ないのだ。

 ちなみに、非番中に超災害と遭遇したため、隊員が私服姿で現場活動を行ったことはある。また、戦闘で受けたダメージによって現場で着装が解除してしまい、制服姿で現場活動を行ったこともある。
 しかし、レスキューフェニックス内でも着装不能となる状況(いわゆる“変身不能イベント”)が発生し、隊員が最初から制服姿のままで現場へ向かう(輝が着装しないでコアストライカーに乗り込むとか)というエピソードは、まだなかったと思う。

 もちろん、石黒隊長のコスプレをするのであれば、上着(長袖の衣装)を着ることが出来る。しかし、石黒隊長がオッサンキャラであるとは言え、設定年齢は30歳。しかも、演じる岩永洋昭氏はけっこうなイケメン(個人的には、男性メンバーの中で一番イケメンだと思う)であり、ガタイも立派だ。
 よって、私が石黒隊長のコスプレをするのは不適切である。

 レスキューフォースの一期のメンバーに、緑色や黄色をイメージカラーにしていた隊員がいたとしても、解釈としては有り得る。R6でも良いし、R0でも良いし、正規隊員以外にテストパイロットに相当する人員がいたと考えても良いだろう。
 けれども、現時点では石黒隊長以外が上着を着ていないことから、「上着は隊長専用(隊長のトレードマーク)」というイメージが定着している。これは尊重したい。だから、「緑色をイメージカラーにしていた一期隊員(R0)が上着を着ている」というコスプレもNGとなる。

 というわけで、『レスキューフォース』のコスプレは諦めました。
 では、何のコスプレをするかと言うと、それは衣装が出来上がってから記事にします(ただし、私がコスプレした結果としての出来が悪かったら、記事にはしませんし、現場でも着ません。元キャラのイメージを損ないたくないので)。

 あ…、そう言えば、開場待ちの時点でコスプレする場合、一体どこで着替えればいいんだろう?
 って言うか、今年しょこたんのコンサート会場前でコスプレしていた人達って、一体どこで着替えたんだ?
 コンサート終了後も着替えが必要になるだろうし…
 コスプレイヤー全員が、開場に併設されたホテルに部屋を取っていたとか、中で着替えが出来るくらい大きな自家用車(あるいは送迎バス?)で会場に来ていたとは、考え難いしなぁ。
 う~ん、謎は深まるばかりだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/816-02cfbd04

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。