2017-08

『ガンダム00』第2期(セカンドシーズン)が始まっているのだけれど

『ガンダム00』第2期(セカンドシーズン)が始まっているのだけれど


 第1期の最終話は、腐女子(定義は → こちら )への迎合が露骨に見受けられたので、『ガンダム00』も最早これまでかと思った。

 しかし、最近のガンダムの主題歌にハズレなし。第2期の主題歌(およびオープニング映像)だけはチェックしておく必要があったので、第2期の初回を観た。
 やはり、主題歌(およびオープニング映像)は良かった。しかも、CDはTVサイズ版を収めたものまで発売される。このCDは、もう買うしかあるまい。

 そして肝心の本編であるが、第1期で鼻についた腐女子仕様というかBL(ボーイズラブ)要素が、今のところは感じられない。これは、正直言うと本編の内容そのものではなく、第1期のオープニングが終了した直後の止め絵やエンディング映像などの、ノーマルな男性から見て「ホモアニメか、これは?」と生理的に気持ち悪くなる映像がなくなっていることが一番大きく効いていると思う。

 ただし、それ以外にも理由はある。
 ビジュアル的には、ソレスタルビーイングのメンバーが制服をするようになったことも大きい。この制服が、特撮っぽくて私の好みなのだ。
 ボレロ(ジャケット)の下に着ているシャツの胸部のデザインは、まるでウルトラマン(最新のウルトラマンであるウルトラマンメビウスのカラータイマーは菱形)である。また、制服のカラーリングが基本的にはメンバーごとに異なっている点は、戦隊ヒーローを思わせる。

 単純にカッコイイが、それだけではない。
 ソレスタルビーイングの制服の上着は、通常のジャケットではなく、ボレロに近い形状をしている。ボレロは、元々は闘牛士の衣装である。巨大な闘牛に単身で立ち向かう闘牛士の姿を、巨大な連邦組織(戦争を引き起こす構造体)に立ち向かう小さな組織であるソレスタルビーイングに投影しているように感じられるのだ。闘牛士の持つ唯一の武器である剣が、ソレスタルビーイングのガンダムというわけだ。
 こういう健全な視覚的イメージが、腐女子仕様という先入観を払拭しているのかも知れない。

 内容的には、ガンダムマイスター達が、自分自身またはマイスター同士といった内側を向いているのではなく、ソレスタルビーイング外部、即ち外側を向いているのが良い。
 第1期は、ガンダムマイスター達が自分自身またはマイスター同士といった内輪でゴチャゴチャやっている印象が強かった。この内向きなドラマが物語の世界観に繋がっていくならともかく、単に個人の設定の説明の域を出ないものだったので、見ていて面白くなかったのだ。
 また、第1期では非常に効率(コストパフォーマンス)の悪い「説明くん」キャラだった沙慈が、第2期では有効に機能しそうな予感がしている。

 視聴率に関しては、『ガンダム00』は日曜の朝の特撮番組に負けている。
 朝8時始まりの『仮面ライダーキバ』どころか、朝7時30分始まりの『ゴーオンジャー』にさえ負けているのだ。

 『仮面ライダーキバ』38話までの平均6.29%
 『ゴーオンジャー』37話までの平均5.11%
 『ガンダム00』25話まで(第1期)の平均4.85%
 『ガンダム00』第2期 第1話4.5%、第2話4.4%

 以前から言い続けているが、「ガンダムは腐女子が観るもの」というイメージが定着してしまったら、ガンダムはお終いである。ガンプラを買ってくれる少年層が寄り付かなくなるからだ。
 モーニング娘。の人気暴落の原因の一つには、「モー娘。のファンは、気持ちの悪いオタクが多い」という悪いイメージが定着してしまったことも挙げられる。ガンダムがこの二の舞を演じてはならない。

 私が中学生の頃、ガンダムという作品の存在によって“アニメ新世紀宣言”が謳い上げられ、アニメは社会に認知されるジャンルへとそのステイタスを上げた。それから27年が経った今になって、ガンダムという作品が腐女子に迎合し、陽の当たらない地下へと沈没することなったら、余りにも哀しすぎる。
 『ガンダム00』第2期が、“ガンダムという作品”本来が持つ内容の力で、本来のガンダムファンである少年少女層のファンを増やしていくことに期待せずにはいられない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/814-a32f46fd

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。