2017-08

コスプレ仕様書完成! ~ 43才にして初めて買うオーダーメイドの服はコスプレ衣装でした ~

コスプレ仕様書完成! 
43才にして初めて買うオーダーメイドの服はコスプレ衣装でした


 コスプレしたいキャラの衣装が売ってないので、一式をオーダーメイドすることにした。
 見積をもらってビックリ、た、高い!
 ボッタクリかと思って、改めて値段に注目してコスプレショップをネットサーフィンしてみた。そうしたら、品質が良いと思える衣装は、既製品であっても上着だけで約3万円とかする。

 う~ん、去年買ったバンダイ純正品のゲキブルーのジャケットも、既製品かつアッサリした作りなのに2万円以上したしなぁ。
 そう言えば私、生まれてこの方、一度もオーダーメイドの服を買ったことがないんだっけ。
 背広一式をオーダーメイドで作ったことすらないんだから、そもそも相場が分からない…

 高校生が安くてチープな既製品でコスプレしていても、それは微笑ましく映る。しかし、43才のオッサンがそれをやったら、リアルに貧乏サラリーマン丸出しである。
 年収が低いことが恥だとは思わないけれど、コスプレはある意味で“粋”を見せることだからなぁ…

 いいや、買っちゃおう。
 と言うワケで、振込みを済ませてしまいました。
 来週、お店に行って採寸してもらうことになるだろう。そしてそれが、衣装に関する要望を伝える最後のチャンスになる。私にとっては安い買い物ではないので、要望はキッチリ伝えておきたい。

 そこで、注文する衣装に関して、自分なりの仕様書を作ってみた。
 仕様書と言っても、雑誌のイラスト等を切り貼りして、こちらの要望を書き添えただけのものである。もちろん、その内容は予算内で実現可能と思われることに限定した。

 これで準備完了。あとは採寸の最、忘れずに手渡すのみ。
 来春のしょこたんのコンサートのエントリーも済ませた。5公演にエントリーしたから、いくらなんでも1公演は当選するだろう。出来上がった衣装を、そこで着るのだ。

 もし、出来上がった衣装のクオリティが高く、自分自身のコスプレの出来もそこそこだったら、しょこたんのコンサート前に、何らかのイベントに参加するかも知れない。
 実は、コスプレに合わせた髭の剃り方なんかも、既に考えたりしているのだ。
 あ~、早くお店に行って採寸を済ませてしまいたいわ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/812-e2f66e77

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。