2017-08

コスプレを筋トレのモチベーションにするのだ

コスプレを筋トレのモチベーションにするのだ


 来春開催される、しょこたんのコンサート。
 しょこたんのコンサートと言えば、コスプレだ。
 しょこたんのコンサートには、老若男女が絶妙な配分で集まるため、オッサンがコスプレしても許される雰囲気がある。また、しょこたん自身が昭和の戦隊モノのコスプレを好んで行うため、古い作品や特撮作品のコスプレをし易い雰囲気もある。

 今年のしょこたんのコンサートでは、ゲキブルーやゲキチョッパー(変身前)の上着を着て(ズボンは普段着のGパン)コスプレ気分をチョッピリ味わってみた。来年は別のキャラで、上着だけではなくズボンもコスプレして(さすがに髪型とかブーツまでやるつもりはない)、“なんちゃってコスプレイヤー”のレベルになってみようと思う。

 別に肌の露出が大きくなくても、この歳でコスプレをするとなると、気合が入るものなのだ。
 実際、コンサート会場内でゲキブルーのジャケットを着ていたときは、
「このジャケットの下の肉体は、決してたるんでいませんから!(だから、この歳で着ていてもイイんです!)」
という気持ちの張りがあった。

 ボーナスが出たら、イヤ、その前の11月の給料が出たら、もう速攻で予算2~4万円程度の衣装を買ってしまうつもり。
 こういうのは、早めに買ってしまわないとダメ。
 しかも、そこそこ高価なものを。そうすれば、
「筋トレをサボって自信がなくなり、衣装を着られなくなってしまったら、もったいないやんか!」
という貧乏人根性が働いて、モチベーションが保てるのだ。

 問題は、何のコスプレをするかである。
 今年のスーパー戦隊ジャケット(純正品)は、肩が凝りそうで着たくないしなぁ。
 私は飽く迄も“なんちゃって”コスプレイヤーなので、着心地を我慢してまでコスプレするつもりは全くないのだ。ゴーオンゴールド(あにぃ)のジャケットにはそういう問題はないけれど、キャラがあそこまで明確な“若手イケメン”だと、さすがに私のようなオッサンがコスるのは無理…。

 年齢的には碇ゲンドウとかが合うのだけれど、お気軽に“なんちゃってコスプレ”することには向かないキャラだよねぇ。それ以前に、あのキャラでは筋トレのモチベーションにはなり難いし。
 レスキューフォースは好きなんだけど、アレ、デザインがちょっとダサイんだよなぁ。

 う~ん、あと約3週間で決めてしまわなければ!!
 出来れば、ゲキチョッパーのジャケット(ジャージ)みたいに、普段着として着られるものが良いな…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/810-b016bd33

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。