2017-10

『レスキューフォース』主題歌『STORY』オリジナルバージョンをTVバージョン気分で歌うために歌詞を考えてみた

『レスキューフォース』主題歌『STORY』オリジナルバージョンをTVバージョン気分で歌うために歌詞を考えてみた


 『レスキューフォース』の主題歌が、昨日から新しくなった。ネタばれ嫌いの私は、全く予備知識なく番組を視聴しているので、ちょっとビックリ。(そういや、『仮面ライダーキバ』の方はまだ新オープニングになっていないなぁ)

 新曲の『The Life』もなかなかカッコイイが、私は旧オープニングテーマになってしまった『STORY』が大のお気に入り。ただし、それはTVバージョンの方。オリジナルの歌詞も嫌いではないが、やはり『レスキューフォース』の歌になっていないと気分が盛り上らない。
 そこで、『STORY』のカラオケをTVバージョン気分で歌うために、オリジナルの歌詞をちょっとだけ変えてみることにした。赤字の部分が、変更部分である(TVバージョンの歌詞をそのまま流用した部分は赤字にしていない)。

****************************************

 『STORY』 作詞:HAYATO・TAKA   一部変更:震電


 光る空を見上げ 駆け抜ける雲 追いかけていた
 流れる時間(とき)の中で 恐れる心 信じていた

 心に抱いてた 生きてきた証
 尊い命を救え 今
 繰り返される時代に
 いま 確かな真実を
 「爆裂的に鎮圧せよ!」
 運命のSTORY

 繋がれたこの世界に
 遥かなる優しさを
 限りない夢と希望は
 「レスキューフォース!」生きることさ
 ずっと 未来に Take you

 遠く瞳に映る 胸をつく影に怯えていた
 引き返せない過去に 未来の希望 願っていた

 心に刻んだ 生きてきた証
 助けを求める声がする 今

 繰り返される悲しみ
 いま 確かな真実を
 「緊急的に出場せよ!」
 情熱
のSTORY

 笑顔を失くした時代に
 遥かなる優しさを
 果てしない夢と勇気
 「レスキューフォース!」挑むことさ
 もっと この手に Shining

 心に抱いてた 生きてきた証
 尊い命を救え 今

 繰り返される過ち
 いま 確かな真実を
 「瞬間的に着装せよ!」
 償い
のSTORY

 繰り返される時代に
 いま 確かな真実を
 「爆裂的に鎮圧せよ!」
 「レスキューフォース!」進むだけさ
 ずっと 未来に Take you
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
しばらく更新ブログのチェックをしてない間にUPされてたんですね…。
STORYはCDジャケットがレスキューフォースなのに歌詞の内容がちがうのでファンの間では不評みたいです。オリジナルの歌詞もアニメか戦隊モノっぽい雰囲気ですけれど。
この手のソング・ライターの常として、個人の恋愛を主題から外すと、いきなり世界人類の愛に
STORYが飛躍するというか…(笑)
でも、やっぱりヒーローソングはタイトルコール&技コールがあってナンボのもんですから、
震電さんヴァージョンの方が正しいと思います……けどコレ、余りにも違和感がなさ過ぎて、知らずに歌詞を検索した人が、うっかり信じてしまいそうですね。

 コメントありがとうございます。
 オリジナル歌詞を私が変更した部分に関して好評を頂き、喜んでおります。基本的には、レスキューフォースファンなら誰でも思い付く変更だとは思いますが。

>STORYはCDジャケットがレスキューフォースなのに歌詞の内容がちがうのでファンの間では不評みたいです。

 う~ん、不評を述べているのは若い人なんでしょうね。年寄りのファンならば「『STORY』のCDは、ちゃんとTVバージョンが入っているのだからむしろ良心的」だと思っている人が多い筈(例えば『ガイファード』はTVバージョンが入っていませんでした)。オーバージャケットに関しては、今や当たり前ですし。
 また、アニメでも特撮でも、TVバージョン(TVサイズ)は収録されていないことがほとんどではないでしょうか。

 ロックの基本はLove & Peace ですので、特撮ソングとしては相性が良いと思います。
 camino のオフィシャルブログ(http://ameblo.jp/xx-camino-xx/)を見ると、レスキューフォースネタが散りばめられて、とても楽しいです(「爆裂的に予約せよ!!」とか)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/767-0d1a280d

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。