2017-08

B.L.T.PRESENTS Girls Woodstock Vol.4 (その2)

B.L.T.PRESENTS Girls Woodstock Vol.4 (その2)  
                  会場 :竹芝BLACKroom
                  公演日:2008年9月13日(土)


 ここからは、感想の記事。
 基本的には、最も後の場所から鑑賞していたのだが、それでも普通のコンサート会場だったら10列目以内の距離にはいたと思う。細かいところまでは見えなかったが、双眼鏡を使うような距離でもなかった(そもそも持ち込んでいなかった)。

1組目(15:23頃~)… hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)

 イベントが終わった今になって思えば、客の雰囲気が一番ボンブラ(BON-BON BLANCO)に近かった。hy4_4yhのメンバーも、大体ボンブラと同世代のように見えた。
 衣装が全員TシャツとGパン?(よく見えなかった)なので、ひどく安っぽく見え、損をしているように感じた。これは振り返れば、昔のボンブラも衣装で損をしていたということだ。
 もっとも、今回のhy4_4yhは、ボンブラに遠慮して衣装を地味にしてくれたのかも知れない。若い女性の4人組という点において両者は被っているので、この日のトリを務めるボンブラに対し、hy4_4yhが遠慮したという可能性はあると思う。

 タイプとしては「歌って踊る、女性ボーカルグループ」で、ハロプロで言えばメロンと同じ。
 正直に言って、ダンスは揃っていないし、コーラスは合ってないし、メロンよりかなり劣っていた。でも、メロンもデビュー当時は現状からは想像できないくらい、柴っちゃんは歌が下手だった。hy4_4yhも、今後急成長を遂げるかも?

 客席(フロア)の前方は、スタッフの計らいもあって、ほとんどhy4_4yhファンで占められているようだった。それで今回ハッキリしたことは、固定ファンが客席(フロア)で何か特殊な行為をするたびに、一見客はステージではなくそちらを見てしまうということ。コンサート慣れしている私ですらそうなのだから、これはもう間違いない。
 何しろ、hy4_4yhのステージで一番印象に残っていることは、「最前列付近でリフティングした客同士がぶつかりそうになったこと」なのだ。

 ボンブラのお台場ライブのように、一般人も集まるオープンなライブでは、ロミオすらやるべきではないと確信した。「一般の人に、ステージ上のボンブラを見て欲しい」と思うなら、ロミオはダメだ。一般人が、ステージに集中できなくなってしまう。


2組目… みつき

 16才(高2)とは思えないほど、歌が上手い!
 ベリキュー(Buono!)より上なのは勿論、なっち、あややに迫るレベルである。
 ひぃちゃん(稲森寿世)とはタイプが違うが、歌の上手さでは互角だ。
 MCでも、落ち着いてシッカリしている印象を受けた。俳優をやっており、先輩俳優に混じって仕事をしていることから、人間的にも成長しているのだろう。

 危うくファンになりそうだった。
 一番後ろの場所で聴いていたけど、私の近くにいた客の何人かは吸い寄せられるように前の方へ向かって行ったし、私も最後の曲の際は、前の人のすぐ背後まで歩を進めたもんな。
 でも、私は既にひぃちゃんのファンなので、みつきさんのファンにはなれません。
 しかし、もし知る順番が逆だったら、両者の立場は逆転していたと思う。
 声質が少年っぽいので、アニメで少年キャラの声をアテるとハマるんじゃないかとも思えた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/758-1bf75ad6

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。