2017-10

『B.L.T.PRESENTS GirlsWoodstock Vol.4』では、ボンブラファンのマナーが試される?(その1)

『B.L.T.PRESENTS GirlsWoodstock Vol.4』では、ボンブラファンのマナーが試される?(その1)
        ~新規のファンを獲得しなければ、
                    ボンブラに明るい未来は有り得ない~

 『B.L.T.PRESENTS GirlsWoodstock Vol.4』には、ボンブラ以外にも多数のアーティストが出演する。こういう状況で、ボンブラファンが配慮すべきことは何か?

 先ず念頭に入れるべきは、これはボンブラが新規ファンを獲得するチャンスであるということだ。つまり、他のアーティスト目当てで来ている客が、ボンブラのファンになってくれる可能性があるということ。
 私みたいにボンブラとハロプロのファンを掛け持ちしている者もいるのだから、他のアーティストのファンが、このライブを契機にボンブラのファンになる(元々ファンだったアーティストと掛け持ちするようになる)ことは十分に有り得る。

 これは、ボンブラの実力を考えれば、普通に期待できる。
 特に何をしなくても、ボンブラのパフォーマンスを目の当たりにすれば、「ちょっとCD聴いてみようか」「DVD観てみようか」という気を起こす客が、有意な確率で発生する筈だ。それが1人なのか100人なのかは分からないけれど、そういうきっかけから新規の客を獲得することが、現在のボンブラにとってどれほど重要なのか、既存のファンは十分承知している筈である。

 この意味からも、ボンブラファンは、他のアーティスト目当てで会場に来ている客に、迷惑をかけてはならない。ボンブラファンが、ボンブラの足を引っ張るような真似をしてはならない。
 ボンブラファンが騒ぎ過ぎたり、度を越した応援を行えば「ボンブラのファンはバカばっかり、こんな連中とは関わりたくない」と思われてしまう。ボンブラがどんなに素晴らしいパフォーマンスを披露したとしても、既存のボンブラファンが悪い印象を与えてしまえば、新規ファンの獲得は不可能となってしまうだろう。

 かと言って、余りにも大人しくして(静かにして)いると、他のアーティスト目当てで会場に来ている客から「ボンブラって人気が無いのかな?」と思われかねない。
 だから、ボンブラファンとしては適度に盛り上がり、適度に応援すれば良い訳だが、この「適度」というのが意外に難しい。
 私も、最初は何となく
「ボンブラの出番になったら前のほうに移動して応援し、ボンブラの出番が終わったら、元いた場所に戻る」
という行動を取ろうと考えていた。しかし、これはある意味、矛盾した行為である。

 何故なら、ボンブラの出番にボンブラファンが前の方へ移動するということは、それ以外の客を相対的に後ろの方へ下がらせるということに他ならない。これは、既存のボンブラファンが、新規のボンブラファン候補に対して、排他的な行動を取っているとも言える。
 他のアーティスト目当てで会場に来ている客に、新たにボンブラファンになって貰おうと思ったら、そういう人にこそ前の方でボンブラのパフォーマンスを見てもらうべきではないだろうか?

 だから私は、ボンブラの出番になっても、前の方に移動しないことにした。
 元々いた場所で、適度にボンブラの応援をする。

 ただし、身長160cm以下の女性は、ボンブラの出番になったら前の方に移動しても構わないと思う。体が小さければそれだけ周囲に及ぼす影響も小さいし、そもそもボンブラの女性ファンは絶対数が少ないからである。
 もっとも、ライブハウスでは前方に行けば行くほど、モッシュ(押しくら饅頭状態)になる危険が高まる。今回のイベントには女性専用席が用意されているので、女性はその範囲から出ない方が無難だろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/752-98f451af

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。