2017-08

ボンブラファンであり、ハロプロファンでもある者の、悲しい宿命

ボンブラファンであり、ハロプロファンでもある者の、悲しい宿命


 9月13日(土)は、ベリーズ(Berryz工房)の単独コンサートツアー『ベリコレ!』の座間公演を観に行く予定だった。FCのチケット先行予約に当選しているからである。料金を振り込み、チケットも届いているが、私はこのコンサートに行くことが出来ない。何故なら、同日の同時刻に、竹芝BLACKroomで『B.L.T.PRESENTS GirlsWoodstock Vol.4』が開催され、これにボンブラ(BON-BON BLANCO)が出演するからである。

 今年に入ってチケットを無駄にするのは、キバのZeppTokyoイベントに続いて2度目である。ボンブラを優先するためとは言え、これは辛いし申し訳ない。座間のチケットが取れなかったベリーズのファンからは、「座間見ろ!」とか言われそうだ。

 それはそうとしても、何しろハロプロ系のコンサートのFC先行予約は時期が早すぎ、ボンブラのイベント告知は逆に遅すぎるのだ。どうしたって、ハロプロ系のチケットを無駄にする(後から決まったボンブラのイベントとバッティングする)リスクが生じてしまう。ボンブラファンであり、ハロプロファンでもある者の、悲しい宿命と言うしかあるまい。
 周囲にハロプロファンがいれば、『ベリコレ!』のチケットをタダで譲る(これならFC規則に違反しない)ところなのだが、残念ながら私はそういう環境にいない。

 さて、出来ないことを嘆くより、出来ることを考えるとしよう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/751-5e5bcc18

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。