2017-10

蔑称の意味を込めてヲタと呼ぶ

           蔑称の意味を込めてヲタと呼ぶ


 ここで定義する。私の言う「ヲタ」とは、「マナーの悪いファン(またはマニア)」に対する蔑称である。
 私から見て「マナーが悪い」と思える者から、「コイツは気が狂っているのではないか」とか「コイツは変質者ではないか」と思える輩まで、全部ひっくるめて「ヲタ」と呼ぶ。

 一方、例え振る舞いが一見異様であっても、ルールやマナーを守っている人、他人に迷惑をかけていない人を、ヲタとは呼ばない。

 5才の幼女が客席で完璧な振りコピをやっていようとも、それが彼女の席の範囲内に収まっており、周囲の客とぶつかったり視界を遮ったりしていないのならば、その幼女はヲタではなくマニアである。
 同様に、60才の爺さんがコンパクトにアレンジされた独自の振りコピを完遂していたとしても、それが彼の席の範囲内に収まっており、周囲の客とぶつかったり視界を遮ったりしていないのであれば、その爺さんはヲタではなくマニアである。

 今日から、私にとって「ヲタ」は「オタク」とは全く別の言葉となった。
 私は、蔑称の意味を込めて「ヲタ」と呼ぶ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/743-08b78d6d

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。