2017-10

ひぃちゃん(稲森寿世)はモデルだけあってスタイルも良いですよ

ひぃちゃん(稲森寿世)はモデルだけあってスタイルも良いですよ

 石丸SOFT2におけるCD発売イベントの記事(こちら)に載せた写真(「1分間撮影会」で私が撮影したもの)では、ひぃちゃん(稲森寿世)の“バランスの取れたスタイルの良さ”が伝わりにくいことに気付きました。ので、それを補完するために、当日撮影した別の写真をこの記事で紹介することにしました。
 この写真だと、「ひぃちゃんは脚が長い」ことが伝わりますかね?
ひぃちゃん斜めショット
 イベント会場で、実際にひぃちゃんを見て思ったのですが、彼女のスタイルの良さは、℃-uteの舞美(矢島舞美)に匹敵します。体格はひぃちゃんの方が一回り小さいですが、体形自体は似ています。
ひぃちゃんニーショット
 「1分間撮影会」では、私は最初の組(3人で1組)でした。この3人の中にはカメラマニアはいなかったようで(私なんか正真正銘の所謂にわかカメラマン)、特に注文を出すことも無く淡々とシャッターを押し続けていました。プロのカメラマンを相手にした普段の仕事での撮影とは全く勝手が違うようで、ひぃちゃんは非常にやりにくそうでした。

 今になって思えば、首から胸にかかっている長い髪を背面へ移動してもらうように注文するべきでした。上の写真だって、髪を背中側に流していれば、首筋から胸へのラインが露出して、ひぃちゃん本来のスマートな感じに仕上がっていた筈です。

 首・胸周りに長い髪が被さっていると、どうしてもその部分が重たく写ってしまうし、顔と胴体が分離した感じの不自然な絵になってしまいますね…。髪のボリュームの所為で頭部が大きく見えてしまうし、デメリットばっかり…。もし再び撮影会に参加する機会があったら、撮影開始5秒前に「髪を背中側に移動させて下さい」と注文しますよ。

 ひぃちゃんはCDのジャケ写を見ると、ちょっとツンとした感じにも見えますが、実際には気さくな娘さんです。
ひぃちゃんひょうきんポーズ
 上の写真のおどけたポーズも、別に客からリクエストされてやったわけではなく、自ら披露したものです。間が持たなくて苦しみ紛れにやったという気もしますが、最後にステージからハケるときも同様のポーズを取っており、お気に入りのポーズであるようにも感じられました。

 こんな、ひぃちゃんの意外な一面も見られた「1分間撮影会」。
 出費もそれなりですが、良い思い出になりました。
 でも、ひぃちゃんにはこんな特典付きの販促イベントをしなくても、普通にCDが5万枚以上コンスタントに売れるようになって欲しいというのが本音です。そういう軌道に乗るまでは、こんな風にオッサンが応援するのも有りってことにしときましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/741-1d8d5805

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。