2017-08

『紀元前1万年』

『紀元前1万年』
  2008年の映画館で観た映画:11本目
  映画を観た日:2008年5月6日(火)


 「占い師の予言」とか「部族に伝わる伝説」などの舞台背景は、典型的な英雄物語のそれである。にも関わらず、周囲から英雄として祭り上げられる主人公は、英雄らしからぬ普通の若者。
 このように、状況設定とキャラクター設定をわざとズラしているパターンは、日本の漫画やアニメではよく見かける手法だが、ハリウッド映画では今でも珍しい部類に入るのではないか。

 念のために書くが、『スーパーマン』のように、「世を忍ぶ仮の姿は冴えない男性、しかしその本当の姿は…」というパターンではない。本当に実力的には普通の青年で、マンモスを倒したのも単なる偶然という、陰日向のないキャラクターなのだ。
 そんな青年が、いつしか大勢の仲間に支えられて、本物の英雄になっていく。

 紀元前1万年を舞台にしているだけあって、作品にキリスト教的な宗教観がない(むしろ今日的なキリスト教を否定しているようにも感じられる)ので、日本人として違和感なく観ることができた。
 傑作というわけではないが、映像的なスケールの大きさもあり、観て損はない作品である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/717-467a6a15

紀元前1万年

GW突入ですねぇ~ ・・・特に予定はないけれどブヒッ【story】紀元前1万年。幼い頃から惹かれ合うデレー(スティーヴン・ストレイト)とエバレット(カミーラ・ベル)の村を、ある日正体不明の一団が襲う。デレーは、さらわれたエバレットを救い出したい一心で、わずかな仲間...

【映画】紀元前1万年…豹柄グラマー美女が出てこないだけ損な気が…

一昨日(2008年10月3日・金曜日){/kaeru_fine/}は職場の健康診断(成人病検診)がありました。 昨年と比較して、体重は100グラム単位で微増{/m_0156/}。 ウエストは1センチほど微減{/m_0145/}。 …で、測定した人が「体重増えてるのにお腹周りは減ってますけど、何でです...

紀元前1万年-(映画:2008年67本目)-

監督:ローランド・エメリッヒ 出演:スティーブン・ストレイト、カミーラ・ベル、クリフ・カーティス 評価:62点 狩猟民族から農耕民族への移り変わりを描いた110分。 やっぱり地道に農作物を作ったほうが生活は安定するのだ。狩猟は闘争本能を満足させるけど、...

『紀元前1万年』から不幸になった?

 【ネタバレ注意】  華麗な挿絵で世界中にファンを持つ武部本一郎画伯。  その絵の中から抜け出したような可憐さが、カミーラ・ベル演...

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。