2017-08

ボンブラのコンガ“新”担当は、美勇伝の三好絵梨香が適任である!

ボンブラのコンガ“新”担当は、美勇伝の三好絵梨香が適任である!


 ボンブラ(BON-BON BLANCO)は、コンガを担当していたイズミ(IZUMI)が辞めたため、現在4人で活動している。これは、暫定的には致し方ない。
 しかし、イズミが行っていた激しく情熱的なコンガの演奏を、残ったメンバーの誰か1人が丸ごと兼務するなど出来よう筈もないことは容易に想像がつく。その仕事量を4人で分散させるという手法も現実的ではない。つまり残った4人だけで、イズミの抜けた穴を丸々埋めることは、物理的に不可能なのだ。

 よって、一日も早く新しいコンガ担当者を迎え入れ、過去同様の5人編成に戻すべきだろう。
 問題は、誰を加入させるかである。
 求められる条件は以下の通り。

(1)イズミの後任(コンガ担当およびダンサー)として即戦力に成り得ること
(2)若さとルックスを兼ね備えた女性であること
(3)高露出の衣装に堪えられること
(4)ギャラは現メンバーと同レベル
(5)キャラは現メンバーと被っていないことが望まれる

 この条件を全て満たすであろう人物を、1人挙げることが出来る。
 6月28日を以って解散する美勇伝のメンバーである三好絵梨香だ。
 上記の条件を、1つずつ確認してみよう。

(1)イズミの後任(コンガ担当およびダンサー)として即戦力に成り得ること
 三好絵梨香は美勇伝の一員としてキャリアを積んでおり、ダンスに関しては全く問題ない。コンガ担当として、リズム感に関しても特に問題は無いだろう。芸能専業者なので、練習時間は十分に取れる。こうなったら後はもう本人の努力と周囲のサポート次第である。

(2)若さとルックスを兼ね備えた女性であること
 三好絵梨香は1984年11月8日生まれ。マコ(MAKO)、トモヨ(TOMOYO)より学年で2つ上であり、許容範囲と思われる。体格的には、アンナ(SANTOS ANNA)とほぼ同じ。ルックスの面でも特に問題はない。

(3)高露出の衣装に堪えられること
 美勇伝の衣装の露出の高さはボンブラに匹敵しており、何ら問題はない。特に三好絵梨香は美勇伝メンバーの中でも、「美乳伝」発言や「写真集でTバックもOK」発言をしており、高露出に対する許容度の高さには定評がある。
 ボンブラの中では、平均的なプロポーションの持ち主として映ることになるだろう。過去のコンサートでは常にグッドシェイプを披露しており、安定感がある。

(4)ギャラは現メンバーと同レベル
 三好絵梨香は美勇伝解散後、アップフロントに残留したとしても、ソロ歌手として活動することに対して先を見い出し難い立場に立たされることはほぼ確実である。
 カントリー娘。のメンバーだった、あさみ、みうなは事実上のリストラ(芸能界引退)となっており、ココナッツ娘。のミカ、アヤカもアップフロントを辞めている(現在は他の事務所に所属)。そして、アップフロントが今まさに売り出そうとしているソロ歌手は、17才の真野恵里菜なのだ。
 三好絵梨香本人に芸能人志向が強いことから、事務所移籍によるギャラの(おそらく)低下にも耐えられるのではないか。
 なお、スペースクラフトに三好絵梨香を受け入れる余力がない場合、TNX所属(THE ポッシボーと同様)となってボンブラに加入するという選択肢もあると思われる。

(5)キャラは現メンバーと被っていないことが望まれる
 三好絵梨香のキャラは、ボンブラの現メンバーの誰とも被っていない。ちなみに、元メンバーのイズミとも被っていない。強いて言えば、ボーイイッシュな側面を有することでルリ(RURI)に通じる部分があるかも知れないが、全体のイメージはまるで違っている。
 それでいて、三好絵梨香がボンブラのコスチュームに身を包んでコンガを演奏している姿を想像すると、非常にシックリくる。キャラとしての収まりは非常に良いと思う。


 「渡りに船」。
 美勇伝解散の時期と、ボンブラに欠員が出来たタイミングは、そんな言葉を連想させる。
 アップフロントとしては三好絵梨香に“再活動先”を与えてやりたいところだろうし、スペースクラフトもボンブラに即戦力を補充できるならばそうしたいところだろう。両者の思惑は一致しているように見える。
 アップフロントとスペースクラフトは『NICE GIRL プロジェクト!』を共同で行っている関わりもあるし、前述したようにTNXでワンクッション入れるという選択肢もある。

 三好絵梨香が“新”コンガ担当としてボンブラに加入することは、ボンブラファンにとっても、三好絵梨香ファンにもとっても喜ばしいことだと思う。是非、実現して欲しいものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/706-cf0916f0

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。