2017-10

ギックリ腰、再発!(今度は低い位置)と再発防止策

ギックリ腰、再発!(今度は低い位置)と再発防止策

(この記事は、3月4日の朝の出来事に関するものである)
 またしてもギックリ腰を発症。今度は何かの動作で「パキッ、やってしまった~」と明確に発症したのではなく、歩いているうちに「何か変だな」と思ったら既に痛めていた。
 こうなるともう、原因が全然判らない。
 イヤ、このところ柔軟体操をずっとサボっていたというのが遠因だということは分かりきっているのだが、直接の原因が思い当たらない。それこそ、「歩いていたら、いつの間にか奥歯が抜けていた」という感じ。

 でも、そう言えば…、今朝は本当に久し振りに、朝起きてすぐに味噌汁を作った。
 普段なら前日の夜、夕食の際に味噌汁も一緒に作る(何食分かまとめて鍋一杯分)のだが、昨日はたまたまそうしなかった。それで、朝起きてすぐに作ったのだ。

 文字通りの朝飯前…と思っていたが、やはりこれがいけなかったのか?
 包丁を使えば、どうしても中腰というか前傾姿勢にならざるを得ない。
 朝は出来るだけ調理しないとしても、味噌汁に入れるネギは、朝食べる寸前に刻むしかないと思うし…イヤ、これもまとめて刻んでタッパーに入れて冷蔵庫で保存しておくべきなのか?

 とりあえず、一つルールを増やそう。

「朝起きたら、まず最初に風呂を沸かし、ストップウォッチのカウントダウンをスタート。時間になったら直ちに入浴。
それ以前には、調理を含め、腰に負担のかかる作業は一切しないこと」

 ネギを刻むのも、キャベツを切るのも、風呂に入って身体を温めた後でやるのだ!

 それにしても、このところ本当に故障が多いな~。
 でも、柔軟体操をサボっていたから、自業自得だ。これは、「柔軟体操をちゃんとやれ」という自分の身体からの要求なんだろう。「さもなくば、このように壊れるぞ」と。
 昔はサボっていても何とかなったけど、今はもうそういうことが通用しなくなった。真剣にやり方を変えんとイカン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/652-3909e57f

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。