2017-10

コスプレもどき ~ゲキレンジャー、電王系~

コスプレもどき ~ゲキレンジャー、電王系~


 私は特撮作品のファンである。
 日本の特撮TV番組は、子供向けのものが大半である。それでも、大人向けのショボイ作品よりも面白いし、変身ヒーローものというジャンル自体が好きなので、私はそれをずっと観続けている。

 ただし、今年観ている番組(シリーズ)が、未来永劫続く保証など何処にもない。
 ライダーシリーズも戦隊シリーズもシリアスな商業作品なので、商業成績が悪化し、ある閾値を割り込めばTVの番組表から消えることになる。
 番組の主たる視聴者である幼稚園児には、そんな事情は分からない。だが、大人なら常識として理解している。

 でも、番組を商業的に成立させるために行なうことは、幼稚園児の視聴者でも大人の視聴者でも基本的には同じである。つまり、スポンサーや番組製作会社が発売している製品を買うということだ。(例えば、バンダイの株を買ったとしても、バンダイを支持することにはなるが『電王』を直接支持することにはならない。総会等で発言力を有するほどの大株主になれば話は別だが)
 特撮番組の場合、DVDなどの映像商品よりも、関連玩具が先行して発売される。この玩具の売上げが、番組の運命を左右することも珍しくない。アニメ作品でも同様のことが言えるが、視聴率よりもこの玩具の売上げの方がはるかに重要なのだ。

 『電王』は、玩具が自分の好みに合ったため、そちらを購入した。
 『ゲキレンジャー』は、そうではなかったので、主に大人向けのキャラクター商品を購入した(玩具はゲキチェンジャーのみ購入)。
 押入れにしまい込む前に、買った記念として、ちょいと“なりきり気分(コスプレ気分)”で写真を撮ってみた。
 ゲキブルーでロッドフォーム変身ポーズ

 青色繋がりで、ゲキブルーでロッドフォーム。
 私は大人向けのアークルも持っているが、デンオウベルトはその廉価版という感じ。発光・サウンド共に良く出来ていると思う。「平成ライダーシリーズのベルト商品の中では最高の売上になった」という話にも頷ける。非接触操作(セタッチ)で動作するのがカッコイイし、比較的壊れにくい(例え有接点の近接スイッチであっても)という長所にもなっている。
 ただ、本編で、セタッチの方法のバリエーションが描かれなかったのが不満。他人にセタッチしてもらうとか、パスを首からぶら下げて手を使わずにセタッチするとか、いろいろ見たかったな。

ゲキブルーでデンガッシャーロッドフォーム

 デンガッシャーは、知育玩具としてのプレイバリューは相当高かったと思う。ただ、組み上げたときの強度不足が、なりきり玩具としてのプレイバリューを低くしていることは否めない。この辺のバランスが難しいところ。何とかして両立させられたら最高なのだが。

ゲキブルーで挨拶

ゲキブルーで突き

 なお、ゲキブルーのジャケットは、しょこたんのファーストコンサートのとき客席で着用している(建物の外では着用せず)。デザイン上、普段着としては使えないのが残念。あと20才若かったら、アキバに遊びに行くとき着ていくんだけどな…。

ゲキチョッパーでゼロノス

 今度は、ゲキチョッパーでアルタイルフォーム。角繋がりである。
 ゼロノスベルトは、電王ベルトとは対照的にメカニカルなギミックとなっているのが面白いのだが、いかんせん、そのメカニカル感がもう一つ。もうちょっと「ウィーン、カシャン!」というプレイ感覚が欲しかった。
 それにしても、「変身に回数制限がある」仮面ライダーというアイディアは秀逸。「チケットの枚数制限」という縛りは電車ヒーローというコンセプトにぴったりだし、分かり易かった。

ゲキチョッパー構え

 なお、ゲキチョッパーのジャージは、ボンブラ(BON-BON BLANCO)の握手会・ポラ撮影のときに着用している。メンバーのイズミ(IZUMI)曰く、「色合いがドラゴンボールみたいですね」とのこと。そうなのか?
 このときも屋内のみの着用だった。ゴールデンウィークに、しょこたんのコンサートに行く際はこれを着たまま出掛け、会場入りするつもりだ(それ以前にも、普段着として使っているかも)。一般人には、普通のジャージ(パーカー)にしか見えないから問題ないでしょ。

 スクラッチTシャツ

 ちなみに、Tシャツも買ってある。これも、夏になったら普通に着て歩くつもり。

 当然ながら、ゲキブルージャケットもゲキチョッパージャージもスクラッチTシャツも、バンダイ製である。
ゲキブルータグ

ゲキチョッパータグ

 ちなみに、変身ベルトは細工無しで服の上からでも巻ける(ただし食事前)。ゲキチェンジャーも無理をすれば巻けるが、手が痛くなるのでちょっと細工をして遊んだ。
ゲキチェンジャー

ゲキチェンジャーの細工

 ゲキブルージャケットに袖を通すのも、これが最後か?
 記念にもう1枚…
ゲキブルー腕組み
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/640-762745af

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。