2017-10

BON-BON BLANCOのフリーライブのアンケートをメールで送ったよ

BON-BON BLANCOのフリーライブのアンケートをメールで送ったよ


 先週、石丸電気で行なわれたボンブラのフリーライブにて配布された、アンケート用紙。時間の関係などもあって、私はそのアンケートに記入せずに(当然提出もせず)現場を後にした。

 持ち帰ったアンケート用紙には
「このアンケートは郵送・FAXでも受付致しますので、本日記入できない場合は、下記までお送り下さい(以下略)」
と書かれていた。それなら「後日同一内容のものを電子メールで送っても良い」だろうと拡大解釈して、私はアンケートの内容を電子メールでボンブラFC『TEAM B3』に送ることにした。まぁ、別に正式なアンケートとしてではなく、ファンレターの一種と受け取られても構わないのだが。

 アンケートの意見欄に書いた文章は、ブログに書いた記事をリライトしたものである。思いついたときにブログに書いておけば、こういうときに役立つのだ。

 テンプレートとして使える可能性もあるので、このブログにupしておく。

****************************************


件名 ライブ&握手会 2007.11.23 (FRI) アンケート

To BON-BON BLANCOファンクラブ スタッフ様
From 会員番号BBxxxxx 震電

 「TEAM B3」会員番号BBxxxxxの震電と申します。
 遅れ馳せながら、ライブ&握手会のアンケートをご送付申し上げます。

----------------------------------------

BON-BON BLANCO
ライブ&握手会 2007.11.23 (FRI) アンケート


◆本日の公演は何でお知りになりましたか?(複数回答可)
[ ]BON-BON BLANCO公式ホームページ
[ ]BON-BON BLANCO公式携帯サイト
[ ]SPACE CRAFT GROUP公式ホームページ
[○]ファンクラブ会報・DM
[○]石丸電気ホームページ
[ ]友人・知人から
[ ]インターネット(サイト名        )
[ ]その他(                )


◆BON-BON BLANCOの情報は主にどのような方法で取得していますか?(複数回答可)
[○]BON-BON BLANCO公式ホームページ
[ ]BON-BON BLANCO公式携帯サイト
[ ]SPACE CRAFT GROUP公式ホームページ
[○]ファンクラブ会報・DM
[ ]石丸電気ホームページ
[ ]友人・知人から
[ ]インターネット(サイト名        )
[ ]その他(                )


◆BON-BON BLANCOのライブは何回目ですか?
[ ]初めて
[ ]2回目
[ ]3回目
[○]それ以上


◆BON-BON BLANCOオフィシャルファンクラブ「TEAM B3」に入会していますか?
[○]YES
[ ]NO
[ ]以前入会していた(退会理由        )


◆本日の公演で良かった曲は何ですか?
(この手につかんだ未来地図  )
(LaLa口笛吹いて行こう     )
(マタドール            )

◆本日の公演の感想・意見等また、今後のBON-BON BLANCOの活動に期待すること等ございましたらお書き下さい。


 BON-BON BLANCOのライブを、より多くの人が楽しめるようにするために、以下の提案をします。


提案その1 「ファンクラブ会員用チケットの販売方法に関する件」

a. 現状の問題点
   …特定の会員が常に最前列にいる(最前列の客が固定化されているような印象)

b. 改善案
   …ファンクラブ会員用チケットの販売は、振込みによる販売に限定する


 『女祭』Vol.1から4にて私が見た範囲では、毎回同じ客が最前列にいる光景が目に付きました。多くのファンがボンブラのライブを最前列で見たがっていると思うのですが、常に特定の客が最前列に陣取っているような印象を受けます。

 これら“特定の客”は、ライブやイベントの現場で販売されているファンクラブ会員用チケットを、一番先頭(またはそれに準ずる順位)で購入しているのではないでしょうか。
 まだライブが行なわれている最中にチケット売場前に待機(場所取り)し、発売開始と同時に先頭に立てるようにしておけば、整理番号一桁を入手することは可能だと思われます。当然ながら、
「数人のグループがチケット売場前に横一列になって待機していれば、そのうちの誰かが先頭になれる」
わけで、先頭になれた人がチケットを10枚以上まとめて購入すれば、その人を含む特定のグループが整理番号一桁を独占することが可能となります。

 このような、特定の少人数グループが整理番号一桁を独占することが可能となるようなシステム(チケットの販売方法)は改めるべきだと思います。
 改善策は簡単で、ファンクラブ会員用チケットは振込みによる販売のみとすれば、それで済みます(整理番号は購入者や申し込み順とは関係なく、ランダムに発行する)。

 特定の少人数グループによって最前列が独占されているような印象を与えることは、それ以外の全ての客に対し「自分達は疎んじられている・差別されている」というネガティブなイメージを与えることになります。
 同じファンクラブに入り、同額の会費を払いながら、リターンにおいて結果的に冷遇されている(少数の特定の会員と比べてメリットが小さい)と感じれば、その会員はファンクラブを辞めてしまうでしょう。

 ライブチケットの整理番号20番以内が、ファンクラブ会員全体に公平(確率的平等)に行き渡るよう、ファンクラブ会員用チケットは振込みによる販売のみとするよう、お願いします。


提案その2 「ライブに来た女性客を男性客より優遇しましょうという件」

a. 現状の問題点
   …女性客は、ライブに来ても、男性客からの物理的圧力が怖くて前の方に行き辛い

b. 改善案
   …女性客は、整理番号とは関係なく、常に最優先で入場できることにする


 しょこたん(中川翔子)のコンサートに行ったところ、客の約半数が女性でした。
 そういうシチュエーションでは男性客も行儀が良くなる(女性の目を意識して自重せざるを得ない、あるいは、女性が多いので自然に気分が和らぐ)ようで、コンサートは終始非常に良い雰囲気の中で行なわれていたように感じました。男性客がほとんどを占め、どこか殺伐とした雰囲気さえ感じられるボンブラのライブ現場とは対照的でした。

 『女祭』は、Vol.3で女性客が少し増えたが、Vol.4では逆に減っていたように思えました。これは、Vol.3に来た女性客が「ボンブラのライブで前の方に行くことは危険性が高くて、普通の女性には無理」という現実を目の当たりにしてしまったからではないでしょうか。

 そもそも日本人の半数は女性です。ボンブラはステージ衣装の露出度こそ高いものの、メンバーの意識やそのパフォーマンス、楽曲の内容自体は男性に媚びておらず、決して「専ら男性向け仕様」のグループではありません。女性から支持される可能性は十二分にあります。
 また、口コミによる宣伝や、「客が客を呼ぶ」効果は、男性客よりも女性客の方が大きいでしょう。

 『女祭』Vol.4では、男性客の一団が、後から入場してきた女性客(小柄な2人組)に対し、前方の場所を譲るという光景が見られました。男性客にも、女性を優先しようという気持ち(ボンブラのライブに女性が来ることを歓迎する気持ち)があることは間違いありません。

 このような現状を見て私が提案したいのは、女性客は整理番号とは関係なく、常に最優先で入場できることにしたら良いのではないかということです。(女性客同士の優先順位は、整理番号で決める)
 これに加え、主催者側が
「男性客は、女性客に対して体をぶつけたり圧迫したりすることがないよう、十分に配慮をして下さい」
といった内容のアナウンスを開演前に行なえば、最前列付近に出来た女性客の集団に男性客が突っ込んで行くという事態は避けられると思います。
 あるいは、女性客集団のいるエリアを物理的に囲ってしまう(女性客の入場がほぼ終了した時点で、女性のいるエリアをロープなどで物理的に囲い、男性客の侵入を禁止する)のも良いかも知れません。

 女性は一般的に男性よりも小柄なので、最前列および2列目までを女性が独占しても、一般的な男性客にとっては、十分に許容の範囲に納まると思います。(ステージの見易さに関して、影響が十分に小さい)

 最前列から3列目までを常に女性客が独占するようになったら、女性客の優先度を段階的に下げて(入場時の優先を、整理番号○○番までといったように限定する)いけば良いと思います。
 そうなる頃には、男性客の間でも、
「ボンブラのライブは、“女性客優先”が大原則」
という文化(モラル)が醸成されていることが期待できます。
 男女の愛、あるいは人間愛が歌われることが多いボンブラのライブにおいて、これは理想的な状態なのではないでしょうか。

----------------------------------------
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/589-601e8ad2

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。