2017-10

BON-BON BLANCOのライブを、より多くの人が楽しめるようにするために

BON-BON BLANCOのライブを、より多くの人が楽しめるようにするために


 『BON-BON BLANCO 女祭』Vol.5では、開演前のアナウンスで「モッシュ、ダイブ、水撒きの禁止」が明確に告知されたそうだ。良かった良かった。
 私はアンケートやメールで何度も「モッシュ、ダイブ、水撒きの禁止を開演前にアナウンスして下さい」と伝えてきた。その願いが実現して、本当に嬉しい。

 これでもう、「ボンブラのライブ中に、撒かれた水の飛沫で目潰しを喰らう」ということもなくなり、より安心して(より安全に)ライブを楽しむことが出来る。
 もちろん、ボンブラ自身にもメリットがある。と言うよりも、ボンブラ自身にメリットがあるからこそ、ライブにおける「モッシュ、ダイブ、水撒きの禁止」を打ち出したのだろう。

 表現を変えれば、「ライブの現場の荒れ方に拒絶反応を示して客が離れていくというデメリットを無視できなくなった」ということなのではないか。特に、石丸電気のイベントなどを経由してライブに来た新規の客が、ライブ現場の荒れ方に拒絶反応を示してリピーターになってくれないため、思ったように観客動員数が増えなかったという可能性は高いと思う。

 禁止された行為を行なえば、ルール違反であることは論を待たない。
 ここからは、ルールとして明文化されていない部分、いわゆるマナーに関することや、ボンブラのライブにおける現状の改善策について考えてみたい。


現状の問題1
 …特定の会員が常に最前列にいる(最前列の客が固定化されているような印象)
                ↓
改善策1
 …FC(ファンクラブ)会員用チケットは振込みによる販売のみとする


 最前列が最“善”列とは限らないのだが、「一度は最前列でライブを鑑賞してみたい」と思っているファンが多いのは確かだろう。しかし、私が『女祭』Vol.1から4で見た範囲では、毎回同じ客が最前列にいる光景が目に付いた。多くのファンが取りたいと思っている最前列を、常に特定のファンが取っているのだ。

 これら“特定のファン”は、イベントやライブの現場で販売されているFC会員用チケットを、一番先頭(またはそれに準ずる順位)で購入しているのではないか。
 かく言う私も、『女祭』Vol.4のライブ現場で、『女祭』Vol.5と6のFC会員用チケットを購入し、その整理番号は28と30だった。私はライブ終了直後にチケット売り場に直行し、要領が悪いながらもこの番号を入手することが出来たのだ。
 このことから、まだライブが行なわれている最中にチケット売場前に待機(場所取り)し、発売開始と同時に先頭に立てるようにしておけば、整理番号一桁を入手することは可能だったと推測できる。当然ながら、
「数人のグループがチケット売場前に横一列になって待機していれば、そのうちの誰かが先頭になれる」
わけで、先頭になれた人がチケットを10枚以上まとめて購入すれば、その人を含む特定のグループが整理番号一桁を独占することが可能となる。

 これは別にルール違反ではないが、特定のグループが整理番号一桁を独占することが可能となるようなシステム(チケットの販売方法)は改めるべきだと私は思う。
 改善策は簡単で、FC会員用チケットは振込みによる販売のみとすればそれで済む。当然ながら、整理番号は購入者や申し込み順とは関係なく、ランダムに発行される。ちなみに、モーニング娘。を擁するアップフロントの運営するファンクラブは、この方式を採っている。

 この方式の問題点は、ファンクラブの中に「ネットダフ屋」とでも呼ぶべき輩が混じっている場合、良席のチケット(ライブの場合は、整理番号が小さいチケット)がネットオークションに出され、高値で取引されてしまう場合があることだ。
 しかし、ボンブラの現状を鑑みると、「ネットダフ屋」が整理番号一桁を独占する可能性は低い。また、万一そうなったとしても、現状は特定のグループが整理番号一桁を独占することがより容易となっていることと比べれば、少しはマシになったと言えるのではないか。
 また、「FC会員用チケットは、購入したFC会員の会員証とセットでなければ使用できない」といったルールを作れば、「ネットダフ屋」が付け入る隙は小さくなる。ちなみにこの方式も、前述のアップフロントが、一部のFC向けイベントで採用している(実際には、顔写真入り身分証明書の提示を義務付けるなど、更に厳しいチェック内容となっている)。


現状の問題2
 …女性客は、男性客からの物理的圧力が怖くて前に行き辛い
              ↓
改善策2
 …女性客は、整理番号とは関係なく、常に最優先で入場できることにする


 しょこたん(中川翔子)のコンサートに行ったら、客の約半数が女性であった。オッサンばっかりでむさ苦しいハロプロ系コンサートと比べると、遥かに良い雰囲気で居心地も良かった。やっぱり現場というものは、男女の比率が半々なのが丁度良い。
 ボンブラの『女祭』は、Vol.3で女性客が少し増えたが、Vol.4では逆に減っていたと思う。全体としては、圧倒的に男性客が占める割合が大きい。

 『女祭』Vol.4では、男性客の一団が、後から入場してきた女性客(小柄な2人組)に対し、前方の場所を譲るという光景が見られた。女性客の本来取れる場所は8列目辺りだったが、2列目に入れてあげたのだ(ただし短時間、この点は後述する)。
 その「男性客の一団」の中には私もいたわけだが、微笑ましい光景だった半面、現状の難しさも浮き彫りになっていた。

 その女性客は基本的には遠慮していた。純粋に「後から来たのに、前に行かせてもらうのは申し訳ない」という遠慮が先ず窺えた。次に、前に行きたいという意思はあるものの、前に行けば行くほどモッシュのリスクが高くなることも分かっているから行けないという葛藤が窺えた。
 この葛藤の部分は、女性客に場所を譲ろうとする「男性客の一団」にも共通していた。5列目以降の男性客は、
「最前列に入れてあげればいいじゃないの?」
という比較的楽観的な雰囲気だったことに対し、最前列付近の男性客は
「最前列に入れてあげるのは構わないが、モッシュが起きたときに安全が確保できない」
という危機管理意識が高かったように感じられた。(ちなみに私は、その中間の3、4列目に位置していた)

 余談だが、コージー冨田似の男性客(『女祭』Vol.1で“柵越え背面ロミオ”という度を越したヲタ芸をかましていた非常識な人)が、この時は戸惑いながらも女性客のフォローに回り、
「最前(列に)入れてあげて」
と言って前方の男性客に働きかけていた(女性客を前方へ穏便に誘導)ことには感心した。
 もっとも、モッシュが発生した場合のリスクまでフォローすることは難しく、女性客を前に行かせることが良いことだとは言い切れない。実際、女性客は早い段階で5、6列目付近まで後退していた(おそらく彼女自身の意志)が、それで正解だったと思う。

 このような現状を見て私が提案したいのは、女性客は整理番号とは関係なく、常に最優先で入場できることにしたら良いのではないかということだ。これに加え、主催者側が女性客に対し、会場内のポジショニングにおける絶対的な優先権を与える。つまり、
「男性客は、常に女性客に遠慮しろ(意訳)」
と開演前にアナウンスするのである。

 この方式の問題点は、バレーボールの全日本代表選手が大挙してボンブラのライブに参戦した場合、男性客が残念な思いをするかも知れないということだ。しかし、そうなる可能性は今のところ低そうだ。現状のボンブラの女性ファンを見ると、むしろ平均よりも小柄な女性が多いような気がする。

 冗談はさておき、仮に最前列から3列目までを一般的な女性客が独占したところで、男性客に対する大きなデメリットはないのではないか。もちろん、一般的な女性客よりも小柄な男性客は、デメリットを受ける場合もある。こういう場合は、女性客が自主的に小柄な男性客を誘導してくれると信じたい。
 圧倒的な優位に立っている者には、精神的な余裕が生まれるものである。『女祭』Vol.4にて、男性客の一団が、自分達よりも後から入場してきた小柄な女性客に対し、前方の場所を譲った。これと性別を入れ替えた光景が見られると想像するのは、不自然ではないと思う。そして、それを見た他の男性客が、紳士的な態度を崩さないことも。


 「女性客は整理番号とは関係なく、常に最優先で入場できる」という提案が、「最前列の客が固定化されているような印象を受ける」現状を問題視していることと矛盾しているように捉える向きもあるかも知れないが、それは誤解である。
 「女性絶対優先」を伝わりやすくするために簡略化して書いたが、女性客同士の優先順位は、現状どおりチケットの種類と整理番号だと想定している。

 私が「最前列の客の固定化」を問題視しているのは、飽く迄も個人として固定化されているからである。最前列から3列目までを常に女性客が独占したとしても、その女性客という「大集団」の中で個人が取れる場所がランダムシャッフルされているのなら、問題はないと考える。
 現状では、最前列が「構成する個人が特定された小集団」で独占されており、それ以外の客(他のFC会員全体)との間でシャッフルされる機会が失われているように思えるので、問題視しているのだ。

 また、女性客の比率が増加し、4列以降も女性客で占められるようになったら、ルールを変えれば良い。その頃にはもう、ボンブラファンの間に「女性優先」という文化(気質)が醸成されている筈である。

 おっと、マナーに関することに触れる前に、行数を使ってしまった。
 ボンブラのライブにおけるマナーに関しては、別の記事で書くことにしよう。
スポンサーサイト

コメント

へ~イベント後に次のチケット売ってるなんて知らなかった

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/584-e3b4bddd

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。