2017-08

ごっちんがハロプロを卒業した件に関して

ごっちんがハロプロを卒業した件に関して


 最初にこの話を耳にしたときは、てっきりアップフロントも辞めて別の事務所に移籍するのだと思っていた。実際にはそうではないらしく、少し残念である。
 ハロプロを卒業したとしても、アップフロントに所属している限り、この先もごっちんは上昇機運に乗れないような気がするのだ。

 モー娘。を卒業後のごっちんのソロ活動は、迷走を続けた。売り出し方に戦略が無かったからだ。まさにマーチャンダイジングにおける失敗の典型例を見せられた感じがする。(その反省が小春に活かされているとも受け取れるのだが)
 あややもそうだが、アイドルとして売れている状態から次のステップへの移行が、何故これほどまでに上手くいかないのであろうか。
 単に、「モー娘。落ちたら、皆落ちた」というわけでもあるまい。そうならないために、ソロのアーティストを抱えていた筈だ。

 今月の松戸のライブを観た限り、ごっちんのダンスのスキルは上がっている。
 歌も、一般層を相手にしても通用するレベルにある。
 もうちょっと、一般層から人気(CDの売上、コンサート客の動員)を得られても良いのに、と思う。例えそれが、浮動票としての人気であったとしても。

 アップフロントは「現在確保しているヲタから、搾り取れるだけ搾り取る」ということを最優先しているように思える。それは堅実な商売であり、それはそれで良いだろう。しかし、その一方で世間一般にアピールする商売も展開していかないと、人気は先細って行くばかりである。
小春(きらり)や、カントリー娘。を事実上解散させた後の里田まいの売り出し方を見ると、アップフロントもまだ捨てたものではないと思える。しかし、どうもごっちんとは“相性”が悪いように思えて仕方がない。

 例えば、「ごっちんに人気ドラマの主題歌を歌うチャンスがあれば…」と思うのだが、アップフロントに所属していてそれが実現するのだろうか?
 あるいは逆に、そんなことはとても望めないような小さな事務所でも良いから、「新生・後藤真希」を全力で売り出してくれるところに移籍するというのはどうか?
 プロ野球でも、他球団に放出された選手が、そこで本来の能力を開花させて活躍することがある。ごっちんも、根本的に環境を変えることが次の成功に繋がるのではないだろうか。ハロプロを卒業しただけで明るい未来が開けるとか、今は素直にそう思えない。

 何だか場末の占い師が書いたような記事になってしまったが、現時点ではこれが正直な実感である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/574-e26823bf

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。