2017-10

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』
  2007年の映画館で観た映画:14本目
  映画を観た日:2007年6月30日(土)


 1作目、2作目を観返さずに映画館に行ったものだから…

 東インド会社とか言われても、ハテどういう位置づけだったっけ?
 占い師(預言者)のネーチャンが、こんなとんでもないキャラクターであることの、伏線ってあったっけ?
 キャプテン・ジャック・スパロウとキャプテン・バルボッサに加え、デイウィ・ジョーンズもキャプテンだし、この3人の船長の三角関係もとい三つ巴の構図も、何だかピンとこないわ…

 という状態となり、スクリーンを凝視しつつも、もう何が何やら。
 だから、「非常にバタバタした展開の大作」という印象しか残っていない。
 1作目から通しで観ないと、本当の評価は出来ないと思うけど、正直言ってそれも何だか気が進まないな~。

 正月休み、ゴロゴロしながら『スターウォーズ』三部作鑑賞。
 正月休み、ゴロゴロしながら『パイレーツ・オブ・カリビアン』三部作鑑賞。
 その類似点を探す…とか、何か付加価値を設けないと、もう一度観る気にならないと言うか。

 ただ、キーラ・ナイトリィは相変わらず魅力的だったし、ラストシーンにおけるオーランド・ブルームも良い顔をしていた。終わりよければ全て良しではないが、この映画、決して駄作ではないと思う。
 DVDは、やっぱり買うだろうな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/537-ba7987c3

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。