2017-10

クーラー入れっ放しで寝たら、寝違えた!

クーラー入れっ放しで寝たら、寝違えた!

 今年のゴールデンウィークは過密なスケジュールを組み、全部消化したものの体力が限界に達して風邪をひいてしまった。その反省から、今年の盆休みはゆとりのあるスケジュールを組んだ。
 帰りの新幹線の中で眠ってしまい、少し喉を痛めたものの、今回は体力に余裕があったため風邪を発症することはなかった。そして今現在も風邪はひいていない。この点に関しては良かった。

 しかし、夏バテによる体力低下を怖れるあまり、思わぬ落とし穴に嵌ることになってしまった。
 その落とし穴とは?
 「寝違え」である。
 再発防止のため、去年同様時系列で簡単にまとめておこう。

8月15日(水)
 クーラーを1時間後OFFにして寝たら、暑さでAM2:00に目が覚めた。背中にかなり汗をかいていた。

8月16日(木)
 快眠を確保するため、クーラーを入れっ放しで眠る。

8月17日(金)
 途中で目が覚めることなく定刻まで眠ることが出来た。ただし、首筋にやや違和感あり。それでも問題なく出勤。
 昼の筋トレは通常通り行う。夜は、大事を取って筋トレを中止。
 前日同様、クーラーを入れっ放しで眠る。

8月18日(土)
 途中で目が覚めることはなかったが、定刻に目覚めたときには首を寝違えていた。
 多少は首を回せるが、とても筋トレは出来ない状態。
 この時点ではクーラーのせいで寝違えたとは思っていないので、前日同様、クーラーを入れっ放しで眠る。

8月19日(日)
 途中で目が覚めることはなかったが、定刻に目覚めたときには寝違えが悪化していた。
 ほとんど首を回せない状態。
 この時点で、クーラーを入れっ放しにして眠ったことに問題があったと気付いた。
 この日以降「クーラーを1時間後OFFにして眠る」という元のパターンに戻した。

8月20日(月)
 多少は首が回るようになった。会社は通常通り出勤。

8月21日(火)
 首筋の痛みは引いたが、今度は僧帽筋にかなり痛みが出てきた。痛みが首筋から僧帽筋へ移動した感じ。
 「筋を痛めたときに効く万能のツボ」という上廉を刺激する。確かに一時的には痛みが軽減されるが、時間の経過と共に痛みがぶり返してくる。

8月22日(水)
 僧帽筋の痛みが全体的に改善された。
 首はかなり回せるようになってきたため、リハビリとして昼休みに自重のみのスクワットを100回1セット行う。特に問題なし。
 寝る前、足の裏のツボを全面的に刺激する。

8月23日(木)
 僧帽筋の痛みが限定的になってきた。それでも一箇所はかなり痛い。
 この箇所は、2005年の冬に筋トレ中に痛めた箇所とピタリと一致する。
 これはもう、寝違えと言うよりも古傷の再発である。
 昼休みに片手のみ10kgのカーフレイズと、片手のみ10kgのサイドベントを行う。特に問題なし。
 『フェイタス』が3枚だけ余っていたので、右僧帽、中央、左僧帽に張って寝た。

8月24日(金)
 僧帽筋の痛み(古傷)がかなり引いた。首もかなり回せる。ただし、肩を回すと右側の僧帽筋から「シャリシャリ」と異音がする。痛みは僅かだが、いつまた痛めるか分からない状態。
 この時点で、℃-uteの運動会(『MAGICAL CUTIE 感謝祭』)の競技参加(「マジカル☆フリースロー」)を断念する。
 申請していた通り、午後から早退して、℃-uteの運動会(『MAGICAL CUTIE 感謝祭』)へ向かう。

8月25日(土)
 ℃-uteの運動会(『MAGICAL CUTIE 感謝祭』)は観戦(応援)のみだったにもかかわらず、朝起きたら僧帽筋の痛みが全体的に少し出ていた。それなりの重さのバックパックを背負って歩いた(万歩計のカウンターは11000歩以上だった)ことが原因か? 競技参加(「マジカル☆フリースロー」)をしなくて本当に良かった。
 筋トレは、土日ともに完全に休むことにする。月曜から通常通り再開の予定(ただし、大事をとってウェイトはリハビリレベルにする)。


 今回の教訓は、以下の2つ。

【1】熱帯夜が続こうとも、クーラーを入れっ放しで眠ってはいけない。
   何故なら、クーラーを入れっ放しにして眠ると、体が冷えて、寝違えを発症するからである。
   真夏でも、クーラーを「1時間後OFF設定」にしてから眠ること。

【2】寝違えると、背中の古傷が再発する。
   そうなると、1週間では完治しない。
   そういう事態は絶対に避けるべし。

 今回の寝違え(古傷再発)で、17日(金)から26(日)まで、筋トレがほとんど出来なかった。
 盆休みの間も筋トレをサボっていたので、11日(土)から26(日)までの実に16日間も筋トレを中断したことになる。時期的に、僧帽筋や大胸筋の形がけっこう変わってきていただけに、この中断は痛い。
 ちょうどクレアチン休止期間(ローディングは25日(土)から開始)と重なっていたのが、せめてもの救いか? また、この中断中に、右大臀筋および右股関節の痛みが大幅に改善されたのは良かった。27日(月)以降の筋トレは、この部分も含めて痛みが再発しないように慎重にやっていこう。

寝違え(古傷再発)の治療には、
(1)「筋を痛めたときに効く万能のツボ」という上廉
(2)足の裏のツボ(全面的、先端を丸めた割り箸使用)
(3)『フェイタス』
以外にも、20日以降は
(4)じんわり行うストレッチ
を毎日やった。
 同時にいろいろやったので、正直言ってどれが効いたのか分からない。もしかしたら、組み合わせで効いた部分もあるのかも知れないし。
ただ、少なくとも悪化することはなかったので、万一再び筋を痛めたときは、今回やったことを全部やるつもりだ。
 あ、『フェイタス』は全部使い切ってしまったから、近いうちに買いに行かなイカンわ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。