2017-10

2007年7月12日(木) いちおう日記

2007年7月12日(木)いちおう日記

 ベリーズ(Berryz工房)のシングルVと、℃-uteのDVD付きCDを入手した。
 ベリーズのPVは、映像的には素晴らしい出来栄え。ノーマルバージョンも良いしクローズアップバージョンも良いしメイキング映像も綺麗だ。
 今回は、歌は完全にBGMと化している。正直言って、楽曲が映像に完全に喰われて主従関係が逆転している。楽曲をアピールするための映像作品ではなく、映像作品を引き立たせるために楽曲が付加されているとしか感じられない。
 インターネットで動画を提供しているサイト( DohhhUp! と BARKS )で観たときは、桃子のソロ映像は、背景に写真を使ったセット撮影ではないかと思っていたが、実際にはロケによる正真正銘の屋外撮影だった。桃子の背景には、本物のサツキ(と思う)が咲いている。桃子も生き生きして見える。ふと、GWに帰省した際に見た実家のサツキ を思い出す。やっぱり本物は良いなぁ。

 クローズアップバージョンであっても、場所(背景)が一人一人違うので、作品全体に厚みが感じられる。立体感、空間感と空気感、そして世界観があり、一人一人の物語が見えてくるクローズアップバージョンなのだ。特に、走るバスの中で微かに揺られている雅の映像は、刻々と移りゆく光と影のバランスが非常に美しく、映画的な画になっている。(もちろん、被写体たる雅自身の美しさがあってのことだ)
 歌曲は、クローズアップバージョンであってもBGMとして機能している。嫌味ではなく、本当に有効に機能している。そのため、まるで1作の長編映画の予告編を観ている気分になる。
 そうなのだ。『告白の噴水広場』のPVは、ノーマルバージョンよりもむしろクローズアップバージョンの方が映画的である。楽曲も、今回は最初からPVのBGMとして設計されているのかも知れないと思えるほどだ。

 それに比べて、℃-uteの『めぐる恋の季節』のクローズアップバージョンPVの安っぽいこと安っぽいこと。
 文字通り奥行きがない映像のオンパレードで、℃-uteのメンバーが可哀想になってくる。この楽曲にこういう映像を合わせると、何かメンバーがアホっぽく見えてくるんだよなぁ。

 さて、今日は腰に張りを感じたので筋トレはお休み。月曜日のボンブラ(BON-BON BLANCO)のライブの疲れが出たようだ。でも、明日やれば夕食前週3日は達成できるので、ここは焦らずに行こう。日曜もやれば夕食前週4日だな…。

※今日の出費…(家計簿未完成)

※プチ予定表
7月22日(日)床屋
7月27日(金)チケット当落確認
7月29日(日)ハロコン(SSA)

1.出勤前ぶら下がり 1分15秒
2.就寝前ぶら下がり 1分25秒

3.朝の果物…キウイ1個

4.朝の勉強【残りあと約?日】…未着手

5.午前9時の間食…無し

6.昼休み筋トレ…無し(ストレッチのみ)

7.午前4時の間食…北海道ミルクむしケーキ【木村屋】熱量270kcal、脂質5.9g、たんぱく質5.7g
          プロテイン20g

8.夕食前体重 60.3kg(クレアチン:メンテナンス期)
   体脂肪率 9.4%

9.筋トレ前間食…無し

10.夕食前筋トレ…無し

11.夕飯…ハンバーグ、茹で卵

12.就寝前柔軟体操…1分

13.ブログ記事を書く予定
(1)中川翔子について
(2)『ゲキレンジャー』に感激!
(3)私にとってのソウルミュージックとは
(4)舞美は柴犬で、雅は名犬ラッシー(コリー犬)だ!
(5)あなたのファンになる3原則
(6)『ゲゲゲの鬼太郎』感想
(7)『リーピング』感想
(8)『スパイダーマン3』感想
(9)『300』感想
(10)『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』感想
(11) BON-BON BLANCO 渋谷ライブ感想
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。