2017-08

季刊 ハードゲイナー通信(第3号)

『季刊 ハードゲイナー通信 
     1年振りなのに季刊とはこれ如何に号』
             (通算第3号 6月17日に撮影)

 全国のハードゲイナーの皆さん、1年振りに“季刊”『ハードゲイナー通信』をお届けします。もう今更誰が何と言おうと季刊の看板は下ろしません。これがホントの季刊坊…なんちゃってハハハ!(もうヤケ)
 ちなみにハードゲイナーとは「ハードなゲイ」のことではなく、「体重が増えにくい(なかなか増やせない)人」のことを指す用語である。逆に「体重が増えやすい(容易に増やせる)人」をイージーゲイナーと呼ぶ。「イージーなゲイ」のことではないので間違えないように。
 ハードゲイナーは脂肪が付きにくいのだが、筋肉も付きにくい。だから筋トレをしてもなかなか成果を得ることが出来ない。そして残念なことに、私は筋金入りのハードゲイナーなのだ。
 この『季刊 ハードゲイナー通信』は、そんな私が体重を増やそうと悪戦苦闘、試行錯誤を続ける中での一里塚である…

****************************************
【前回】
2006年6月24日 (41歳)
身長175cm 体重62.0kg 体脂肪率14%  ウエスト未測定
状態:当日トレーニングなし、パンプアップなし(前日のトレーニング…腕と胸)
クレアチン:休止中(休止期間6月18日~7月1日)

【今回】
2006年6月16日 (42歳)
身長175cm 体重60.3kg 体脂肪率11%  ウエスト73.5cm
状態:当日トレーニングなし、パンプアップなし(前日のトレーニング…自重サイドランジのみ)
クレアチン:メンテナンス中
****************************************

 …って、体重、減ってるやんか~。
 だから、『ハードゲイナー通信』出したくなかったんだよ~。
 はぁ~、トレーニングをサボると途端に体重減るんだもん、一時期は58kg台になっちゃって、そこからまたやり直しですよ。
 だから、現在は一応増加進行形ではある。とにかく継続するしかない。

 ちなみに、現在のベンチプレスのMAXも、去年より低い。ただし、去年はMAXは1セットしかやってなかったことに対し、今は2セットやれる重量をMAXに適用しているので、単純な比較は出来ない。「無せず、怪我せず、後退せず」で頑張ろう。
 とりあえず、写真はいっぱい撮ったので張りまくります。
 先ずはこれ。“事故防止”の為、ファールカップを着用しておりますのでご安心下さい。
ファールカップ
 
 さて、「休め」に近い状態がコレ。
正面・通常

 次に一般的なポーズですが、我ながら貧弱ですなぁ。
正面・ポーズ

 悔しいので、少しでもカッコ良く見えるポーズを。 
右腕力こぶポーズ

 このポーズ、背中側で手をクラッチすると腕が太く見えるのですが、あえてやってません。 
側面・ポーズ

 このポーズが一番見栄えがすると自分では思っています。
側面・左腕前ポーズ

 次に背中。
背面・通常

背面・ポーズ

 逆三角形に憧れてはいますが、まだまだ程遠いです。
背面・ポーズ2

背面・力こぶポーズ

 ちなみに、下半身はカーフしかやっていません。それ以外は、この前の金曜日に、超久し振りにサイドランジをやっただけ。当分は胸と背中を優先し、脚・尻に関してはこの2種目しかやりません。

 これは番外編扱いなのですが、以前から気付いたことを写真で確認してみました。ウェイトを扱っているきは、例えそれが軽いものであっても無負荷のときとは筋肉の形状が変わってきます。
ダンベルカール

ダンベルカールとの比較

 負荷そのものというよりも、負荷が作り出す角度のせいなのかも知れませんが。
 最後に、変身ポーズチックな格好で三角筋を強調してみました。カットに関しては、自分の身体で一番見栄えがするので、気に入っている部位です。
三角筋

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/484-4c8cba4b

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。