2017-10

腰痛防止の心得

腰痛防止の心得


(1)日常的に「腰を曲げずに膝を曲げる」ことを心がける(腰を曲げるのはお辞儀をするときだけ)。

(2)例えハンカチを拾うときでも腰を曲げるな、しゃがんで拾うべし。

(3)ものを拾う(持ち上げる)ときは、そのほとんど真上に自分の身体を移動させてから拾う(持ち上げる)こと。それが例えハンカチであっても、跨ぐぐらい近寄ってから拾うこと。

(4)しゃがむ/立ち上がるときは、上体を出来るだけ垂直に立てておくこと。

(5)3kg以上の物を持ち上げる/下ろすときは、動作の最初から最後まで顔は正面に向けたままにしておき、絶対に下を向かないこと。

(6)3kg以上の物を持ち上げる/下ろすときは、脚の筋肉を意識し、脚の筋力で上げ下ろしすることを明確に意識して行なうこと。

(7)布団を上げるとき、布団が何かに引っ掛かると腰を痛める怖れがある。持ち上げる前に、どこにも引っ掛からないことを確認すること。

(8)リュックサック類を背負ったまま、しゃがまないこと。

(9)靴を履く/脱ぐときは、その前に必ず背負っているリュックサック類を下ろすこと。

(10)靴の中には、腰痛防止用の中敷(インソール)を入れること。

(11)靴に入れる腰痛防止用の中敷(インソール)は、少なくとも1年に1回は交換すること。

(12)朝起きたら、出来るだけ早いうちに風呂に入って湯船に浸かり、全身の筋肉を暖めること。

(13)朝風呂に入った後、1分以上ぶら下がりを行なって背筋を伸ばすこと。

(14)朝、背筋を伸ばした後、2分でも良いから体操をすること。

(15)朝、雑誌類を資源ゴミとして出すときは、腰を痛めやすい。結束は前日に行い、出来るだけ軽めにしておくこと。重めに結束してしまったら、必ず解いて軽めに結束し直すこと。

(16)サイドランジ・フロントランジ・踏み台昇降運動など、踏み込み動作を伴うトレーニングを行なう際は、ジョギングシューズのような(衝撃を吸収する)靴を履くこと。

(17)寝る前に、1分以上ぶら下がりを行なって背筋を伸ばすこと。

(18)寝るときは、仰向けで寝ること。TVを見ながら寝ると横向きで寝てしまうので要注意。

(19)寝るときは、定反発枕を使用すること。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/412-0ee8d945

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。