2017-08

『仮面ライダーカブト』考 完結編

『仮面ライダーカブト』考 完結編

              “ライダー枠”を守った『カブト』

 今日、『仮面ライダーカブト』が最終話を迎えた。もうとっくの昔に対象年齢から外れている身ではあるが、一特撮ファン・一視聴者として全体的な感想を書いてみよう。

 『カブト』には、前作の『響鬼』で落ちるところまで落ちた観のあるライダー人気を、一定のレベルまで回復させる使命が課せられていた。結果として、視聴率に関しては苦戦したが、玩具の売り上げに関しては目標を達成できたようである。
 『カブト』の商業的成果が『響鬼』を下回るようなことがあれば、スーパーヒーロータイムの仮面ライダー枠がアニメ番組に取って代わられるのではないかと危惧していただけに、とりあえず一安心である。私も玩具の売り上げには僅かながら貢献しているので、この点に関して負い目は無い。
 来週から始まる『仮面ライダー電王』のゴーサインがいつ出たのかは知らないが、また1年間単体ヒーロー系の特撮番組が見られることを素直に喜びたい。

             キャラクター設定の成功と、運用の不満

 さて、大人な前置きはこれぐらいにしておこう。
 私は、子供心に『カブト』には大いに期待をしていた。ヒーロー番組のキャラクター設定に関して、『カブト』は成功していると思ったからだ(ただし、劇場版は除く)。

    『仮面ライダーカブト』考

    『仮面ライダーカブト』考2 “色とモチーフ”の成功

    『仮面ライダーカブト』考2.1 “色とモチーフ”の失敗

 仮面ライダーの“色とモチーフ”の完成度は、平成ライダーシリーズでもトップクラスの出来栄えだった。それが実際の作品に生かせたかというと、一部に不満が残る結果となった。特に、ザビーとサソードに関しての不満が大きい。
 
 これは『カブト』の作品のコンセプトにも関わることだが、“個人vs組織”という図式をもっと明確に打ち出し続けていれば、ザビーというキャラクターを最後まで生かせたのではないか。
 上記の別記事で既に述べたように、ザビーは「組織に属する者が変身する」・「悪のライダー」であり、主人公のカブトが「組織に属さない」・「正義のライダー」であることとの対比が成されている。ストーリー上の“個人vs組織”という対立の図式を、“カブトvsザビー”というライダーの対立の図式で表現するということを、最後まで続けて欲しかった。

 悪のライダーとして、ダークカブトが登場したのでザビーの出番がなくなってしまった形になったが、擬態天道はザビーに変身するべきだった。ダークカブトにこれといった商品展開が無かったのだから、尚更である。
 擬態天道とダークカブトがゼクトとはほぼ無関係な形で動いたことで、物語の焦点がぼやけてしまった。ひよりもネイティブの子供なのだから、根岸によってゼクトに迎え入れられるといった展開の方が良かったと思う。対立の図式が明確になり、ドラマとしての面白みが増した筈だ。

 サソード・神代剣のキャラクター運用は、基本的には合っているのだが、膨らませ方が足りなかった。
 神代は天道のライバルキャラであると同時に、加賀美と同様、子供が感情移入しやすいキャラクターとして描かれていた。以前から折に触れて言っていることだが(もっとも詳しく書いてあるのは、こちら→『セイザーX』、完結!

(1)普段から、子供が共感できるような考え方や行動をする
(2)「近寄り難い雰囲気」を有してはおらず、子供からも「それじゃダメだよ」と言える位の隙がある
(3)決めるときはカッコ良く決める

といったキャラクターが、現代の子供向け特撮番組には必要なのだ。
 自分がワームであることに気付いた神代が、あっさりと物語から退場してしまったのは非常にもったいなかった。神代はもっと早い時期に自分がワームであることに気付き、最終話か、その1話前まで引っ張るべきだった。間宮麗奈のエピソードとも絡められただろうし、前述したように擬態天道とひよりが根岸によってゼクトに迎え入れられるといった展開と合わせれば、

個人:天道
組織1:ゼクト(擬態天道、ひより、根岸)
組織2:ワーム(神代、間宮)
個人と組織の間で揺れる:(加賀美、岬、風間)

といった図式が出来た。三つ巴+αというこの図式なら、各エピソードも有機的に繋げられた筈である。
 サソリは本来、怪人キャラクターに用いられるモチーフであり、実際に神代はサソリ型ワームだった。サソリ型ライダーであるサソードが、悪の組織の頂点に君臨するという絵は、ザビーとはまた違った「悪のライダー」として魅力的である。怪人幹部風の「悪のライダー」であるサソードと、偽ライダー風の「悪のライダー」であるザビーが「悪と悪」で対立するという構図も面白い。
 「敵の敵は当面の味方」という論理で、それぞれが天道にアプローチをかけ、一見利用されたかに見えた天道が、実はことごとくそれを利用し返すという展開も作れるだろう。

 『カブト』は、人物的にもライダー的にも良いものを揃えているのに、物語全体としてそれが十分に生かされていなかった。それが残念でならない。

                  クロックアップは失敗だった!

 ヒーロー番組としての『カブト』の“売り”は、キャストオフとクロックアップである。少なくとも、番組開始当初はそうだった。しかし、いつ頃からかその両方とも描写が少なくなり、最終話に至っては、その両方ともほとんどオミットさてしまっていた。
 特に、クロックアップが描かれなくなったことは問題である。『龍騎』のミラーワールドも、番組の進行に伴って描写が軽くなっていったが、『カブト』のクロックアップはミラーワールドとは位置付けが違うのだ。

 『龍騎』のミラーワールドは、基本的には「現実とは隔離されたバトルフィールド」といった状況設定だった。ライダーバトルの“売り”は、ミラーワールドそのものではなく、飽くまでもカードを使用したバトルにあった。
 これに対し、『カブト』のクロックアップは、「現実とは隔離されたバトルフィールド」といった状況設定であると同時に、ライダーバトルの“売り”でもあった。『カブト』のライダーの多くは、クロックアップを除いたら、決め技(必殺技)しか見せ場が無い。その決め技も、歴代平成ライダーでも最も地味な技なのだ。クロックアップは、言うなればライダー共通の「もう一つの必殺技」であり、派手な見せ場でもあった筈なのだ。

 そのクロックアップが、何故なくなってしまったのか?
 番組開始当初から危惧していたことだが、クロックアップは「スーパーヒーロータイムの仮面ライダー」としては失敗だったからだ。主な理由は以下の三つ。

(1)クロックアップが、子供の“ごっこ遊び”に取り入れにくい描写であった。
(2)当初売り出された変身玩具(なりきりグッズ)には、クロックアップのギミックがなかった。
(3)視聴者が、クロックアップの意味と描写的意義を理解できなかった。

 クロックアップは、言うなればライダー共通の「見せ場」であり、プロレスで言うところの「ハイスパット」。しかし、実際の描写においてクロックアップは「状況」、もっと具体的に言えば「背景」であり、「技」ではなかった。子供が遊びに取り入れようにも、真似できないのである。
 これに追い討ちをかけるかのように、当初は玩具にも一切このギミックは付いていなかった。もっとも、仮に付いていたとしても、クロックアップの状況を再現できないことに変わりはないのだが。

 結局、クロックアップは「ごっこ遊び」に取り入れて楽しむものではなく、純粋に見るだけで楽しむ要素だったのだ。大人ならば、その演出意図を楽しむことが出来るところだが、番組のコアターゲットである3歳から6歳の視聴者にとってはそうではなかったと思う。
 自分の子供時代のことを思い起こしても、桜の花びらが空中で止まっているように見えることに風情を感じたりはせず、ライダーや怪人がどんな技を使うのかといったことに意識を集中させたに違いない。
 ちなみに、チビッコの多くは、クロックアップの意味を正確に理解していなかったのではないか。あるいは、お母さん視聴者の中にも「クロックアップすると、周囲の時間が止まる」と誤解していた方もいるかも知れない。

             “クロックアップ”には、成功例が存在した

 実は、クロックアップを子供の遊びに取り入れることが出来るような形で描写することは可能である。『600万ドルの男』における、「高速移動」の描写方法がそれだ。つまり、「高速移動」を「スローモーション」で描写するという逆転の発想である。
 『カブト』の場合は、以下のようにすれば良かったのだ。

(1)クロックアップを作動させた瞬間、
「カブトがクロックアップを作動させた。クロックアップすることによって、カブトは超高速で動くことが出来るようになる。このため、周囲のものが止まっているように見えるのだ」
というナレーションが入る。
(2)周囲の動いているもの(落下中の物体など)が止まる。
(3)周囲が「完全に停止」している中、ライダーとワームは「スローモーション」で動く。

 これなら、クロックアップを「ごっこ遊び」に取り入れることが可能となる。
 例えば、岬役のお母さんには「歩いている途中で完全に停止」してもらい、ワーム役のお父さんとライダー役の自分が「スローモーションで戦う」のだ。装着している変身玩具が「クロックアップ」・「クロックオーバー」とアナウンスしてくれれば、もう完璧である。
 特撮ファンの中には、「『600万ドルの男』のパクリだ」と言いだす輩も出るだろうが、そんなものは放っておけば済むことだ。『カブト』のクロックアップに、子供が遊びに取り入れられるような一工夫がなかったことは、本当に惜しかった。
 ちなみに、『スノー・ドッグ』という映画には、主人公が子供の頃『600万ドルの男』の真似をして遊んでいたという話が出てくる。私も、その遊びをやっていた。BGMを口真似しながら、「スローモーションで走る」のである。

 予定していた行数に達してしまった。
 あと少し気付いたことがあるのだが、それはまた別記事として書くことにしよう。
スポンサーサイト

コメント

最近出た写真集で"『600万ドルの男』のやり方もあるが"と出てましたね。
それはともかく、そこまで行けば"雑魚役がゆっくり動くだけで劇中と同じクロック
アップを再現できる"という点まで到達できると思うのですが。
ここに"止まる人"を追加するだけでハイパークロックアップも可能ですし。

終盤使わなくなったといっても、ホッパーのライダーキックやパーフェクトゼクターと
いった、一対多の必殺技が中心になっていたので、意味が薄い&やる余裕無いかと。
(この点は"失敗と判断したからそういう描写に切り替えた"と仰るかも知れませんが)

FIRST&GSLの項目と言い、偏り無く語ろうとするあまり、なにかしらの結論ありきに偏っている印象があります。

 山ウニさん、コメントありがとうございます。
 クロックアップに関しては、ごっこ遊びとして子供が楽しめるかどうかということを論じています。いくら再現できたところで、遊びとして子供が楽しめなければ、それは「遊びに取り入れにくい」ものとなります。
 『600万ドルの男』ごっこは、主役である自分がスローモーションアクションをやるから楽しいのです。カブトの場合も、そうすれば良かったのに、と言うことです。

 終盤、一対多の必殺技が中心になったからという件に関しては、ホッパーのライダーキックのような描写も含めて、そういう場面は当初からありました。よって、クロックアップ云々とは関係ないと思います。

>なにかしらの結論ありきに偏っている印象があります。

 日記以外の記事は、原則として頭の中で結論が出てから書いています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/355-feab49e4

【仮面ライダーX】について

仮面ライダーX仮面ライダーX(かめんライダーエックス)は、毎日放送・テレビ朝日|NET系にて放送された仮面ライダーシリーズ第3作となる特撮テレビドラマ作品、または作品中で主人公が変身するヒーローの名称である。全35回が放映された。* テレビシリーズ 仮面ライダーX 

[特撮][芸能]平成ライダーについて少し

いやー「仮面ライダー電王」は面白いっすね。霧幻館さんもhttp://mugenkan2006.blog68.fc2.com/blog-entry-784.html記事]で触れてますけど、デンライナーの玩具も凄い出来みたいですしね。 見て下さいよ、この「デンライナー ゴウカ」の名に恥じない豪華な仕掛けを。従兄弟

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。