2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久住小春は「キュトかっこいい」! “色の魔法”が、久住小春を「女性ヒーロー」に変身させる?

久住小春は「キュトかっこいい」!
        “色の魔法”が、久住小春を
                「女性ヒーロー」に変身させる?

 “色の魔法”ということについて語ってみたい。
 私は、かつてそれなりのモー娘。ファンであった。しかし、かおりんこと飯田圭織が卒業して以来、モー娘。の楽曲関連商品を購入することが一切なくなってしまった。たまにメンバーの写真集を買う(ミキスケ、こんこん、亀井の3人のみ)ことと、『ハロモニ。』の視聴を継続していることが、僅かながらファンであることの証明となっていた。(※こんこんは既にモー娘。を卒業~引退している)

 ところが最近、7期メンバーの久住小春のシングルVを買ってしまったのだ。
 中学生をメンバーにすることには昔から否定的だったこの私が、である。
 そのきっかけは実に単純、PVの小春の衣装が青色系(水色)ベースで、私の一番好きな色だったからだ。
 あのPVの衣装が、赤だったり黄だったら、私はあのシングルVを買っていなかったと断言できる。

 私は小春に関しては、中学生であるということ以外でも否定的な印象を抱いていた。『ハロモニ。』出演中も、小春は妙にヘラヘラしていて、可愛くないのである。悪い意味で緊張感がない。ニコニコ微笑んでいるのではなく、ヘラヘラ笑っているように見えるのだ。
「だから、いくらルックスが良くても中学生はダメなんだよ。素人丸出しじゃあ、もう通用しないんだよ」と、私は素人丸出しならぬオッサン丸出しで文句を垂れていたものだ。
 また、比較的小顔が多い現在のモー娘。の中に入ると、小春は顔が大きい。可愛いのに顔が大きいというのは、どうもアンバランスだ。

 その小春が、青色系の衣装を着ただけで、イメージが一変した。まさに、“色の魔法”である。
 もちろん、その衣装の露出度が高く、顔が大きい割には手脚が長いという小春の身体的特徴を引き立たせていた(あるいは、実際よりも更に手脚を長く見せる効果があった)ことも大きい。(小春が意外に手脚が長いことについては、「ターン鳥チキン」のコーナーで既に気付いてはいた)
 つまり、カッコイイのだ。
 露出度の高いその青い衣装を着た小春を、私は「可愛い」のではなく、「カッコイイ」と思った。
 スラリとした手足を振り回すようにしてキビキビと踊っている小春が、まるで名乗りポーズを決める戦隊ヒーローのようにカッコ良く感じられたのだ。

 不思議なもので、カッコイイ、カッコイイと思って見ているうちに、今度は小春の表情や細かい動きが可愛らしく見えてきた。
 “エロかっこいい(エロティックでカッコイイ)”ならぬ、“キュトかっこいい(キュートでカッコイイ)”といったところである。
 小春はまだ中学生だけど、“キュトかっこいい”ので、特撮ファンである私がファンになっても問題はない。“キュトかっこいい”という免罪符を貼られた小春は、私の中でファン対象として許容されるキャラクターに昇格してしまったのだ。

 それにしても、まだ14歳になったばかりのアイドルのシングルVを、この歳になって買うとは思わなかった。自分の娘(いないけど)と同い年ぐらいだもんな。
 しかし私にとって、『恋カナ』の小春が「女性ヒーロー」のポテンシャルを有していたことは紛れもない事実である。それが“色の魔法”によるものだとしても、だ。

 思えば、実写版『セーラームーン』を見るようになったのもセーラーマーキュリーがきっかけだった。
 『ハリケンジャー』のハリケンブルーが、もしもハリケンピンクであったのなら、長澤奈央の写真集やDVDを買わなかったかも知れない。
 「男性ヒーロー」に目を向けても、赤色系のカブトよりも青色系ドレイクやガタック好きだし、実際に玩具もドレイクとガタックのものしか買っていない。

 そうだ。私がもし変身できるとしたら、やっぱり青色系のヒーローがいい。
 “色の魔法”でキャラクターを好きになるだけではなく、“色の魔法”で自分自身が変身できたら良いのに…などと思う今日この頃である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/296-c4cb1822

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。