2017-10

rihoさんがブログを閉鎖された…

rihoさんがブログを閉鎖された…

 今日、新記事をupしたとき、rihoさんからコメントを頂いていることに気が付いた。タイムスタンプは20日の午前中なので、丸3日間以上も気付かなかったことになる。言い訳になってしまうが、私のブログは「管理人のみ閲覧できます」となっているコメントは見つけにくい仕様になっているため、気付くのが遅れてしまった。結果的に失礼なことになってしまい、この場を借りてお詫びします。

 rihoさんが、ご多忙を理由にブログを閉鎖された。ワールドカップ終了後、ずっと更新が停止していたものの、来月辺りには更新が再開されるのではないかと思っていただけに、とても残念だ。もちろん閉鎖はrihoさんご自身が決められたことであり、一読者に過ぎない私は意見する立場にない。ただ、rihoさんの書かれる文章から学ばせてもらうことも少なくなかった私としては、残念だというのが正直な気持ちである。

 今思い返すと、もしrihoさんのブログを読んでいなかったら、私は『響鬼』の感想記事を書くのを途中で止めていたかも知れない。
 私は元々ブログの更新癖をつけるために『響鬼』の感想記事を書き始めたのであって、『響鬼』自体には余り思い入れがなかった。そんな私が最終話まで感想記事を書き続けることが出来たのは、rihoさんのブログに引っ張られたという側面があったと思う。
 ザンキというキャラクターに対して強い思い入れを抱きつつ、『響鬼』という作品全体を見渡した時のバランスを冷静に見つめる視点を持っていたrihoさんの記事からは、発想のヒントをもらうことが多々あった。また、それ以上に「作品に対する感情移入と分析の両立」というファンのあるべき姿勢そのものを、rihoさんから学ばせてもらったように思う。

 rihoさんがこれまでお忙しい中ブログを続けて下さったこと、そこで素敵な記事を書いて下さったことに感謝します。願わくは、“しばらくして落ち着いたら”…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/293-8ff8f170

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。