2017-10

小泉首相の靖国神社参拝について

小泉首相の靖国神社参拝について

   どうせなら、ヒトラーも靖国神社に合祀すればいいのに


 誰か、小泉首相に質問すればいいのに。
「ドイツに、ヒトラーを含めたナチス戦犯及びその多大勢の軍人を、英雄として祀った宗教施設があるとします。
 ドイツの“敗戦の日”に、ドイツの首相がその宗教施設を参拝したら、ドイツの侵略を受けたヨーロッパ諸国は、一体どう思うでしょうか?」

 日本(大日本帝国)は、ナチスドイツと手を組んで、連合国と戦争を行っていた。
 今の国連は、大日本帝国やナチスドイツに勝利した連合国が母体になって出来た組織である。
 日本人、特に若い世代は、そういったことを余り知らないのではなかろうか。
スポンサーサイト

コメント

私もその質問に大賛成です!!ぜひ聞いてみたい。

 ヤスさん、コメントありがとうございます。私も本当に聞いてみたいです。

EnjoyKoreaという、日韓翻訳掲示板があるのですが。
そこで、韓国人がしばしばその様な発言をしますが、その度に日本人の側からは嘲笑と批判を浴びております。

それどころか、実に様々な角度から、大日本帝国とナチスドイツの相違点が挙げられており、結論としては、ナチスと戦前の日本を同一視するのは間違いだとしか言い様がありません。

ヒトラーの「我が闘争」にあるように、ナチスドイツは、ユダヤ人を社会にとって害となる存在だと決めつけ、ヨーロッパからの排除(一般に虐殺とされているが、単に追放したかっただけという異論もあり)を目指していましたが、それに類する理念を当時の日本は持っていません。
それどころか、満洲に逃れてきたユダヤ人約二万人を日本軍が保護していますし(これに関して東条英機が少々関わっている)。

「ドイツは謝罪した」と勘違いしている人が多いですが、あれはホロコーストに対してであって、戦争に対する謝罪ではありません。

ついでに言うと、ドイツは日本で言うとサンフランシスコ条約に相当する平和条約を連合国と締結しておらず、付随する賠償金もまだ支払っていません。

ドイツが払ったのは全てホロコーストに関する賠償で、例えばポーランドに侵攻した賠償をドイツが行ったと聞いたことはありません。

きりがないのでここまでにしますが、とにかく小泉首相の靖国神社参拝に賛同する人に対して「どうせなら、ヒトラーも靖国神社に合祀すればいいのに」と言った所で笑われるだけです。

 わざわざ説明するのも野暮なのですが、「どうせなら、ヒトラーも靖国神社に合祀すればいいのに」という部分は、靖国神社にA級戦犯が合祀されていること、当初は遺族の了承を得ずに勝手に合祀していたこと、合祀から除外して欲しいと求める外国の方(母国が)の訴えを退けていることに対する皮肉です。
 それを笑うのは勝手にどうぞ。(ここのコメント欄に書き込めという意味ではありません、念のため)

 私は、日本が友好を深め協力を得るべき近隣国である中国や韓国から、未だに戦争責任や歴史認識について非難され続けている現状を改善するべきだ考えています。
 ドイツに関して平和条約や賠償金云々に関して言及するのも結構ですが、それよりも、結果的に現時点でドイツが周辺の国から戦争責任や歴史認識について日本のように非難され続けているか否かの方が重要だとは思いませんか?
 当然ですが、大日本帝国とナチスドイツの相違点を知ることも重要ですが、類似した部分、特に近隣の国々に対して何をしたかのか知ることも重要です。

300万人の人々が命を落としたあの戦争の責任を指導者がとるのは、当たり前です。赤紙で召集された人々とは立場が違いますよね。
なぜ、靖国神社が、なぜこっそり合祀しなければならなかったのか、、、。

処刑されたからその罪は、なくなるなんていい加減な考え方は、一般ピープルが間違いを犯した時で、指導的立場の人は、死んでもその罪から逃れることは
できないのです。その覚悟がなければ、リーダーにはなれないと思います。
しかし、いい加減に次の総裁選の票のことだけ考えて参拝する首相、、。
300万人が命を落としてもどうでもいいっていう人がリーダーなのですから
大無責任時代の到来ですね。
それを、他国でどうのこうのと言われたから参拝をやめるのは、けしからん、なんて
もっともらしく言う人が居るこの日本にうんざりです

 日独伊三国同盟の条項には
「第一条 日本国はドイツ国及びイタリヤ国の欧州における新秩序建設に関し、指導的地位を認め、かつこれを尊重する」
 とあります。日独伊三国同盟という体制下で第2次世界大戦に参戦することを決定しただけでも、当時の日本の指導者達は「平和に対する罪」を犯したと、私には思えます。
 日本が中国や朝鮮に対して行った侵略や植民地支配を反省し謝罪する気持ちが本当にあるのなら、当時その行為を命令する立場にあった指導者=戦争責任者を英霊として合祀している靖国神社を、今の政府を代表する立場にある人間が参拝することは出来ない筈です。
 小泉首相の行為は、これこそイタチの最後っ屁という感じで、国民として恥ずかしいです。

小泉首相の参拝はイタチの最後っぺ・・と言うあなた

馬鹿馬鹿しくて、コメントもしたくありませんが、
今の韓国や中国が良き隣人などと感じている日本人がいたら
そのおめでたい顔を見てみたいですね、
戦後韓国の支援にどれだけの日本人の技術と資金が投入されたと思っているのです。
厚顔なことに
国家のまとめ材料としての仮想敵国として日本を作り上げる国
5がほしいと10をねだる国それが韓国朝鮮と中国ではないですか
教科書で他の国を敵視扱いする国自体が異常ということに
猿でも気がつく馬鹿馬鹿しさですがね

 戦後復興のために技術と資金を投入しさえすれば、A級戦犯を英霊として祀ってある宗教施設に参拝しても許されると言うのなら、まさに「厚顔無恥で愚かな日本人」のステレオタイプとして教科書に載せてもらえるかも?

難しいことはわからないけれど、以前なにかの番組で戦時中に従軍慰安婦になっていた人たちが
「日本から一言でいいので、昔ひどいことをして申し訳なかった、と言ってもらいたい。国政上の都合はあるのかもしれないし、昔の人がしたことだから今更と思われるかもしれないが
それでも日本という国から、心からの一言があれば、自分の中にずっとあるつらいトラウマが軽くなるのに」みたいなことを言って泣いているのを見て、私は純粋に「この人たちにあやまったらいいのに」と思った。
「そんなこと言ったら中国や朝鮮だって…」という反論はたくさんあるんだろうけど、相手があやまらないからとか相手も悪いし、大袈裟だしとかそういうこと言わないで、
そんな辛い目にあって今も泣いている人がいて、あやまってほしいと言っているんだから、やっぱり謝ったほうがいいと思う。謝る前に靖国神社を参拝していたら、その人たちが「日本は反省してないんじゃないか」と感じるのも仕方のないことだと思う。
国の代表として靖国神社を参拝するのは、日本があやまって、中国?韓国も悪かったところはちゃんと謝って、わだかまりが消えてからでも遅くないんじゃないだろうか。

中学生ですがさん、コメントありがとうございます。リンクを張っておきますので、参考にして下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%AC%9D%E7%BD%AA

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%B3%A0%E5%84%9F%E3%81%A8%E6%88%A6%E5%BE%8C%E8%A3%9C%E5%84%9F

 個人的には、↓に載っている一節が的を射ていると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%95%8F%E9%A1%8C

>ドイツのシュミット元首相:東京で演説した際靖国問題に触れ、「日本は過去の戦
>争責任を曖昧にしている。そのため、国際社会において、真の友人がきわめて少
>ない」と述べた。(『欧米メディア・知日派の日本論』ニューズウィークの記事を転載
>したもの)。

>私は、日本が友好を深め協力を得るべき近隣国である中国や韓国から
>未だに戦争責任や歴史認識について非難され続けている現状を改善
>するべきだ考えています

 この手の話題をする方はどうして、日本側には譲歩しろとしきりにいうのに、中韓にも譲歩を求めないのでしょうか?中韓のやり口も「可哀想な被害者」から全く程遠い代物なのに。
 だからいつも、「中韓がゴネてる方が問題」「中韓がゴネているから日本側も引けない」という話に流れるわけで。

 どうして「日本も、中韓も、双方ともにこういう問題がある」と言えないのですか?
 あるいは、外交一般の(非常に残念な)現実を考えずに、一方的な譲歩で誠意を見せれば解決すると脳天気に信じられるのですか。

 個人的には、靖国に関する古泉首相の一連の行動に関しては「中韓のゴネっぷりに、できる範囲で釘をさした」と好感を持っています。効果もあげたと。
 「これこそイタチの最後っ屁という感じで、国民として恥ずかしいです」とは全く思いません。

閲覧者さんへ

>この手の話題をする方はどうして、日本側には譲歩しろとしきりにいうのに、

 本文をちゃんと読んでからコメントしてください。
 私は、日本側に譲歩しろなどとは言っていません。
 日本による侵略を受けた国の常識と照らし合わせて、かつての侵略者としての日本がするべきではない行為を止めろと言っているだけです。
 近いうち、またその国を侵略するつもりなら、話は別かも知れませんけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/288-a40537c4

小泉総理 ついに8月15日靖国参拝!

小泉総理の8月15日靖国参拝ついに今日、8月15日に靖国神社に参拝してしまいました。小泉総理の『意地』ですね。しかもモーニング(正装)で!以前も靖国参拝について触れましたが、小泉総理の『知覧特攻隊への想い』からの参拝の気持ちはわかります。けれどもA級戦犯者もと.

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。