2017-08

ボクシングを馬鹿にした連中を「馬鹿め!」とやり返すコラム

ボクシングを馬鹿にした連中を「馬鹿め!」とやり返すコラム


 本人は、ファン・ランダエタ VS 亀田興毅 に関する批判記事を書いているつもりなのかも知れないが、実際にはボクシングを馬鹿にしている。ブロガーには、そういう連中が沢山いる。
 だから私は、そういう連中に対して、逆に「この馬鹿どもめ!」と、カウンターパンチを喰らわしてやることににした。
(私自身の、ファン・ランダエタ VS 亀田興毅 に関する見解は、こちら と こちら

 馬鹿な人に「馬鹿め!」と言っても、馬鹿な人にその自覚が無い場合には効果が薄い。そこで、馬鹿にもちゃんと伝わるように、野球に例えて分かりやすく罵倒することにした。

馬鹿の例その1…簡単な引き算すら出来ない馬鹿

 「初回と、11、12ラウンドしか見てないけど、あの試合は亀田の負けだ」
と書いた馬鹿がいる。馬鹿の中の馬鹿、もう論外の馬鹿である。全12ラウンド中の3ラウンド分しか見ていないくせに、どうして試合の勝敗結果の判断を下すことができると言うのだ?
 分かりやすく付け加えると、この野球のスコアを見て、
亀田対ランダエタを野球に例える1

「なんで亀田の勝ちになっているんだ? どう見ても亀田の負けだろう」
と言ってる馬鹿と同じレベルの馬鹿である。
 「初回と、11、12ラウンドは負けていた」と認識しており、かつその途中を見ておらず、スコアの合計値で亀田の勝ちになっていたとしたら、自分が見ていなかった途中のラウンドで亀田がポイントを稼いだと考えるのが当然ではないか。
 この類の記事を書いた人は、単なる引き算も出来ない正真正銘の馬鹿である。


馬鹿の例その2…簡単な足し算すら出来ない馬鹿

 「初回にダウンして、11ラウンドもクリンチしまくりだったから、あの試合は亀田の負けだ」
と書いた馬鹿がいる。全12ラウンド中うち、2ポイント取られた回が一度、1ポイント取られた回が一度あったら負けになると「計算」している馬鹿である。
 分かりやすく付け加えると、この野球のスコアを見て、
亀田対ランダエタを野球に例える2

「なんで亀田の勝ちになっているんだ? どう見ても亀田の負けだろう」
と言ってる馬鹿と同じレベルの馬鹿である。
 よもや、現在の採点は「出来るだけ10対10をつけず、僅差であっても10対9をつける」傾向にあるということすら知らないで、試合の勝敗という重要な事柄に関して自分の考えを書いているわけでもあるまい。
 この類の記事を書いた人は、単なる足し算も出来ない正真正銘の馬鹿である。

馬鹿の例その3…自分でスコアをつけないで意見する馬鹿

 自分でスコアもつけないくせに、試合の判定に文句をつけている馬鹿がいる。
 どうしてスコアもつけていないくせに、ジャッジの採点がおかしいなどと言えるのか?
 
 ボクシングの採点に関して「フィギュアスケートや体操などと変わらない」と、大ボケをかました記者がいた(詳しくは こちら )が、敢えてアマチュアボクシングや、その他の採点がある格闘競技以外を引き合いに出すとすれば、それはバスケットボールが適当だと思う。
 ただしそれは、「スコアが試合終了まで表示されることが無い」という状態のバスケという、注釈付きでの例えとしてである。

 短いタイムラクでポンポンと両チームがゴールを決めていくバスケ。
 短いタイムラクでポンポンと両選手がパンチを繰り出すボクシング。
 時間の経過と共に、スコアは刻々と変化する。
 リアルタイムでそれを把握し、何らかの方法で記録しておかなければ、試合終了時点の勝敗を正しく見極めることは不可能に近い。

 もしバスケのスコアが、ボクシング同様に試合終了まで公開されなかったとしたら、どうだろう。
「114対113で、亀田の勝ち」
と集計結果が発表されたとき、自分自身でスコアを付けていなかった人が、その結果に文句をつけるだろうか。
 例え自分でスコアをつけていたとしても、その正確さに自信の無い人が、ジャッジの出したスコアに異を唱えるだろうか。
 試合途中にほんの30秒でも席を立ってしまい、試合を見ていない時間を作ってしまった人が、「114対113で、亀田の勝ち」という僅差のスコアに、具体的に反論することができるだろうか。いや、出来まい。その30秒の間に、勝敗を分ける1ポイントが入っていたのかもしれないと想像する能力があるならば。

 「ジャッジに負けないぐらいの気持ちで集中して観戦し、自分自身でスコアをつける」ということをしていない人に、試合の判定に文句を付ける資格は無い。
 自分の採点とジャッジの採点を比較し、ジャッジの採点のどこに異議があるのか具体的に説明できない人は、試合の判定結果に文句を言うな!

 あー、胸がスーッとしたわ!
スポンサーサイト

コメント

震電さん。はじめまして。そしてありがとうございます。
こういう記事を書いてくれる、まともな方がいることを誇りに思います。
僕の採点は114-113でランダエタですが、ジャッジの見方によって117-110ランダエタ勝利から114-113亀田勝利までありえた試合だったと思っています。
ですから、八百長があった可能性は否定しないが、あったなかったに関わらず結論としての試合結果についてはそれほどひどい判定ではなかった。すくなくとも試合結果から八百長を判断することはできなかったと思っています(詳細に検討した結果、八百長の可能性が高い金という論が展開されるのであれば、それは別の議論と考えます)。
まとはずれな批判に一矢を報いるべく、僕も微力ながら断固、亀田支持論を展開しました。
とはいえ、素人(僕もまったくの素人ですけど)に採点しながら見ろっていうのは無理かなと。少なくとも公共の電波で意味の分からないことばかりいってるバカを徹底的に糾弾したいです。
とにかく、ここ数日の震電さんの記事に感謝しています。

すみません。試合の八百長ではなく、ジャッジの採点ミスあるいは買収に訂正します。

 ○田×男さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
 ○田×男さんのブログの「3日分」の記事を読ませてもらいました。「一矢報いてやりたい」という気持ち、私も同じです。

 「素人に採点しながら見ろというのは無理」とのご指摘は、現状を鑑みればまさにその通りなのですが、少なくとも「スコアシートを元にして批判する」ということが周知徹底されて欲しいと思います。
 あらゆる得点制(スコアシート・スコアボード有り)スポーツの中で、スコアシートを見ないで批判されるスポーツは、ボクシングぐらいのものでしょう。余りにも酷いです。

ありがとうございます。僕のブログまで見ていただいたんですね。いろいろ変なことも書いているので、お恥ずかしい。「スコアシートを元にして批判する」この最低限の土台があって、成り立っている議論の以下に少ないことか。
この土台の上で、亀田の勝ちはなかったという論は、当然ありだと思いますがね。
本質的には亀田を支持したいのではなく、まとはずれなくせにまっとうなフリをする”識者”のコメントに怒りを覚えただけですから。

しかし、これで次回亀田がKO決着を目指さざるを得ないのは不幸なことです。現時点での実力は別にして、豊かな才能を持つひとりのボクサーをつぶしてしまったかなという思いがあります。

長文失礼しました。また、ちょこちょこ寄らせてもらいます。

野球にたとえるのは全然違うだろ!!あほか!?

 私の記事の間違っている部分を具体的に指摘し、どう間違っているのか、説明してみて下さい。
 それと、投稿する際には、Nameの欄にお名前(ハンドルネーム)を記入して下さい。それが最低限の礼儀です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/282-27868af1

亀田興毅×ランダエタの整理

この問題。試合の後、自分でもさまざまな視点でこの問題について考えたけど、正直どう

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。