2017-08

『仮面ライダー響鬼』 四十六之巻

『仮面ライダー響鬼』 四十六之巻

【 観る前に思ったこと 】

 前回、明日夢が京介につっかかっていって、取っ組み合いのケンカになった。これは、何気に凄い進歩なのではないだろうか。
 29話以前の明日夢なら、例え正当な理由があり、かつ相手が自分より体力が劣っていることが分かっていようとも、自分からケンカを仕掛けるなんて有り得なかったと思う。それなのに、明日夢も京介も顔に痣が出来るという立派なケンカをやった。明日夢は京介を殴り、殴られ、それで止めずに互いにバテるまで続けたのだ(時間にしたら3分足らずだとは思うが。取っ組み合って殴り合うのは、息が上がってすぐバテます)。

 京介との弟子レースでは、完全に脇に回っている明日夢だが、何とか鬼になって欲しいところ。
 前回、子供と指切りしたことがリタイアの伏線に見えたが、自らケンカを仕掛けたことも伏線に取れないことはない。
 京介はイブキに弟子入りし直して鬼になり、あきらがサポーターに付く(京介は素直な心を取り戻して、あきらとラブラブになる)。
 明日夢はヒビキの元で鬼になり、ハイビートな音撃打を駆使する期待の新人となる。
 トドロキも、明日夢と京介という後輩が出来て、すっかり先輩らしくなる。
「トドロキさんは、弟子をとらないんですか?」
なーんて明日夢たちに言われて、まんざらでもない様子だったりする。
 モッチーは、サポーターにはならないものの猛士の一員となり、明日夢とラブラブ。「たちばな」からヒビキと共に出動する明日夢に対して切火を切ったりする。
 最終話の終わり5分は、こんな感じになって欲しいのだが…。
 明日夢と京介が同時に変身して、オトロシに立ち向かっていくシーンで「完」だったら最高! それが私の『響鬼』!

 轟鬼が二刀流なのはイイとして、なんで威吹鬼が赤い鬼石のバチ持って戦っているの? 響鬼  は烈風持ってるみたいだし? お互いに落っことして成り行きで交換しちゃってるようにも見えないが…
 とにかくイブキ~ッ、頑張れ~!

【四十六之巻の感想 】

 今回は、さすがに先が見えている時期に作られているだけあって、盛りだくさんで豪華な印象。1週間遅れで、おせち料理を食べたみたいな気分になった。
 自分の歳のせいか、おやっさんと明日夢母が同じ話に登場すると、それだけで和んでしまう。もちろん、下條アトムさんと水木薫さんの役者としての存在感がそうさせている部分も大きいと思う。

 トドロキは、鬼としても人としても完全に復活しており、斬鬼を具体的に回想するシーンも無し。
 これなら、アバンタイトルで前話を振り返らなかったのも納得がいく。今回からの3話は、オロチの話なのだ。視聴者も、その辺はスパッと頭を切り替えるべきだろう。
 轟鬼が戦っていたテングとヨブコは、両方とも天然もののようだ。鬼との共闘路線を打ち出している傀儡師夫婦が、この時期にアンチ音撃仕様のヨブコを放置しておく可能性は低い。
 拡声器が付いていないヨブコ(肩口のヘビは口を閉じていたが、多分これが本来の姿)など、復活した轟鬼の敵ではない。轟鬼は、斬鬼ばりの「串刺し音撃斬」で、2体まとめて退治してしまう。

 続いて登場した金色のバケガニは、映像的にはイマイチだったが、響鬼と威吹鬼が戦ったアミキリは良かった。キチン質の質感もあり、色も鮮やかで綺麗、動きにもそれなりに重量感があったので、退治される瞬間まで「何で飛んで戦わないんだ」ということが頭に浮かばなかったくらいである。
 ただ、ちょっと美味しそうに見えてしまったのは、観ている側である私の問題か。

 以前から、自転車を必死に漕いで「たちばな」に先回りするなど、実は人の見ていないところで努力するタイプの桐矢京介。自主トレの甲斐あって、体力が付いていた。
 ただし、寒い屋外での筋力トレーニングは、筋肉を傷めやすいので本当はするべきではない(経験者は語る…私は寒いところで筋トレしていて、僧帽筋を痛めました)。京介のやっていた懸垂は、フォーム的には三角筋を傷めやすいんじゃないかなぁ。

 登場人物が一斉に自問自答を促す/始めたような印象が強いが、明日夢とSP姫&童子が何気にシンクロしていたり、京介とイブキの対比が効いていたりして、面白かった。明日夢も、振り子が戻ってくるかのようにヘタレキャラを回復しつつあるので、存在感が出てきた。

 残りは2話。物語の終わらせ方は既にお膳立てされているので、割と安心して観ていられそうである。もちろん、最終話で、明日夢と京介のダブル変身を観られるかという不安はあるのだが。

 あと、余談ながら、CMにキーラ・ナイトリィが出演していたので大喜びしてしまった。番組関連玩具のCMがなくなった分、女性化粧品(髪用品)のCMが増えた? キーラ・ナイトリィを拝めたのは嬉しいが(ええ、DVDに焼きますとも!)男児向け番組なんだから、髭剃りのCMとかも入れて欲しいぞとオッサンである私は思った。

【小学一年生の心で学び直したこと】

 修行というものは、特殊な環境下で行われるものばかりではない。日々の日常生活も修行の一環として考えるべきである。

【 次回予告を観て思ったこと 】

 久し振りにみどりが登場するみたい。太鼓祭り復活?

****************************************

 『響鬼』に関して以下の記事を書きましたので、こちらも読んでいただけたら幸いです。

New! 1/7 up 理想の『響鬼』のプロット(と言うより、メモ書き)
New! 12/29 up 『響鬼』および仮面ライダーシリーズの終盤の視聴率に関して
12/22 up 29話までの『響鬼』と30話からの『響鬼』を採点比較する!
12/15 up ザンキは如何にして みどりを口説き落としたか?
12/14 up 「ザンキ&修行初期の戸田山」について想像する
12/14 up ザンキについて(ついでにサバキも)考える
12/11 up 『響鬼』とその周辺を1年間観続けた印象 ~特撮文化における「恥」と「理性」~
12/2 up 「完全新生」仕切り直し!『響鬼2』は、このスタイルで放映せよ!!
11/27 up 『響鬼』は何故“マッタリした『牙狼』”になれなかったのか?
11/27 up 『仮面ライダー響鬼』は失敗作である(駄作ではない)
11/18 up 『アマゾン』と『響鬼』
10/30 up 鬼の顔だけ変身解除リアル版 その2
10/30 up あきらも明日夢も京介も変身だぁ!
10/25 up あきらが鬼に変身する過程の想像図
10/23 up 朱鬼の「女の鬼」としてのデザインに不満あり!
10/19 up 最終回までに桐矢京介にやって欲しい10のこと
10/11 up 空想検討「『響鬼』の理想の最終章をファンドで映画化しよう!」
10/4 up 『響鬼』の製作体制変更に関してのまとめ
9/27 up 桐矢京介のモデルはブロガー(アンチ新体制派)だ!
9/17 up もしも『響鬼』が有料番組になったら、金を払ってでも見るか?
9/11 up こんな『響鬼』だったら玩具が売れた!??
9/8 up 『響鬼』の人気低迷を考察する
9/9 up 『響鬼』の商業的失敗の原因を解明する!
9/9 up 『響鬼』の製作体制変更に関する疑問
9/3 up 『仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼』
8/20 up ザンキ・スペシャル “元”鬼の裏技「隠し鬼爪」
8/15 up 鬼の「顔だけ変身解除」リアル版
7/26 up ザンキさんレギュラー化計画
7/25 up 『ああザンキさん』
7/22 up 変身裸族
7/9 up 我が家のキアカシシ
7/5 up ディスクアニマルの使われ方について考える
6/19 up “鬼”ごっこ(『仮面ライダー響鬼』ごっこ)で遊ぼう!
6/12 up 『仮面ライダー響鬼』キャラクターお気に入りベスト3
6/4 up 劇場版『仮面ライダー響鬼』を、ネタばれ無しで考える
5/23 up 我が家のルリオオカミ
5/22 up 『響鬼』パロディ企画 筒の使い手“仮面ライダー奏鬼”を独占スクープ!
5/15 up 『仮面ライダー響鬼』その他ライダーの変身ポーズを裸で比較検証する
5/2 up 安達明日夢(ア・ア)は鬼になる!
4/18 up 『仮面ライダー響鬼』3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える その2
4/13 up 新しいディスクアニマルを、ネタばれ無しで考える
4/10 up 『仮面ライダー響鬼』3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える
4/3 up 『仮面ライダー響鬼』ハリウッド映画化計画! を考える
スポンサーサイト

コメント

CM

がらっと変わりましたね。私もびっくりしました。個人的には熱で弱っている時に、癒えの中を宇宙人がうろつき回るのは如何なものか…あと宇宙人のくれる薬は素直に受け取れないような…w

玩具

 aさん、コメントありがとうございます。
 『響鬼』の玩具もジワジワと値を下げてきております。22日は、10時ごろに近所のデパートに行って、アームドディスクセットあたりを狙おうかと思っています。
 あの風邪薬のCMは、確かにあんまりピンときませんね。

とにかく

明日夢がちゃんと考えるようになって、京介が響鬼ワールドになじむ程度のキャラになってくれたことが、嬉しくてたまりません。
今までの私にとってのストレスの大半は、悪すぎた京介だったことがよくわかりました(笑)。
あと2回!映画のオロチは出ますかねえ。出ると確信してたんですが、ちっとも姿を見せませんね。

ストレス

 77maru77さん、コメントありがとうございます。
 京介が「悪さ」をしているという印象は、ほとんどありません。最近、明日夢からアイテムを盗んだことぐらいでしょうか。
 学校で寿司をとるとか、突飛な行動から『響鬼』の世界では「有り得ない」系のキャラという印象を受け、演じる中村さんの演技の下手さと相まって、「憎まれ役(ヒール)」ではなく「悪い印象のキャラ」になっていました。
 登場以後、中村さんの演技の上達と京介のキャラの変化がシンクロしていて、面白かったです。
 映画のオロチは出ると、今でも思っています。太鼓で清めの儀式を行うと映画のオロチが出て来て、大量発生した魔化魍を食べちゃうとか、そんな感じではないでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/182-e2b64a26

仮面ライダー響鬼 極める鬼道

仮面ライダー響鬼ファンの皆さん、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。 で、今回のテーマは「願い」かな? □初詣 ・桐矢京介(中村優一さん)    「どうか一人前の鬼になれますよう

仮面ライダー響鬼「四十六之巻」

提供読みは明日夢くんでございますですね。先週のおさらいコーナーはなくなりましたか、そーですか。■初詣なヒビキさんお参りするヒビキさんだけ30分でいいです(^-^)神様へのお参りと変身時の精神集中ってちょっと似てる気がする。■師匠への挨拶から新年が始まるトドセリ

仮面ライダー響鬼46

仮面ライダー響鬼 四十六之巻 極める鬼道トドロキが完全復活してる。その上、二刀流。新年の挨拶はザンキさんに(笑)久しぶりに謎の男と女が登場。姫&童子は自我が目覚め

響鬼46話

ヌシさまに起こされ、ぼーっとマジレンと響鬼を見て、急に頼まれた仕事をしていたら…もう色んなところでレビューがあがっている!早いよ、皆さん!年明け第一回目の響鬼。先週のおさらいで始まったら暗くなるなぁ…と思っていたので前に進む感じはGOODです。もうあと...

あけおめ~ by轟鬼

仮面ライダー響鬼・四十六之巻

仮面ライダー響鬼「四十六之巻 極める鬼道」

年も明けて「響鬼」も残すところあと三話。 提供読みも明日夢少年になってクライマッ

四十六之巻 極める鬼道

変な表現だけど、心おだやかに楽しめた。気持ちよく見ていられた。どうしてだろう、と考えてみた。多分、「悪い人」「キワ者」が出てこなかったから。それから、やっと!!!(笑)ヒビキと明日夢の物語が動き出したから。京介が普通の人レベルになってくれたのが、本当に大

仮面ライダー響鬼 四十六之巻

最終三部作に入っているのに、あまり盛り上がらないような… と思ってしまう四十六之巻。

仮面ライダー響鬼(06.01.08)

結局前回のザンキさんの最期を見られぬまま今週の仮面ライダー響鬼({{{「'''四十六之巻 極める鬼道'''」}}})を迎えてしまいました。ビデオに録ってあると思うとつい先延ばしにしちゃいます。まあザンキ-トドロキ師弟のエピソードは前回で終わり

響鬼四十六之巻「極める鬼道」

☆気乗りしないし、時間もないので、軽めにいきます~♪みんなが初詣に出掛けている中、ひとりで戦いに出ているトド「ザンキさん、あけましておめでとうございます!」って、全然めでたくないよっっ!TVを見ているこっちは喪中気分だったっていうのに!!(笑)しかも烈雷と烈

響鬼四十六之巻・極める鬼道

冒頭は、身なりの良い男女の緊迫した雰囲気。OP後は、うって変わって和やかムードの初詣。神様への願い事すら定まらない悩める少年明日夢。明日夢ママの言う通り、とことん考え

今日の響鬼(2006.1.8)

四十六之巻 「極める鬼道」 お正月で1回休みだったというのに、あと3話か・・・どういう結末になるんだろう? 洋館の紳士・淑女がススキの原の中を歩いている。石柱に梵字らしきものが書いてあるモノを見つけ、

仮面ライダー響鬼(ヒビキ) 四十六之巻 「極める鬼道」

「二人はさ、自分が死んじゃうことって、考えたことあるか?死を意識する。そうすれば、自ずと生きることの意味が解ってくるよ。鬼である以上、死と共に生きてるってことだからな。生きるって言うのはさ、どういうことか。いずれ二人も、その答えを見つけなき...

~響鬼 四十六之巻 「極める鬼道」~

初詣京介、明日夢も鬼のみなさんと大分親しんでいる様子。そういえば、なんでイブキやトドロキはしょっちゅうたちばなにいるんだろう?やっぱ香須実さん日菜佳さんがいるからか?

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。