2017-10

『仮面ライダー響鬼』 四十四之巻

『仮面ライダー響鬼』 四十四之巻

【 観る前に思ったこと 】

 非常に大雑把な捉え方をすると、
・明日夢は“完全なる善意(正確には、悪意の欠如)”
・「万引き&逆恨み暴力少年」は、“完全なる悪意”
・迷っていたときのあきらは、“善意と悪意の中間”
・現在の京介も、“善意と悪意の中間”
となり、現在の京介のポジションは、以前のあきらと同じである。タイミング的にも、丁度あきらと入れ替わりになっている。
 以前、「イブキがあきら(迷える弟子)を預けるのは、ザンキ&トドロキのところではなく、ヒビキ&明日夢のところであるべきだった」と書いた。実際には、1順遅れで「ヒビキ&明日夢のところに京介が預けられた」という格好になっているのだ。

 これはもう、丸っきり「京介=あきら」である。京介は「もう一人の明日夢」であると同時に、「もう一人のあきら」なのだ。
 何と便利な、何とお得なキャラクターなのだろう。存在自体が隙間産業&代行産業である。しかも、いつの間にか明日夢に替わって「ヘタレな弟子」というキャラを確立してしまっている。
 願わくば、あきらの替わりに京介がイブキに弟子入りして管の使い手になり、ヒビキの元で太鼓の使い手となった明日夢と、新人鬼のタッグを組んで欲しいものである。
 何となくだが、最終話では、京介とあきらがラブラブになっているような気がする…。

 トドロキがリハビリを始めるようで、ホッと一安心。
 ザンキは、朱鬼から学んだ「禁断の技」を使うのか?

【四十四之巻の感想 】

 以前から思っていたのだが、鬼の特性(個性)がキチンと描かれていないことが気になる。
 威吹鬼がバケガニを倒せるのならば、管の使い手は万能である。専門的な太鼓の使い手も弦の使い手も必要ない。鬼は全員、管の使い手で、夏の間だけ太鼓を使うという体制にすべきだ。
 管の使い手は、オトロシのときに「硬い外殻を持った相手を倒すことは出来ない」という設定だったが、何故かアミキリを倒せるとか(実際には戦わなかったが)、鎧化したツチグモにも鬼石が打ち込めてしまうようになっていった。そして今回は遂に、「弦の使い手の相手の代名詞であるバケガニ」を退治してしまった。

 今回のバケガニは天然物なので、装甲が薄くて鬼石が貫通すると解釈することも出来る。しかし、今回は弦の使い手である斬鬼の覚悟の復活というシチュエーションなのだ。ここは、威吹鬼が鬼石を撃っても撃っても全て弾き返され、遂には弾切れを起こし、
「威吹鬼では、バケガニは倒せない!(音撃に持ち込めない)」
というところ見せた上で、満を持して「斬鬼見参!」にするべきだった。それが演出と言うものだろう。

 威吹鬼を単にヤラレ役にしろと言っているのではない。
 今日の2回目のバトルシーンでは、イッタンモメンが登場し、威吹鬼が退治した。空を飛ぶ魔化魍を登場させれば、威吹鬼の見せ場はちゃんと作れるということだ。
 出来れば今回、装甲響鬼がイッタンモメンに攻撃を受け、鬼神覚声で反撃するも空中でヒラリとかわされてしまうという描写が欲しかった。鬼神覚声は疾風一閃同様、離れた場所にいる相手を音撃できるが、比較的タイムラグが大きく、攻撃の持続時間が短い。空中を高速で動き回る相手に命中させることは困難であろう。
 イッタンモメンを狙った鬼神覚声が外れてしまったのを見て、
「響鬼さん、イッタンモメンは僕が!」
と威吹鬼が前に出て疾風一閃を決める。そういう描写があれば、装甲響鬼がいれば万事OKというワケではなく、威吹鬼にも存在意義があることが観ている側に伝わる。
 これは、前のバトルで「威吹鬼はバケガニを倒せない」だったことの裏返しである。鬼には一長一短があり、3種類の鬼が互いの長所で互いの短所をカバーし合い、協力して戦うからこそ勝利できるのだ。そういう描き方をするべき。

 短所を生かさなければ、長所も生きない。キャラが立たない。個性の無くなりつつなる鬼のバトルを見て、そう思った。

 京介に関しては、本来ダークサイドに落ちたあきらがやりそうなことをやってくれて、その意味では期待通り。しかし、本音を言えば、あきら自身がダークサイドに落ちて、明日夢と京介が救い出すという展開が見たかった。実写版『セーラームーン』の、ダーキュリーのエピソードは盛り上がったから。

 式神とか呪術といった側面は、もっと早くから出しておくべきだったと思う。DAが純然たる機械でないことや、音撃が物理的な攻撃でないこと(大体、なぜ音撃鼓は魔化魍に貼り付けると一体化=巨大化するのか?)は、最初から出されている設定だ。
 こういう部分を観ると、やはり『響鬼』という作品は、鬼の設定にしろ和風という雰囲気にしろ、中途半端であると実感せざるを得ない。

 全身変身解除したザンキが全裸である(トドロキの最初の全身変身解除もそうであったようだが)のは、おかしい。バックルやDAホルダーの付いた鬼フンドシは、どこへ消えたのか?

 明日夢目当てで、いったんは演劇部→チアへと鞍替えしたモッチーだが、本当に自分がやりたかった道に戻ったようだ。高校生キャラの中で、モッチーが一番自立している(鍛えている)のかも知れない。

【小学一年生の心で学び直したこと】

 リハビリは大変だけど、あせらないで頑張ろう。私も今、背中の筋肉を傷めていて、思うようなトレーニングが出来ません。暫くは「柔軟2倍、筋トレ半分」でいこうと思います。

【 次回予告を観て思ったこと 】

 ザンキ殉職、トドロキ復活?!
 ザンキとトドロキは、『レインボーマン』におけるダイバダッタとヤマトタケシの関係になるのか?
 トドロキの復活は、年明けの方が「復帰には、ある程度の時間を要した」という印象が強くなって良かったんじゃないかと思うのだが…。

****************************************

 『響鬼』に関して以下の記事を書きましたので、こちらも読んでいただけたら幸いです。

New! 12/15 up ザンキは如何にして みどりを口説き落としたか?
New! 12/14 up 「ザンキ&修行初期の戸田山」について想像する
New! 12/14 up ザンキについて(ついでにサバキも)考える
New! 12/11 up 『響鬼』とその周辺を1年間観続けた印象 ~特撮文化における「恥」と「理性」~
12/2 up 「完全新生」仕切り直し!『響鬼2』は、このスタイルで放映せよ!!
11/27 up 『響鬼』は何故“マッタリした『牙狼』”になれなかったのか?
11/27 up 『仮面ライダー響鬼』は失敗作である(駄作ではない)
11/18 up 『アマゾン』と『響鬼』
10/30 up 鬼の顔だけ変身解除リアル版 その2
10/30 up あきらも明日夢も京介も変身だぁ!
10/25 up あきらが鬼に変身する過程の想像図
10/23 up 朱鬼の「女の鬼」としてのデザインに不満あり!
10/19 up 最終回までに桐矢京介にやって欲しい10のこと
10/11 up 空想検討「『響鬼』の理想の最終章をファンドで映画化しよう!」
10/4 up 『響鬼』の製作体制変更に関してのまとめ
9/27 up 桐矢京介のモデルはブロガー(アンチ新体制派)だ!
9/17 up もしも『響鬼』が有料番組になったら、金を払ってでも見るか?
9/11 up こんな『響鬼』だったら玩具が売れた!??
9/8 up 『響鬼』の人気低迷を考察する
9/9 up 『響鬼』の商業的失敗の原因を解明する!
9/9 up 『響鬼』の製作体制変更に関する疑問
9/3 up 『仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼』
8/20 up ザンキ・スペシャル “元”鬼の裏技「隠し鬼爪」
8/15 up 鬼の「顔だけ変身解除」リアル版
7/26 up ザンキさんレギュラー化計画
7/25 up 『ああザンキさん』
7/22 up 変身裸族
7/9 up 我が家のキアカシシ
7/5 up ディスクアニマルの使われ方について考える
6/19 up “鬼”ごっこ(『仮面ライダー響鬼』ごっこ)で遊ぼう!
6/12 up 『仮面ライダー響鬼』キャラクターお気に入りベスト3
6/4 up 劇場版『仮面ライダー響鬼』を、ネタばれ無しで考える
5/23 up 我が家のルリオオカミ
5/22 up 『響鬼』パロディ企画 筒の使い手“仮面ライダー奏鬼”を独占スクープ!
5/15 up 『仮面ライダー響鬼』その他ライダーの変身ポーズを裸で比較検証する
5/2 up 安達明日夢(ア・ア)は鬼になる!
4/18 up 『仮面ライダー響鬼』3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える その2
4/13 up 新しいディスクアニマルを、ネタばれ無しで考える
4/10 up 『仮面ライダー響鬼』3人目の鬼を、ネタばれ無しで考える
4/3 up 『仮面ライダー響鬼』ハリウッド映画化計画! を考える
スポンサーサイト

コメント

これも一つの和テイスト

呪術的要素の描写に関して己が投げた部分がこちらに書いてあったので、Url書かせていただきました。TBできないのは私がケーブル環境なせいかMac環境なせいかと思うのですが、分からないのでもうあきらめました。
京介の存在は代行産業なりになかなかうまくはなしを回していると思うのですが、「おい。そんなはなししてる暇あるのかよ」となんだかドキドキしてきます。個人的には時間が足りないなりに頑張って盛り上げつつまとめに入っていると思うのですが、唐突感は否めませんねえ。

トドロキ復活について、わたしも来週いきなり走るのはちょっとな~派です。いや、メデタイんですが。自分のところでもちょっと書いたのですが車椅子に乗った鬼ってビジュアル的にどうでしょう?前に車椅子マラソンを間近で見て、その速さと力強さに感動したことがあります。上半身鍛えて…ってどうでしょう。

鬼の個性と魔化魍の相性の問題については、「オロチ現象だから」という事で納得するよりないかと。その辺は既に「鬼は全員、ひととおりの武器を使える」って言い出した時点で、グダグダになってますからねぇ。

いよいよ…

私にとっての最終回が近づいてきたようですが…(笑)
私も、トドロキの復活が早すぎると思うんですが、お年玉商戦に向けて、烈雷と列斬の同時音撃をやれ!ということなんでしょう。
だとしたら、雷師弟をここまでどん底に突き落とすようなストーリー展開にするな、って感じですけど。
玩具の売り上げのために年内はザンキさんを頼り、年が明けた後はヒビキの存在感を大きくするために、ザンキさんを消すということだったらイヤだなぁ。

雷師弟の「レインボーマン」化…だとしたら、随分と色気のあるダイバダッタですわ(笑)
そうするとオロチの目的は日本人皆殺し…黄色いブタめをやっつけろ~♪ってトコですね!

どうでもいい話ですが

完全全裸より、全裸に鬼フンドシの方が数倍危険な香りがただよう感じ、しません(笑)?

 コメントありがとうございます。「アイテムを盗んだのは京介だが、高校生を攻撃したのは京介ではなく傀儡師夫婦」だと読んでいる震電です。


> quonさん

 『響鬼』も残りあと4話。
仮面ライダーも戦隊も、昔から最終話前数話は視聴率が下がる傾向があるようです。子供は、1年間も同じヒーローを観続けていると飽きちゃうんでしょうね。この時期、児童誌では既に次のヒーローの特集が組まれているので、興味もそちらへ移るのかも。
 そんなこともあって、手を変え品を変え、子供の関心を繋ぎとめようとしているように思えます。
 大人は子供に合わせるべし…といったところでしょうか。私も、出来るだけ「子供眼・子供心」にシンクロして観るようにはしています。


>aさん

 画面には映っていましたね、車椅子。
 私のイメージでは、「ザンキが車椅子生活になり、それでもトドロキのサポーター(参謀)を続ける」という、モロボシダンのパターンなんですけど。
驚異的な回復力で元通りに復活するのも良いですが、ハンディキャップを負った後、その状態で以前の仕事に復帰するというのも、子供番組で描いて欲しいと思います。


>猫さん

 そうなんですよねー、「太鼓祭り」からグダグダになってしまいました。あれも太鼓の玩具の売れ行き(初動)が悪かったことを受けてのテコ入れだったと思います。最初からちゃんと太鼓が売れるように描き方を工夫していれば…。やっぱり『響鬼』の諸問題の根源は、「初期の営業努力の不足」にある?


> rihoさん

 うーむ、『仮面ライダー斬鬼』最終回がここまで後ろに来たこと自体が…。本来なら、トドロキ独立と同時に普通にフェードアウトしていても不自然じゃなかった筈です。
 しかし振り返ってみれば、『響鬼』をここまで引っ張って来たのは、ヒビキ&明日夢ではなく、ザンキ&トドロキだったように思います。多分、チビッコたちの間でもザンキの人気は高いのではないでしょうか。
 烈斬のクリスマス前プッシュは予想通りでしたが、同時音撃はファイナル(最終話)かセミファイナルのハイスパット(見せ場)として、年明けにお披露目になるかと思っていました。
 最後3話は、ヒビキ&明日夢のドラマに的を絞る必要があるとは言え、「死」ではなく、あきらのようなフェードアウトでも良いんじゃないかと思います。
ザンキは、死後もオビワン化して姿を見せ、トドロキに助言を与えたりするのかしら?


>77maru77さん

 いや、それでしたらお相撲さんは? 男はやっぱり全裸よりフンドシですよ(謎)

私は路線変更後スタッフ擁護派だったのですが、昨日の放送見てなんだか
すごい不安になってきちゃいました。
明日夢のヒビキの物語に手を付けたのいいのですが、完全に桐矢に食われて
これじゃいまさら弟子話に明日夢を巻き込んだ意味がないですし。
ザンキ&トドロキ話も今やられても決戦への気持ちが高ぶる感じがしないし
(おもちゃ販促なのはわかってるんですけどねぇ…)
ドラマチックな展開が得意なスタッフなのは知ってるんですが、ちょっとやりすぎ
というより、動かしやすいキャラだけ選んでるんじゃないかと。
あと4話、本当にイロイロな要素を〆られるんでしょうか。
うーん、とにかく現スタッフ頑張れー( ̄0 ̄)/

桐矢くんが…

今回ザンキさんのことも大変ですが、
桐矢くんがかわいそうでしょうがないです…。
なんとか弟子に戻って
修行がんばってほしいのですが。

明日夢くんは、とても人間関係に恵まれてて
それとくらべると桐矢くんはあまりにも寂しいです。

コメントありがとうございます

>クラークさん

 去年のこの時期、『剣』は正攻法の展開だったのですが、視聴率はガタガタでした。平成ライダーは、前作の最終話の視聴率と新作の第一話の視聴率がほぼ等しくなる傾向があるので、『響鬼』は次回作のためにも視聴率をキープしなければなりません。
 『響鬼』の次の時間帯にやっている『プリキュア』は、玩具の売れ行きが好調で、一説では 『響鬼』の2倍売れているらしいです。こうなると、
「再来年はライダーをやめて、プリキュア系の枠を2倍にしよう」
という話になることも十分に有り得ます。

 去年の『剣』で「正攻法」をやってダメだったのですから、今年は「ゲリラ戦法」しかないでしょう。
 『仮面ライダー』というコンテンツの存続をかけて、なりふり構わずとにかく視聴者を引っ張るというのが、今の『響鬼』の状況のような気がします。
 私も去年の今頃、勤めている会社が危なくなっていて、希望退職者を募ったり、派遣で来ている人がバッサリいなくなったりしました。東映も、部場によっては、そんな雰囲気かも? 『マジレン』が『響鬼』の分まで稼いでくれれば、そうでもないのかな?


>武鬼妖さん

 このままでは京介が可哀想過ぎます。
 以前京介を苛めていた高校生が、魔化魍や傀儡師夫婦に襲われ、それを京介自身が助けるとか、そういう「ヒーロー(人助け)」になって欲しいです。もちろん、それで大怪我するとかいうのは無しで。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

平成ライダーがダイスキで

初めまして、こちらの記事は本当に読み応えがあって、繰り返し拝読して楽しませて頂いています。最近になってからお邪魔させて頂いているもので、すでに震電さんが仰っていることと重複してしまっていたら、申し訳ないです~。

平成ライダーの、現代生活と絡めての主人公の葛藤と成長というのがダイスキなので、ヒビキさんの大人コドモなキャラクターはリアルに男のヒトで素敵だな~(笑)と今年は観てました。それが、前半ではすごく感じていたライダーのアクションの快感、ヒビキさんの決めポーズとか、キレイなイブキくんの足さばきとか、トドロキくんの元気な馬鹿力っぷりとか、そういうのが、後半になってから今一つ感じなくなっていたのが、自分でも不思議でした。
でも、震電さんの記事を読んでいて納得出来た気がします。たぶん「鬼の特性(個性)がキチンと描かれていない」からなんですよね、観客である私たちと番組の間に出来たハズの『約束』が違えられてしまって、なんだかキモチ悪かったのかなぁ~と。コマ落としのようにアクションが中途で途切れてるような感じで、落着いてウットリとハマって観られないというか・・・。

そういう意味で、ご指摘の「全身解除が全裸なのはおかしい」というのは、心から同感です。私、あのザンキさんの場面にえらくひいてしまって・・・ザンキ師匠は勿論大好きですが、アレは少し、恐らくある程度の名を成した男/鬼の姿としては、場合がどうあれ少し酷じゃないのかしらと、サビシク(?)拝見してしまいました。
もしこちらで「鬼の変身とDAホルダー等備品の関係性」などについて書かれている記事がすでにありましたら、記事の場所を教えて頂けたらとても嬉しいです。

>ピノコさん

 ピノコさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
 鬼の個性は、猫さんの指摘されたとおり、「鬼は全員、ひととおりの武器を使える」ということが描かれた「太鼓祭り」から、弱くなったと思います。あそこで、「威吹鬼はハイテンポで風を纏って叩く」・「轟鬼は一発一発重く、鬼石から放電させながら叩く」といった鬼の個性・属性による差別化が描かれていれば、後の流れもまた違ってきたのかも知れませんが。
 それ以前に、「打撃する鬼」である響鬼がファイヤーブレードを使うようになったのも、個人的には非常に違和感がありました。

 鬼フンドシの件は、最初の全身変身解除のときからですから、本当に何でかな~と思います。トドロキが、自分が鬼フンドシ一丁であることに気づき、ホルダーからぶら下げたDAをカチャカチャ鳴らしながら慌てて木陰へ走っていくとか、そういう描写でも良かったんじゃないかと思います。

 「鬼の変身とDAホルダー等備品の関係性」に関しては、折に触れて書いているように思いますが、一応これと
http://sinden.blog6.fc2.com/blog-entry-71.html
あと、一応これも挙げておきます。
http://sinden.blog6.fc2.com/blog-entry-82.html
 よろしかったら、ご一読ください。

 なお、コメントは、投稿時に「Pass」の欄にパスワードを入れておくと、後で「編集」をクリックして手直しする(この際、投稿時と同じパスワードを入力して「送信」する)ことが出来ます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/175-fde1c6b4

仮面ライダー響鬼「四十四之巻」

話が進んだのか進まなかったのか、いまいちよくわかりませんでした…。■3倍速でカニを退治する斬鬼さんやはりカニには上手に包丁を入れるのがいい仕事ですね。>違う。アフレコ上手だなあ……って、問題はそこではない。■団子を差し入れるヒビキさん鬼になれなくても、鬼

仮面ライダー響鬼44

仮面ライダー響鬼44 秘める禁断トドロキ、リハビリに専念。後ではヒビキとザンキさんが。『ヤツはもう鬼にはなれない、信じられるか?』の言葉にヒビキの表情が映し出され

仮面ライダー響鬼 四十四之巻 「秘める禁断」

仮面ライダー響鬼 四十四之巻 「秘める禁断」放送。京介が鬼になりたがっていたのは、昔からかわれた同級生に対して鬼の力で仕返しをしたかったから、という事らしい。そういうネガティブな話はココに来て要らんですよ。明日夢クンの話が京介のカマセ犬になってきてち...

響鬼 四十四巻「秘めたる禁断」

(怒りを押し殺しつつ) 何のために1年間 俺は響鬼を追っかけてきたんだろう こん

仮面ライダー響鬼 四十四之巻 秘める禁断

昨日のチューボーですよ!おもしろかったなぁ。ビデオあげちゃった!って(笑)では今週の響鬼感想~

Masked Rider Hibiki #44

「牙狼」&「マジ」と同様に、今回のBGMは、ABBAサウンドを甦らせたMADONNAの『Hung Up』の6つのミックス(Radio Version、SDP Extended Vocal、Tracey Youngs Get Up and Groove Edit、Bill Hamel Mix、Chus & Ceballos Remix、SDP Extended Dub)のリピート再生。「名

響鬼 四十四之巻

アイコン配布先:CRIMSON CAFEスーパーライブは辛うじて2日間1回ずつ行ける事になった。よかった。・斬る鬼変身シーンが非常にかっこよすぎ。バケガニ裁きまくってますな。・「かーえーるーのーうーたーがー♪」姿が見えないのに聴こえてくると怖いです。・陰陽環このブレ

仮面ライダー響鬼 四十四の巻『秘める禁断』

ザンキさんが変身しちゃったよぉ~!!!大変だ!!と思ったら運転中の発作キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!バコバコ敵をなぎ倒すわ、呪術をしているわで今日はザンキデーかと思いましたよ・・・それはまたおいおいといいながらも結構、今日は本当に私も『仮面

四十四之巻 秘める禁断

「たたたったいへんだっ、しんでるしんでる、しんでるよぉぉっどっどっどうしよう、ひっひっひひびきさあああああん!!うわあああああん!!ひびきさああああん!!ぼくどうしていいかわかりませええん、はやくきてぇ、ひびきさぁぁぁぁぁぁぁん!!」←心の声、補完済み。

~響鬼 四十四之巻 「秘める禁断」~

アバン:ザンキさん大活躍でも鬼になるごとに命を削ってるんだよな。赤信号の演出が効果的。ヒビキ>でもあんまあせんなよ十分頑張ってるんだから。トドロキ>だから必

仮面ライダー響鬼 秘める禁断

今回のテーマは「天使と悪魔」かな?今回の番組の中では、道具や術は使い方によって、毒にも薬にもなり、それを使う者は天使にも悪魔にもなれるってことを言いたかったのかな? □桐矢京介(中村優一さん)の場合

響鬼四十四話「兄弟仁義」

眼の中に入れても痛くないほど可愛がっていた舎弟のトドロキが魔化魍組の凶弾に倒れた!再起不能を宣告されたトドロキを前に復讐を誓うザンキ。カタギになる時消した入れ墨を再び入れ河原での最終決戦に挑む…止めてくれるなおやっさん、背中の烈斬が泣いている…...

今週の響鬼~秘める禁断~

とうとう来る日が来てしまいました・・・前回の鳥肌が立ちそうなくらいカッコイイ変身シーンから今回も始まり、(私的には斬鬼変身シーンのなかでベスト1かも)斬鬼さすが強っ!!あっという間にバケガニ倒します。でもこの変身がとどめだったかも・゚・(つД`)・゚・ト..

響鬼四十四之巻「秘める禁断」

やっぱり、あまり大ピンチには見えません何もザンキさんがわざわざ変身しなくても、大丈夫だったようにしか見えない…orz変身しちゃったせいで、信号待ち中の車の中で胸を押さえて苦しむ蔵王丸様(ノ_<。)「あまりいい状態とはいえないなぁ」どころじゃないです。そんなに具

仮面ライダー響鬼~四十四之巻~

仮面ライダー響鬼、第四十四話は『秘める禁断』

斬鬼は死んだの?

仮面ライダー響鬼・四十四之巻

ゴメでも鳴かせておこう(仮面ライダー響鬼(05.12.18))

日本各地で記録的な大雪を降らせた低気圧のおかげで陸上でしかもリアルタイムで見られた今週の'''[http://www.tv-asahi.co.jp/hibiki/ 仮面ライダー響鬼]'''({{{「'''四十四之巻 秘める禁断'''」}}})、トドロキさんとザ

師弟の絆(ネタバレ注意)

医者に止められてるにも関わらず変身してしまった斬鬼さん。予告編では気になる映像続

まとめて響鬼「四十二、四十三、四十四之巻」感想

いろいろあって溜まってた感想をまとめて一気に消化しちゃいます。 「四十二之巻 猛

とりあえず響鬼 響鬼四十四之巻「秘める禁断」感想

最近、走っても追いつけないからってタクシーを使うようになった全国の響鬼ファンの皆様お前の感想なんかこっちからやめてやる!    r@" ̄~@ヽ  土曜10:50からガイキング・・・    /ノリliliハiliハ   ノ从リ@-゚ノ从   見たらお父様もお喜びにな

仮面ライダー響鬼 四十四之巻

…ざっ…ザンキ~~~ぃっ!! やべーよ、泣いちまったよ!あんな壮絶な死を見せないでくれよ~!!

響鬼四十四之巻・秘める禁断

予告や提供うしろの映像でことごとくネタバレさせといて、その肝心の興味を抱いたシーンで、つづくとなるこの頃。今朝のラスト、隙をつかれた斬鬼の危機に1シーンを挟み、威吹鬼

仮面ライダー響鬼44話「秘める禁断」レビュー

見終わって気が付きましたが。・・・洋館男女とかスーパー童子・姫、出なかったんですけど。このまま彼らの存在はスルーですか?!そんなわけで勢いが残っているうちにとっとと44話レビューであります。禁じられていた変身に踏み切るザンキ。現れたバケガニを一掃するも、..

仮面ライダー響鬼(ヒビキ) 四十四之巻 「秘める禁断」

「もうここに・・・来ないでください・・・このままじゃ、ずっと日菜佳さんに甘えちゃいますから。」轟 「別にいいじゃないですか。いくらでも甘えてくれていいんですよ♪」日 「ダメなんですよ、それじゃ!オレにはザンキさんがいますから・・・」轟 ....

仮面ライダー響鬼/秘める禁断

朝っぱらから良いもん見せてもらって、もうどう言って良いやら分かりませんw。 いや皮肉でもなんでもなく、もうどういうテンションで見て良いのか分かんなくなってきた。 自分的にはおっけーなんだけど、もうちょっとうまいやり方はあったよなあ、というやり方が簡単に見え

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。