FC2ブログ

2019-12

ハロプロ ジャンプ禁止が2020年から公式ルール化!

ハロプロ ジャンプ禁止が2020年から公式ルール化!
      これで一般席にも安心してエントリーできるぞ!

 ハロプロのコンサート・イベントにおいて、ジャンプ行為が禁止となる(2020年1月2日から)ことが、公式ホームページで発表された。↓

コンサート・イベント中の禁止行為に関して
http://www.helloproject.com/news/11182

 これは本当に嬉しい!
 今までハロプロのコンサート・イベントで、前方・左右の客が行うジャンプによって嫌な思いをさせられることが多々あったが、それが解消されるのだ。

 また、新規ファンにとっても朗報である。
 初めてハロプロのコンサートに来た人が、自分の目の前で推しジャン(過度なジャンプのこと)をされたらどうなるか? 2度とハロプロのコンサートに来なくなる可能性も大いにある。
 つまり、新規ファンが増えなくなってしまう。こんな悲しいことは無い。
 動画等を観て、せっかくハロプロに興味を持ってくれた人が、現場のファンの迷惑行為のせいで去って行ってしまうなんてことは、あってはならないのだ。

 既存のハロプロファンの中には、サンライズジャンプのような曲に合わせたジャンプまで禁止する必要はないと言うファンもいるようだ。しかし、長期に渡ってそういう暗黙の了解でやってきたけれども、実際に推しジャンは全然無くならなかったではないか。

 「過度なジャンプ禁止」で推しジャンが無くならなかったから、「ジャンプ禁止」になったのだ。

 過去、サインボードやスケッチブックが禁止されていない時期もあった。私はその当時からハロプロのコンサートに行っていたので、現場の様子を良く知っている。
 当初は皆、サインボードやスケッチブックを自分の胸から口元の高さまでしか上げていなかった。だから、周囲の客の迷惑にはなっていなかった。それがいつしか、サインボードやスケッチブックを自分の頭上高く掲げる奴が現れて、迷惑行為として問題化した。
 だから、サインボードやスケッチブックは禁止となったのだ。ジャンプもそれと同じだ。
 
 また、「曲に合わせたジャンプはOK」ということにすると、このときとばかりに目立とうとしてメチャクチャな勢いで跳ぶ奴が現れる可能性がある。
 それで隣の客にぶつかって怪我をさせた場合、「曲に合わせたジャンプをOKにした事務所が悪い」「事務所の責任だ」と言い出す奴も現れるだろう。
 それを見越しての「ジャンプ禁止」だと私は思う。

 ジャンプ禁止になっても、ハロプロのコンサートやイベントの楽しさが無くなるなんてことは無い。
 私は、ジャンプ禁止になってもハロプロのコンサートやイベントは99%楽しめる確信があるし、すぐに慣れて100%楽しめるようになる確信もある。
 そもそも、ジャンプどころか着席限定で鑑賞(ファミリー席の場合)しても、十分に楽しめるのがハロプロのコンサートなのだ。

 私は元々、ホールコンサートを2公演鑑賞する場合、1公演は一般席、もう1公演はファミリー席というパターンを基本にしていた。それが最近は、推しジャンと遭遇する危険を回避するため、2公演ともファミリー席にエントリーすることが多くなってきていた。
 そうすると、どちらかのファミリー席が結構落選するんだな、これが。自分でファミリー席の予約回数を増やしておいてこういうのも何だけど、以前よりファミリー席の競争率が高くなっているように思う。

 ジャンプが禁止になったことで、一般席が気楽に予約できるようになったから、私は基本パターンに戻ることができる。
 私みたいに、ファミリー席に「避難」していた既存ファンが一般席に戻れば、初心者向けとも言えるファミリー席に、より多くの初心者が座れるようになって、二重の意味で効果があるのだ。

 このように、ハロプロのコンサート・イベントにおけるジャンプ禁止は、僅かなデメリットを遥かに凌駕する大きなメリットがある。
 心の底から賛成! 事務所の英断に拍手喝采!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1702-0003b126

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。