2018-07

イベントで「コスプレしたままでの来場、退場」が禁じられていない理由 ~ コスプレマナー、コスプレルール、コスプレの常識に関する誤解、間違い、勘違いを解説しよう(その4) ~

イベントで「コスプレしたままでの来場、退場」が禁じられていない理由
  ~ コスプレマナー、コスプレルール、 コスプレの常識
    に関する誤解、間違い、勘違いを解説しよう(その4) ~

  この記事は、前記事『コスプレマナー、コスプレルール、コスプレの常識に関する誤解、間違い、勘違いを解説しよう(3)』 の続きである。

 ジャンプフェスタではコスプレは認められており、以下のルールが定められている。
 以下、ジャンプフェスタのホームページ↓から引用
http://www.jumpfesta.com/rule/
=======================================
【コスプレに関する注意事項】
◯コスプレをされる方は他の方に迷惑がかからないよう、以下のルールを守ってご参加ください。
◯会場周辺施設や会場内(特にトイレ)での着替えはおやめください。
◯写真撮影はコスプレ撮影許可エリア(やすらぎのモール)のみ可能です。
◯荷物や大人数での場所どりはご遠慮ください。
◯長物・模造刀剣類・ラケットなど、他人の迷惑になる物の持ち歩きはご遠慮ください。撮影時は他の方の迷惑にならないようご配慮ください。
◯事故・トラブルなどに関して、主催者は一切責任を負いません。
=======================================
※引用終わり

 ここで注目すべきは「コスプレしたままでの来場、退場」を禁止していないことだ。
 理由は2つ挙げられる。

 最大の理由は、ジャンプフェスタは、客がコスプレすることで料金を徴収していないからだ。

 逆に言えば、一般的なコスプレイベントが「コスプレしたままでの来場、退場」を禁止している理由は、客がコスプレすることで料金を徴収しているからだ。
 「コスプレしたままでの来場、退場」を禁止しないと、コスプレしたまま来場した人が受付を行わず、即ち参加費を支払わずにイベントに参加してしまう可能性がある。特に、屋外のイベントなら、それが簡単に出来てしまう。
 それではイベント団体は参加費を徴収し損ねてしまうので、「コスプレしたままでの来場、退場」を禁止しているのだ。
 つまりこれは「コスプレのマナー」ではなく、「イベント団体の都合」なのである。

 ジャンプフェスタは、そもそもグッズ販売などで収入を得ることやジャンプの宣伝を目的としたイベントとして開催されており、コスプレイヤーから金を取るつもりが無い。だから、コスプレしたまま来場されても困らない。これもまた、イベント団体の都合である。

 2つ目の理由は、集英社が、コスプレにも使用できる公式ライセンス商品を販売しているからだ。
 私が確認しただけでも、バンダイとトラントリップ(TRAnTRIp)で販売されている。
 例えば、トラントリップ製のルフィの衣装は↓手ごろなので私も買った(この記事を書いている時点でも販売中である)。

http://trantrip.com/detail/id/00000043666

 公式ライセンス衣装である以上、これを家から着て来場しても、著作権的には問題ない。傷を模した刺繍を入れたベージュのTシャツを着たら、露出の面でも問題ないから法律全般でも一般的なマナーの面でも、一式を着て街中を歩くことに問題ない。

 そういう商品の販売を許可して自分も利益も得ているのに、「家から着て来るな」とは言えないだろう。
 
 あと、こっち↓なんかは(この記事を書いている時点では)売り切れているけど、夏場はこれに近い服装で歩いているオバチャン、けっこういるよね?

http://trantrip.com/detail/id/00000028039

 そういった理由で、ジャンプフェスタではコスプレは認められており、コスプレしたままでの来場、退場」を禁止していないのだろう。
 これからは、そういったイベントが増えていくと思う。
 なぜなら、コスプレにも使用できる公式ライセンス商品を販売は、今後更に拡大し、メジャー化していくと予想しているからだ。

 5年後は、TVでアニメを観ながら、TVのリモコンを操作して、キャラクターの公式ライセンス商品(衣装を含む)をオンライン購入できるようになっているんじゃないかな?


スポンサーサイト

コメント

コメントに関して

 コメントする前に、前記事(合計3つ)を全て読んで下さい。
 読まずに書いたと思われるコメントは全て削除します。

※ 例えば、公共の場(一般人も普通にいる場所)でコスプレイベントが開催されている現実が認識できていない方のコメントは全て削除します。

 以上宜しくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1668-9fa4d6e8

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。