FC2ブログ

2018-09

コスプレマナー、コスプレルール、コスプレの常識に関する誤解、間違い、勘違いを解説しよう(その2)

コスプレマナー、コスプレルール、コスプレの常識に関する誤解、間違い、勘違いを解説しよう(その2)


 この記事は、前記事『コスプレマナー、コスプレルール、コスプレの常識に関する誤解、間違い、勘違いを解説しよう』の続きである。

 法律では規制されていないことを、マナーとして規制するには、合理的な理由が必要だ。
「その衣装は派手だから」
「その衣装は普通とは変わっているから」
という理由で公道を歩くことがマナー違反になるならば、
「ゴスロリは派手だ」
「穴が開いたズボンを人前で穿くのは変だし、見かけると不愉快だ」
「男がピンク色のTシャツを着て街を歩くのは派手だし気持ち悪い」
ということでマナー違反となってしまう。しかし、実際にそれを「マナー違反」と主張することが出来るかと言えば、そうではない。単に服装に関する個人の好みの問題でしかないからだ。

 以前は
「ゴスロリはファッションだが、コスプレはファッションでは無いからダメだ」
という人(コスプレイヤー)もいたが、今ではほぼ見かけなくなった。
「ファッションで無いと、なぜダメなのか?」
という根拠が失われたからである。結局は、キャラクターの衣装を無断で複製することが著作権を侵害しているのではないかという「グレーゾーン」が問題だったのだ。

 ちなみに、「ファッションでは無いからダメ」ならば、学校指定の制服も会社指定の作業着もファッションでは無いから着たまま街を歩けないことになるが、そんな話は聞いたことが無い(学校や会社側が禁止しているという話なら聞いたことはあるが)。
 ここで敢えて言うなら、
「会社指定の作業着はファッションでは無いが、清潔な状態であって周囲に迷惑を掛けないのであれば、着たまま街を歩いても良い」
のであり、
「作業で汚れる等によって、強い異臭を放つ状態の作業着を着たまま街を歩くのは、周囲に迷惑を掛けるのでマナー違反」
となる。コスプレも基本的には同じだ。

 蛇足ながら、バンダイがキャラクターの劇中衣装を再現した公式ライセンス商品を販売している部門は
『バンコレ!-BANDAI FASHION COLLECTION-』
というのである。
 そんなズバリなネーミングはともかく、劇中のキャラクターが着用しているファッションをそのまま再現したものを売っているのだから、それを買って着る方もファッションの一種となると思う。
(その3 へ続く)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1666-0ba61700

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。