FC2ブログ

2018-08

2017年にやったコスプレと2108年のコスプレ計画

2017年にやったコスプレと2108年のコスプレ計画


 もう師走。先日の【acosta! at 池袋サンシャインシティ】を逃してしまったので、今年はもうコスプレイベントでコスプレする機会はない。今年、正式にやったコスプレ(かえでぃーのバースデーイベントに鉄華団の公式ライセンスジャケットで参加した等は除くという意味)は、

3月…『刀剣乱舞』の加州清光(自宅でコスプレ)
10月…『進撃の巨人』の調査兵団の一般兵(自宅でコスプレ)
11月…『TIGER & BUNNY』の鏑木・T・虎徹(自宅でコスプレ)

の3回のみで、全て自宅でのコスプレ。今年は1度もコスプレイベントでコスプレしなかった。

 私は日常的にコスプレしている(通勤時に戦隊や仮面ライダーの公式ライセンスジャケットを着用する等)し、自宅でコスプレした方がリラックス出来るので、コスプレイベントでコスプレする必要性は余り感じていない。しかし、コスプレイヤーをコスプレイヤー目線でウォッチングしたいという思いもある。もちろんオンラインでも可能だし毎日のようにやっているのだが、やはり現場で、ライブで見ないと分からないこともある。

 2018年は、現場でのコスプレウォッチング、即ちコスプレイヤーとしてコスプレイベントに参加してコスプレの現状を観察したい。成り行き任せだと今年のように参加ゼロで終わってしまうので、ここで来年の計画を立てておこう。
 また、自宅でコスプレするつもりで買った衣装で、まだ正式にコスプレしていないものをあるので、その予定も組んでおきたい。

1月、2月…寒いのでコスプレはお休み
3月…ガンダムUC ロンドベル一般兵、エコーズ一般兵(自宅でコスプレ)
4月…ガンダム鉄血のオルフェンズ 鉄華団一般団員(自宅でコスプレ)
5月…『刀剣乱舞』の加州清光(GWに帰省した際、実家でコスプレ)
  …タイバニの虎徹(背広)(GW明けに、イベントでコスプレ)
6月…タイバニの虎徹(Rising)(自宅でコスプレ)
  …タイバニの虎徹(Rising)(イベントでコスプレ)
7月(上旬)…『進撃の巨人』の調査兵団の一般兵(イベントでコスプレ)
8月…暑いのでコスプレはお休み
9月(末)…タイバニの虎徹(トレーニング着)(イベントでコスプレ)
10月…ガンダム00のラッセ(自宅でコスプレ)
  …ガンダム00のラッセ(イベントでコスプレ)
11月…ガンダムUC ロンドベル一般兵、エコーズ一般兵(イベントでコスプレ)
12月…ガンダム鉄血のオルフェンズ 鉄華団一般団員(イベントでコスプレ)

 うーむ、自分としては、これでもか!と言うほどのスケジュールを組んだのだが、以下のコスプレが入れられなかった。

(1)『宇宙戦隊キュウレンジャー』のガル(オリジナル衣装扱いとする)
(2)『仮面ライダーゴースト』の天空寺タケル(オリジナル衣装扱いとする)
(3)『獣電戦隊キョウリュウジャー』の有働ノブハル(オリジナル衣装扱いとする)
(4)『特命戦隊ゴーバスターズ』の黒木司令(オリジナル衣装扱いとする)
(5)『宇宙刑事ギャバン』の一条寺烈(オリジナル衣装扱いとする)
(6)『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のゲキブルー
(7)『ウルトラマン』の科学特捜隊員
(8)『北斗の拳』のザコキャラ
(9)『機動戦士ガンダム』のジオン兵(ノーマルスーツ)
(10)『Juice=Juice』応援時の服装(Juice=Juice family)
※上記10件は公式ライセンス商品を使用

※下記3件は海賊版を使用
(1)『刀剣乱舞』の小狐丸
(2)『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のゲキグリーン(捏造)
(3)『戦国BASARA』の真田幸村

 ちなみに、公式ライセンス商品でコスプレするにも関わらず「オリジナル衣装扱いとする」とあるのは、顔や髪型を似せるつもりが無いからである。これらに関しては単にキャラクターと同じ衣装を着てみたいだけであり、キャラクターになりきるつもりは毛頭ないのだ。かと言って、通勤時に普通に着用しているわけでもないので、「私服」とするわけにもいかない。だから、オリジナル衣装扱いとするのだ。

 こんなに未使用のコスプレ衣装があるのだが、新たに購入するコスプレ衣装の計画も立ててしまおう。

・ウルトラ警備隊コスチューム ※公式ライセンス商品(トラントリップ製、現在開発中)
・『宇宙戦隊キュウレンジャー』の次の戦隊 ※公式ライセンス商品
・『仮面ライダービルド』の次のライダー ※公式ライセンス商品
・『ウルトラマンジード』の次のウルトラマン ※公式ライセンス商品

 ウルトラ警備隊コスチュームは、発売されたらまず間違いなく買う。
 次の戦隊とライダーとウルトラマンの衣装は、気に入ったものがあれば買う。

 戦隊は2月始まりなので、ボーナス分のコスプレ予算は使えない(冬のボーナス分のコスプレ予算は既に使い切っている)し、実は12月分と1月分のコスプレ予算も既に使い切っている(機動戦士ガンダムユニコーン アナハイム工専 なりきりブルゾン等を12月に予約したため)。よって、2月に戦隊の公式ライセンスジャケットを買うとなると、3月分のコスプレ予算も注ぎ込むことになる(毎月のコスプレ予算は2万円で、戦隊の公式ライセンスジャケットは3万円台後半だと予想される)ことを覚悟しなければならない。
 まぁ、1月から5月GWまでは自宅で既存の衣装によるコスプレをするだけだから、ほぼお金は掛からないから大丈夫であろう。

 ライダーは9月始まりなので、夏のボーナスを回せる。ボーナス分のコスプレ予算は冬も夏も同じく3万円を設定しているが、夏のボーナスは冬よりも可処分が15万円程度多くなるので、融通は利かせられる。それでも、夏のボーナス分のコスプレ予算3万円は、ライダー用として箪笥預金しておこう。予算というものは常に有限であることを忘れてはならない。

 話を元に戻すと、2018年のコスプレイベントへの参加は、

5月…タイバニの虎徹(背広)(GW明けに、イベントでコスプレ)
6月…タイバニの虎徹(Rising)(イベントでコスプレ)
7月(上旬)…『進撃の巨人』の調査兵団の一般兵(イベントでコスプレ)
9月(末)…タイバニの虎徹(トレーニング着)(イベントでコスプレ)
10月…ガンダム00のラッセ(イベントでコスプレ)
11月…ガンダムUC ロンドベル一般兵、エコーズ一般兵(イベントでコスプレ)
12月…ガンダム鉄血のオルフェンズ 鉄華団一般団員(イベントでコスプレ)

の合計7回を計画する。
 これだけコスプレイベント現場に足を運べば、2018年のコスプレの状況を少しは語れるだろう。2018年の年末には、「今年のコスプレの現状は…」とか、知ったかぶりをしてレポートを書いてみたい。同時に、自分自身がそのコスプレの現状の一部になっておきたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sinden.blog6.fc2.com/tb.php/1661-1fb7a6a6

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

震電

震電

 写真撮影時40歳。
 いい歳して云々といった決まり文句は私には通用しない。たった一度の人生、他人に迷惑をかけない範囲で楽しみます。